2017年に第4次産業革命が集約的に成長する理由とは?

スポンサードリンク

Why 2017 is the year integration enables Industry 4.0 growth

なぜ2017年が第4次産業革命の成長を集約的に可能にするのだろうか?

http://www.cloudcomputing-news.net/news/2017/jan/30/2017-is-the-year-integration-enables-industry-40-growth/

出典:ManufacturingTomorrow

 

By Louis Columbus

 

30 January 2017, 10:10 a.m.

2017年1月30日午前10時10分

 

 

35% of companies adopting Industry 4.0 predict revenue gains over 20% in the next five years.

第4次産業革命を受け入れている会社の35パーセントは、今後5年間で20パーセントを超える収益増加を予測しています。


Data analytics and digital trust are the foundations of Industry 4.0.

データ分析とデジタルの信頼性は第4次産業革命の土台です。

 

Cost-sensitive industries including semiconductors, electronics, and oil and gas are the most focused on adopting Industry 4.0, with 80% of companies in these industries saying it is one of their top priorities.

半導体、電子機器、石油とガスを含む、費用重視の産業は、これらの産業の会社の80パーセントが第4次産業革命を受け入れることに最も注力しています。そして、そのことが会社のトッププライオリティーの一つと述べています。


The recent article by Boston Consulting Group (BCG), Sprinting To Value In Industry 4.0, provides insights into how real-time integration between enterprise systems is an essential catalyst for Industry 4.0 growth.

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)による、最近の記事、「Sprinting To Value In Industry 4.0(第4次産業革命の価値に飛び乗る)」は、企業システムの間のリアルタイムの統合が、どのくらい第4次産業革命の成長のために欠かすことができない触媒かということに示唆を与えるものです。

 

Industry 4.0 focuses on the end-to-end digitisation of all physical assets and integration into digital ecosystems with value chain partners encompassing a broad spectrum of technologies.

第4次産業革命は、全ての物理的な資産のエンドツーエンドのデジタル化と、幅広い分野の技術を含む、バリューチェーン提携事業者とのデジタルエコシステムへの統合に注力しています。


BCG surveyed 380 US-based manufacturing executives and managers at companies representing a wide range of sizes in various industries to complete the study.

BCGは、様々な産業における幅広い規模を代表する会社の、380人の製造業の企業幹部やマネジャーの意識調査をし、研究を完成させました。

 

Industry 4.0 is at an inflection point today

第4次産業革命は、今日、変曲点にあります。


Having attained initial results from Industry 4.0 initiatives, many manufacturers are moving forward with the advanced analytics and Big Data-related projects that are based on real-time integration between CRM, ERP, 3rd party and legacy systems.

第4次産業革命の開始によりもたらされた初期の成果を獲得し、CRM、ERP、サードパーティのシステム、そしてレガシーシステムの間のリアルタイムの統合に基づく高度な分析とビッグデータ関連のプロジェクトにより、多くの製造業者が前進しています。

 

A recent Price Waterhouse Coopers (PwC) study of Industry 4.0 adoption, Industry 4.0: Building The Digital Enterprise (PDF, no opt-in, 36 pp.) found that 72% of manufacturing enterprises predict their use of data analytics will substantially improve customer relationships and customer intelligence along the product life cycle.

最近のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)の第4次産業革命受け入れに関する研究、「第4次産業革命:デジタル企業を築く(Building The Digital Enterprise)」(PDF、オプトイン無し、 36ページ)により、72%の製造業企業は、データ分析の使用により、製品ライフサイクルに沿ったカスタマーリレーションシップとカスタマーインテリジェンスがかなり向上すると予測していることが見出されました。


Real-time integration enables manufacturers to more effectively serve their customers, communicate with suppliers, and manage distribution channels.

リアルタイムの統合により、製造業者がより効果的に顧客の役に立つこと、供給業者とより効率的にコミュニケーションすること、配送チャネルをより効率的に管理することを可能にします。


Of the many innovative start-ups taking on the complex challenges of integrating cloud and on-premise systems to streamline revenue-generating business processes, enosiX shows potential to bridge legacy ERP and cloud-based CRM systems quickly and deliver results.

収益を生じるビジネスプロセスを合理化するためにクラウドと業務用のシステムを統合するという複雑な課題に挑戦する多くの革新的な新興企業について、enosiXはレガシーERPとクラウドベースのCRMシステムを迅速に橋渡しし、結果を伝えるためのポテンシャルを示します。

 

There are many more potential benefits to adopting Industry 4.0 for those enterprises who choose to create and continually strengthen real-time integration links across the global operations.

グローバルに展開した事業全体のリアルタイム統合リンクを形成し、継続的に強化することを選択するそれらの企業が第4次産業革命を受け入れる、多くの潜在的な理的が存在します。

 

Recent research completed by Boston Consulting Group and PwC highlight several of them below:

以下でそれらのいくつかを強調する、ボストンコンサルティンググループとPwCによる最近の研究が完成しました。


Manufacturers expect to gain the greatest value from Industry 4.0 by reducing manufacturing costs (47%), improving product quality (43%) and attaining operations agility (42%).

製造業者は、製造コストを低減すること(47%)、製品の質を向上すること(43%)、俊敏性のあるオペレーションを達成すること(42%)により第4次産業革命から最も大きな価値を得ることを予想しています。

 

89% of all manufacturers see an opportunity to use Industry 4.0 to improve manufacturing productivity.

全ての製造業者のうち89%が、製造業の生産性を向上させるために、第4次産業革命を利用する機会を見つけています。

 

Reducing supply chain costs (37%), enabling product innovation (33%) and attaining faster time-to-market (31%) are the next level of benefits manufacturers expect to attain.

サプライチェーンコストを低減すること(37%)、製品のイノベーションを可能にすること(33%)、製品化をより迅速に達成すること(31%)は、製造業者が達成することを期待する、次の段階の利益です。

 

The following graphic provides an analysis of where manufacturers see Industry 4.0 having the greatest impact on their organizations.

以下の図は製造業者が、どこが第4次産業革命によって組織に最も大きな影響がある場所として見ているかの分析を提供します。

 

Manufacturers are gaining the greatest value from Industry 4.0 by creating pilot projects that create flexible, agile real-time platforms supporting new business models with real-time integration.

リアルタイムの統合により新しいビジネスモデルをサポートする、柔軟で機敏なリアルタイムプラットフォームを作り出す予備計画を作成することにより、製造業者は第4次産業革命から最も大きな価値を得ています。


Industry 4.0’s focus on enabling end-to-end digitization of all physical assets and integration into digital ecosystems relies on real-time integration to succeed.

第4次産業革命が、全ての物理的資産のエンドツーエンドのデジタル化とデジタルエコシステムへの統合を可能にすることにフォーカスしているのは、成功するためにはリアルタイムの統合に依存するからです。

 

For manufacturers in cost-sensitive industries, the urgency of translating the vision of digital transformation into results is key to their future growth.

費用重視の産業の製造業者に関して、デジタル化のビジョンを結果に緊急に転換することはそれらの将来の成長のために重要です。

 

The more competitively intense an industry, the more essential real-time integration

産業の競争がより激しければ激しいほど、リアルタイムの統合はより重要になります。


Investing in greater digitisation and support for enterprise-wide integration is predicted to increase 118% by 2020 in support of Industry 4.0.

更なるデジタル化への投資と企業全体の統合のサポートは、第4次産業革命のサポートにより、2020年までに118パーセント増加することが予測されています。

 

33% of manufacturers surveyed report they have a high level of digitisation today, projected to increase to 72% by 2020.

33パーセントの製造業者が、今日、自分たちがデジタル化に優れているというレポートを査察しており、2020年までに72パーセントに増加することが見積もられています。

 

The leading areas of these investments include vertical value chain integration (72%), product development and engineering (71%), and customer access including sales channels and marketing (68%).

これらの投資の先導的分野としてはバリューチェーンの垂直統合(72%)、製品開発と工業技術(71%)、販売チャネルとマーケティングを含む顧客へのアクセス(68%)が挙げられます。

 

New product development and optimising existing products and services are the greatest areas of growth potential for analytics and big data using Industry 4.0 technologies and integration strategies through 2020.

新しい製品開発と既存の製品およびサービスを最適化することは、2020年まで、第4次産業革命の技術と統合戦略を利用する分析とビッグデータの成長のポテンシャルの最も大きな分野です。


Industry 4.0 is revolutionising the use of analytics and manufacturing intelligence, setting the foundation for greater optimisation of overall business and control, better manufacturing, and operations planning, greater optimization of logistics and more efficient maintenance of production assets and machinery.

第4次産業革命は分析の使用と製造インテリジェンスに大変革をもたらし、全体のビジネスとコントロール、より良好な製造業の生産および運用計画の更なる最適化、ロジスティックスの更なる最適化、そして、生産資産と機械のより効率的なメンテナンスのための礎を築いています。


By better orchestrating these strategic areas, manufacturers are going to be able to attain levels of accuracy and responsiveness to customers not achievable before.

これらの戦略領域をより良好に編成することにより、製造業者は、以前は達成できなかった高い精度と顧客に対する応答性を達成できるようになります。

 

Globally, manufacturing enterprises expect to gain an additional 2.9% in digital revenues per year through 2020, with digitising their existing product portfolios (47%) leading all other strategies, further underscoring the need for real-time integration.

全体的に、製造企業は、全ての他の戦略に通じる従来の製品ポートフォリオをデジタル化することにより、2020年を通して1年あたり追加の2.9%のデジタル収益を得ることが予想されており、リアルタイムの統合に対するニーズを更に強調します。

 

Introducing an entirely new digital product portfolio is the second most common strategy (44%) followed by creating and offering new digital services to external customers (42%).

完全に新しいデジタル製品ポートフォリオを導入すること(44%)は2番目に最も一般的な戦略で、続いて、新しいデジタルサービスを作り出し、外部顧客に対して提供すること(42%)です。

 

Just over a third (38%) plan to create and sell big data analytics services to external customers.

ちょうど3分の1超 (38%) が、ビッグデータ分析サービスを作り出し、外部の顧客に販売することを計画しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

メルマガ or LINE@登録で無料セミナーをプレゼント中!


メルマガ or LINE@に登録してくれた方に「翻訳で最短で年収1000万稼ぐ方法」動画セミナーを無料プレゼント!

●翻訳の仕事に興味がある
●英語を生かした仕事をしたいけどどうしたらよいかわからない
●副業でもっと収入を得たい方
●英語を生かして在宅ワークをしたい、フリーランスとして独立したい方
●老後の収入を得たい方(翻訳に年齢は関係ありません)
という方必見!

翻訳に英語力はそこまでは重要ではありません!
英語力はTOEIC600点くらいで十分です。
翻訳の仕事では他のスキルの方が重要です。

翻訳の仕事はどういうものか?
仕事を獲得するにはどうすればいいのか?
いくらくらい稼げるのか?
英語力以外に必要な翻訳のスキルって?

現役のプロの翻訳家のセミナーが無料で視聴できます!

※普段ご使用のメールアドレスを入力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です