翻訳をするということとは?

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

 

これまで色々なテーマでお話ししてきましたが、

あなたは、「翻訳すること」ってどんなことだと思いますか?

 

大体の方は、翻訳といえば、英語と日本語がしっかり理解でき、
読み書きができるのなら、誰でもできるものと考えていますよね。

 

ですが、実際にはそれだけでは不十分なのです。

 

浅野
翻訳者として、仕事をするには、翻訳をするための能力が別に必要になります。
実をいうと、そういうことが理解されていないばかりに、
翻訳とは「簡単にできる」「機械翻訳により、仕事がなくなるもの」
と思われがちです。

 

でも、翻訳って、そんなに簡単なものではないのです。

 

翻訳を単語の辞書による変換と似たようなものと考える人も多いと思います。

 

ただ、そんなに単純にはいかないのが翻訳です。

 

日本人で日本語を母国語として話して、さらに英会話がペラペラ、
英語の新聞記事を読んで理解できるなら、
翻訳もすぐにできると考えがちですが、それがそうとはいかないので、
翻訳者という職業があるのです。

 

変な話、英会話がペラペラでなくても、翻訳はできます。

 

あくまであらかじめ用意された文書や音声の翻訳をする作業であれば、
会話力は必要ないのです。

 

大事なのは、読んで内容を理解して、別言語に書き起こす能力です。

それって、そんなに単純ではないのです。

 

とても分かりやすい例をあげましょう。

 

“Good morning”という英語をどう訳すかというと、
誰でも、学校で英語を勉強したことがあるのなら、
「おはよう」と訳をしますよね。

 

でも、”Good morning”って本来、
「良い朝ですね」という意味ですよね。

 

どうして、「おはよう」と訳をするのでしょうか。

 

これに関しては、こんな英会話があります。

 

ある朝、体調が悪くて苦しんでいる人に対して、
”Good morning”と挨拶をすると、その人が、
”I wish.(そう願うよ)”と返答しました。

 

この会話を日本人が、会話の意図が理解できるように和訳しろと言われたら、
あなたならどう訳しますか?

 

そんなあたりから、翻訳の複雑さが分かると思います。

 

このような文章を翻訳することは、僕の教えている
『産業翻訳』の分野の中では、滅多に見ることのない会話文かもしれません。

 

ですが、このような文章があるからこそ、
『翻訳者』の仕事というものはまだまだ無くなることはないと言えるのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA