英語を使う職業に就きたい!女性が活躍している職業は

こんにちは。浅野 正憲です。

海外留学で身につけた英語力を何の仕事で活かそう

英語の使った職業って憧れるけど、何があるんだろう?

英語を使ってバリバリ仕事がしたい!

という方に対して、女性が活躍している7つの職業をご紹介したと思います!

英語を使う職業に就きたい!TOEIC600点~700点以上の職業とは

秘書

秘書と言えば華やかなイメージが強いです。
事務職の中でも人気が高いお仕事
外資系企業と日本企業で仕事内容が異なります

・日本企業
社長や重役のスケジュール調整をメインとし、出張手配や資料作成、会食の会場取り等も行う

・外資系企業
日本企業と同様かつ、翻訳業務を任せられる場合がある
色んな外国籍の方と接する機会が多いので
コミュニケーションの他に、文化の違いを理解しながら仕事を進める能力が必要

キャビンアテンダント

今も昔も憧れの職業として上位ランクイン
機内食やドリンクの提供、そして一番大事な乗客の安全の確保
乗客の安全を守りながらも、常に目配り、気配りで最高のサービスを徹底しています
乗客が降りた後は、トイレ掃除やシートにゴミが落ちていないかのチェックなども行います
キャビンアテンダントの採用では、第一印象やスキルだけでなく、チームプレーができるかどうかも求められる

貿易事務

貿易事務とは輸出・輸入に関わる商社やメーカー企業でも事務職
企業によって業務内容は異なりますが
海外企業と英語でやり取りをはじめ、様々な書類作成があります
異文化だからこその金銭面や商品トラブル等が発生する場合があるため、英文書類の作成や理解に正確さを問われます

英語を使う職業に就きたい!TOEIC500~600点の職業とは

ツアーコンダクター

旅行添乗員とも呼ばれています。
パックツアーや団体旅行などに同行し、旅行者が安全で楽しい旅にするために、案内やまとめ役をする仕事です。
観光案内だけではなく、観光先で起こるトラブルの対応もスムーズに行いサポートする力が問われます。他にも、現地の交通状況や地理、歴史などの情報収集はもちろんのこと、入国・出国などの様々な業務あり
海外添乗をする場合は「旅程管理主任者」の資格が必要

ホテルスタッフ

ザ・リッツ・カールトン東京などの外資系ホテルでは英語スキルが問われます
仕事内容は、予約受付、チェックイン・チャックアウトの対応、書類作成や整理など。
宿泊客の問い合わせ対応では日本での当たり前が、外国の方には未知である故に
予想外の依頼や、問合せに紳士に対応する能力も必要
外資系の場合は、自己主張をしていった方がキャリアアップに繋がります。

空港スタッフ

グランドスタッフとも呼ばれています
空港での乗客手続き、荷物の受け取り、搭乗案内など。
飛行機が時間通りに出発できるように、空港での接客業務に努めています
荷物破損や未着などのトラブル対応もあり、世界中から来る方を対応するため英語スキルが問われます

翻訳者

僕が仕事にしている翻訳の仕事です。
外国語で書かれた文章を的確な日本語に訳す仕事

文芸翻訳、産業翻訳、映像翻訳の3種類があります。

僕はこの産業翻訳の仕事をしています。

まとめ

英語を使う職業は
・秘書
・キャビンアテンダント
・貿易事務
・ツアーコンダクター
・ホテルスタッフ
・空港スタッフ
・翻訳 などなど。

ご紹介した翻訳以外の仕事は、コミュニケーションを円滑にとれるかが重要

異文化の理解や、それに応じた対応がどうかのスキルも問われますね

英語を使った職業でイキイキと活躍する女性が増えると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA