ビットコイン以外も!今さら聞けない仮想通貨の基本と種類

スポンサードリンク

こんにちは。なんでも翻訳部。の、のっちです。

海外情報をニーズに応じてなんでも翻訳しています。

ここ最近「仮想通貨」がホットトピックとしてニュースでよく取り上げられています。

仮想通貨に投資をして億万長者になった方がいたり、仮想通貨取引所が閉鎖して大損した方もいるというニュースもあり、実際のところどうなのかと気になっている人も多いと思います。

「仮想通貨投資って実際儲かるのか?」と疑問が尽きないでしょう。

今回は海外の記事を翻訳して海外情報を織り交ぜながら「仮想通貨の種類」について解説してみたいと思います。

仮想通貨の種類について、大きく

  • 「仮想通貨とは何か」
  • 「仮想通貨の特徴」
  • 「仮想通貨の種類」
  • 「仮想通貨の現実と将来性」
に分けて仮想通貨について詳しく記事にしてみました。

それぞれの分野で仮想通貨について機能や種類を解説します。

また、仮想通貨を運用するために必要な情報である、
  • 「税金」
  • 「仮想通貨の時価総額ランキング」
についても詳しく解説しました。

仮想通貨投資で大儲けできる」といううわさやニュースが飛び交い、ネット上では玉石混交の情報が入り乱れています。

しかし、いきなり仮想通貨投資に手を出すのでなく、まずは「仮想通貨とは何か」、「仮想通貨の機能と種類」について記事を読んで学んでいただければと思います。

目次から自分が気になるなと感じる部分を特に重点的に読んでいただいて、仮想通貨についてをざっとつかんでいただけたらな、と思います。

1 仮想通貨って?

1-1 仮想通貨とは

仮想通貨の種類は、700種類以上あると言われていますが、実際に流通しているものは500種類ほどです。

仮想通貨とは、インターネット上に存在する電子的な通貨で暗号技術(ブロックチェーン)により管理された電子通貨を使用した決済する仕組みのことを言います

よって、紙幣や貨幣など物としての形が存在しません。

また、「仮想通貨」や「デジタル通貨」などと呼ばれたりもします。

ほ・ん・や・く!

DEFINITION of ‘Convertible Virtual Currency’

「転換可能な仮想通貨」の定義

An unregulated digital currency that can be used as a substitute for real and legally recognized currency. Convertible Virtual Currency usually has a measurable value in real money, but what makes it convertible lies in its ability to be exchangeable. Not all virtual currency can be exchanged for legal tender though, therefore, not all virtual currency is convertible.

法的に認定された通貨の代用として使用できる規制されていないデジタル通貨。転換可能な仮想通貨は現金で測れる価値を持っていますが、転換できる理由として交換可能ということが挙げられます。ですが、すべての仮想通貨が合法入札のために交換できるわけではありませんので、すべての仮想通貨が転換可能というわけではございません。

Also called an Open Virtual Currency.

オープン仮想通貨とも呼ばれています。

出展:https://www.investopedia.com/terms/c/convertible-virtual-currency.asp

スポンサードリンク

2 仮想通貨の特徴

2-1 銀行や国家のようなシステム管理者は存在。

特定の誰かが管理するのではなく、利用者全員で管理します。

2-2 暗号化と分散化技術で、改ざんや消失を防いでいます。

例えば、仮想通貨の発端となった「ビットコイン」では、
  • ブロックチェーン技術
  • P2P分散化技術
  • プルーフオブワークシステム
といった新技術により、通貨としての安全性は極めて高いです。

ほ・ん・や・く!

“Blockchain is going to change the way that data is processed and the way investments are handled – we’ve got to work with regulators to get this done correctly.”

“ブロックチェーンは、データの処理方法や投資の扱いを変えようとしています。これを正しく行うためには規制当局と協力しなければなりません”

Currently, would-be investors wanting to stake their claim in the future of a particular blockchain currency, project or token, can do so via the plethora of ICOs – which can often require a significant initial buy-in of $10,000 or more. Alternatively, they can trade tokens, coins and currencies (which all fall under the collective label of cryptocurrency) on several online exchanges.

数多くのICOの中から選択することができます。多くの場合、これには10,000ドル以上の初期資金が必要となります。

あるいは、複数のオンライン取引所でトークン、コイン、通貨(すべてが「仮想通貨」に該当する)を取引することができます。

出展:https://www.forbes.com/sites/bernardmarr/2017/09/15/blockchain-bitcoin-cryptocurrency-and-icos-all-you-need-to-know-in-10-minutes/#1a49f98e6c55

2-3 法定通貨と換金性があります。

「取引所」がインターネット上に存在し、法定通貨との取引が可能

ex.「仮想通貨⇒ドル、円などの法定通貨への換金」

仮想通貨はインターネット上のデータです。

全世界に仮想通貨のユーザーが存在しているため、両替が不要

(相手が仮想通貨での取引に応じてくれればの話ですが・・・)

3 仮想通貨の種類を解説

仮想通貨の基本=ビットコイン

その他の仮想通貨=通称アルトコイン

ビットコインが誕生したのは2008年。

現在の仮想通貨は、「ビットコイン」と「その他(通称アルトコイン)」の二極化しており、ビットコインが仮想通貨の約半分のシェア率を誇っています。

それ以外に無数の「アルトコイン」が存在し、私たちはそうしたコインも購入は可能。

しかし、ビットコインもかなり不安定ですが、「アルトコイン」はさらに不安定。

可能性としては、何百倍になることもあれば、全くの無価値になることも・・・

4 仮想通貨の現実と将来性

4−1 仮想通貨の展望

仮想通貨の今後を考えるとき重要なのはやはり、安全性です。

しかし、実際にはこれまでいくつかの問題が生じました。

DAOハッキング問題や、ビットコインが大量に失われたマウントゴックスの破綻問題など依然として改善点が多いのも事実です。

そこでそんな不安を払拭してくれるニュースが発表されました。

「三井住友海上火災保険会社がビットコイン事業者向けの保険を開発」という知らせです。

消費者保護の観点から、万が一仮想通貨への投資で、取引所が倒産もしくはハッキングされ乗っ取りというような事態に陥ったときリスクから投資家は守られるというものです。

ほ・ん・や・く!

The power of Bitcoin’s public ledger is that it solves, through the use of cryptography, the so-called “double spending” problem.16 The double spending problem occurs when a participant in a currency market can simultaneously transfer a single unit of currency to two different recipients.17 Double-spending problems are greatest when a transferor can easily misrepresent information about the recipients of a particular currency unit, and can thus transfer the same unit of currency twice.18 Due to the easy reproducibility of digital information, the double spending problem is acute for a digital currency.19

ビットコインの公開管理された元帳の力は、暗号を使っていわゆる「二重支出」問題を解決するということです。16 二重支出というのは、通貨市場の参加者が単一の通貨単位を同時に2人の受取人に送金することができてしまうことをいいます。17 二重支出が特に問題なのは、譲渡側が簡単に通貨単位の受取人に関する情報を虚偽表示させ、同じ通貨単位を2回送金するときです。18 デジタル情報は簡単に再現できてしまうため、二重支出はデジタル通貨にとってとても深刻な問題です。19

Individual Bitcoins are generated through a process called “mining.”20 Users of the Bitcoin network can mine new Bitcoins by using computing power to perform complex calculations that process transactions on the Bitcoin network, secure the network, and keep network users synchronized.21 Once a miner has proven that it was the first to perform such a calculation, that miner is compensated with newly generated Bitcoins.22 The process of mining is not merely a way for participants in the Bitcoin ecosystem to potentially reap personal rewards. Mining is also critical to the functionality of the Bitcoin network because it is through the mining process that the blockchain is continued and verified.23

ビットコインはマイニングと呼ばれるプロセスによって生成されます。20 ビットコインのユーザーは、コンピューターの力を使用して、ビットコインネットワーク上でトランザクションを処理し、ネットワークを保護し、ネットワークユーザーを同期させる複雑な計算を実行することによって、新しいビットコインを掘り起こすことができます。21 最初に計算を行ったと判明したら、ユーザーはその計算で生産されたビットコインを支払われます。22 マイニングの過程はビットコインのネットワークのユーザーが単に個人的な報酬を得る手段だけではありません。マイニングのプロセスによってブロックチェーンが継続され、認証されるため、マイニングはビットコインのネットワーク自体の大きな役割を補っています。23

出展:https://www.bu.edu/jostl/files/2016/01/21.1_Alberts_Final_web.pdf

5 税金

5−1 仮想通貨にかかる税金

主に仮想通貨にかかる税金は3種類です。

・所得税

・都道府県税 

・市区町村税

1〜12月間の確定した利益の合計から原資を差し引いた金額が利益となります。

 

仮想通貨の利益    税率     控除額      住民税

 

195万円以下  =  約15%  0円        10%

 

195万円超   =  約20%  97,500円      10%

330万円以下

 

330万円超   =  10%   427,500円     10%

695万円以下

 

695万円超   =  23%   636,000円     10%

900万円以下

 

900万円超   =  33%   1,536,000円    10%

1,800万円以下

 

1,800万円超  =  40%   2,796,000円    10%

4,000万円以下

 

4,000万超   =  45%   4,796,000円    10%

 

1,000万以上は3〜5割程度消えると思っておいた方が良いですね。

5−2 税金は確実に収めましょう。

税金に時効はありません。

「税金は5年逃げ切れば時効」というようなことを耳にすることがありますが、催促が来ればまた五年の期間はリセットされます。

延滞税がかさむだけなので期限は守りましょう。

ほ・ん・や・く!

Profits from trading bitcoin, when coming from continuous trading for the purpose of generating profit, can be considered as income from business activities or miscellaneous income. However, in the case of the sale of bitcoin held for investment purposes it can be considered a capital gain.

ビットコインの継続的な売買によって生まれる利益は事業活動または雑収入として扱われます。投資目的で保有されているビットコインの販売の場合、資本利得とみなすことができます。

Transactions where bitcoin is received or paid as compensation for assets or services rendered can be treated as a form of barter exchange. Specifically, income recognized as arising from business-related exchanges carried out by a sole proprietor comes under the umbrella of income from business activities. Note that bitcoin acquired as a form of payment is not considered an inventory asset. It is not clear how they should be evaluated in a taxation context or how profit or loss should be recognized, and further guidelines from taxation authorities are required in these cases.

ビットコインが受け取られたり、レンダリングされた資産やサービスに対する報酬として支払われる取引は、交換交換の一形態として扱うことができます。具体的には、単独の所有者が行う業務関連の取引から生じると認められる収益は、事業活動の収入の傘下にあります。支払方法として取得されたビットコインは在庫資産とはみなされないことに注意してください。 税務上どのように評価されるべきか、あるいは損益がどのように認識されるべきかについては明確ではなく、これらのケースでは税務当局のガイドラインがさらに必要とされています。

As discussed above, there is the possibility that capital gains from bitcoin could be treated as business income or miscellaneous income under income tax law. There is a need to carry out a review for each individual taxpayer, in line with the specifics of their situation, because there is no clear guidance regarding this kind of income classification under current laws and regulations.

上述のように、ビットコインによる資産利得は法人所得税法の基、営業利益または雑収入として扱うことができる可能性があります。現状、法令に基づくこの種の所得区分に関する明確な指針がないため、個々の納税者の状況に応じてレビューを行う必要があります。

出展:https://bitflyer.jp/en-jp/digital-currency-tax/capital-gain

6. 仮想通貨の時価総額のランキング(9月1日計測時)

1位〜10位

Crypto-Currency Market Capitalizations

http://coinmarketcap.com/

2017年8月1日は仮想通貨界での一大イベントであるビットコインの分裂

これによって、ビットコインは今までの「ビットコイン」「ビットコインキャッシュ」という2つの通貨に分裂しました。

ただ、現在この分裂による影響はかなり少ない様子。

 


仮想通貨の時価総額のランキング

1位 ビットコイン

2位 イーサリアム

3位 ビットコインキャッシュ

4位 リップル

5位 ライトコイン

6位 ネム

7位 ダークコイン

8位 IOTA

9位 Monero

10位 NEO


 

では1位から5位まで詳しく説明します。
  • 1位 ビットコイン
仮想通貨最大のシェア率であり、基軸通貨の役割を担っています。
  • 2位 イーサリアム
ビットコインの次に有名な仮想通貨

イーサリアムとは、イーサリアムプロジェクトという、新たな試みを実現しようとする組織・計画があり、その計画のために必要な技術として提供されているソフトウェアやアプリケーションなどのプラットフォームの総称

コントラクト(契約)を盛り込むことができる分散アプリケーションプラットフォームを提供しています。

ビットコインとの違い

通貨内に契約を盛り込めるという部分が画期的だと注目されています。

ほ・ん・や・く!

Launched in 2015, Ethereum is a decentralized software platform that enables Smart Contracts and Distributed Applications (ĐApps) to be built and run without any downtime, fraud, control or interference from a third party. During 2014, Ethereum had launched a pre-sale for ether which had received an overwhelming response. The applications on Ethereum are run on its platform-specific cryptographic token, ether. Ether is like a vehicle for moving around on the Ethereum platform, and is sought by mostly developers looking to develop and run applications inside Ethereum. According to Ethereum, it can be used to “codify, decentralize, secure and trade just about anything.” Following the attack on the DAO in 2016, Ethereum was split into Ethereum (ETH) and Ethereum Classic (ETC). Ethereum (ETH) has a market capitalization of $41.4 billion, second after Bitcoin among all cryptocurrencies. (Related reading: The First-Ever Ethereum IRA is a Game-Changer)

2015年に開始されたイーサリアムは、スマートコントラクトと分散アプリケーション(ĐApp)を、第三者からのダウンタイム、詐欺、コントロールまたは干渉なしに構築して実行できる分権化されたソフトウェアプラットフォームです。

2014年にイーサリアムは圧倒的な反応を受けていたエーテルの事前販売を開始しました。

イーサリアム上のアプリケーションは、プラットフォーム固有の暗号トークンイーサーで実行されます。

イーサーはイーサリアムプラットフォーム上を移動する手段のようなもので、主にイーサリアム内でアプリケーションを開発して実行しようとする開発者が探し求めています。

イーサリアムによれば、イーサーは「ほぼ何についても情報をまとめる、分散させる、安全にする、取引する」ために使うことができます。

2016年にDAOが攻撃された後、イーサリアムはイーサリアム(ETH)とイーサリアム クラシック(ETC)に分割されました。

イーサリアム(ETH)の時価総額は414億ドルで、ビットコインに次ぐ仮想通貨です。

(関連読書:史上初のイーサリアム IRAはゲームチェンジャーです)

出展:https://www.investopedia.com/tech/6-most-important-cryptocurrencies-other-bitcoin/

  • 3位 ビットコインキャッシュ
ビットコインキャッシュは、8月1日にビットコインからハードフォーク(全ての仕様を変更し以前の仕様も使えるままにする方法)して生まれた仮想通貨です。

ビットコインの新しいものというより新たなアルトコインが誕生したという理解の方が良いでしょう。

最大の特徴はブロックサイズの拡張でしょう。ビットコインは現在1Mですが、ビットコインキャッシュは最大で8Mまで拡張します。
  • 4位 リップル
リップルはネットワーク上で廉価で高速な送金、取引を行うためのプラットフォームです。

金融機関等のバックエンドで使用される代替通貨として、様々な金融資産を高速、廉価なセキュアに流通させるために機能していくとされています。

ほ・ん・や・く!

Ripple is a real-time global settlement network that offers instant, certain and low-cost international payments. Ripple “enables banks to settle cross-border payments in real time, with end-to-end transparency, and at lower costs.” Released in 2012, Ripple currency has a market capitalization of $1.26 billion. Ripple’s consensus ledger — its method of conformation — doesn’t need mining, a feature that deviates from bitcoin and altcoins. Since Ripple’s structure doesn’t require mining, it reduces the usage of computing power, and minimizes network latency. Ripple believes that ‘distributing value is a powerful way to incentivize certain behaviors’ and thus currently plans to distribute XRP primarily “through business development deals, incentives to liquidity providers who offer tighter spreads for payments, and selling XRP to institutional buyers interested in investing in XRP.”

リップルは、リアルタイムで、特定の、そして低コストの国際支払いを提供するリアルタイムのグローバル決済ネットワークです。

リップルにより、銀行は「エンド・ツー・エンドの透明性と低コストで国境を越えた支払いをリアルタイムで解決」することができます。

2012年にリリースされたリップル通貨は時価総額12億6000万ドルです。リップルのコンセンサス帳簿は、マイニングを必要としません。

これは、ビットコインとアルトコインと異なる機能です。

リップルの構造はマイニングを必要としないため、コンピューティングパワーの使用を削減し、ネットワークの待ち時間を最小限に抑えます。

リップルは、「価値を分配することは特定の行動を誘発する強力な方法である」と考えているため「ビジネス開発契約、支払いのスプレッドをより緊密にする流動性プロバイダーへのインセンティブ、XRPへの投資に関心を持つ機関投資家にXRPを売却すること」を中心にXRPを配付する予定です。

出展:https://www.investopedia.com/tech/6-most-important-cryptocurrencies-other-bitcoin/

  • 5位 ライトコイン
ビットコインに次ぐ第二の仮想通貨を目指して作られました。

基本となる機能はビットコインと同様ですが、ビットコインの欠点といえる決済スピー度を改善したものになっています。

また埋蔵量(流通量)が多く、トレードや採掘も比較的楽にできるようになっています。

採掘難易度は一般的なCPUで行える程度です。

ほ・ん・や・く!

Litecoin, launched in the year 2011, was among the initial cryptocurrencies following bitcoin and was often referred to as ‘silver to Bitcoin’s gold.’ It was created by Charlie Lee, a MIT graduate and former Google engineer. Litecoin is based on an open source global payment network that is not controlled by any central authority and uses “scrypt” as a proof of work, which can be decoded with the help of CPUs of consumer grade. Although Litecoin is like Bitcoin in many ways, it has a faster block generation rate and hence offers a faster transaction confirmation. Other than developers, there are a growing number of merchants who accept Litecoin.

2011年に発売されたライトコインは、ビットコインに続く初期の仮想通貨であり、しばしば「ビットコインの金に対する銀」と呼ばれていました。

MITの卒業生でありグーグルの元エンジニアでもあったCharlie Leeによって開発されました。

ライトコインはオープンソースのグローバル決済ネットワークをベースにしています。

このネットワークは、中央当局によって管理されておらず、消費者グレードのCPUで解読できる仕事の証明として「スクリプト」を使用しています。

ライトコインは多くの点でビットコインに似ていますが、ブロック生成速度が速いため、トランザクションの確認がより迅速になります。

開発者以外にも、ライトコインを受け入れる商人が増えています。

出展:https://www.investopedia.com/tech/6-most-important-cryptocurrencies-other-bitcoin/

スポンサードリンク

メルマガ or LINE@登録で無料セミナーをプレゼント中!


メルマガ or LINE@に登録してくれた方に「翻訳で最短で年収1000万稼ぐ方法」動画セミナーを無料プレゼント!

●翻訳の仕事に興味がある
●英語を生かした仕事をしたいけどどうしたらよいかわからない
●副業でもっと収入を得たい方
●英語を生かして在宅ワークをしたい、フリーランスとして独立したい方
●老後の収入を得たい方(翻訳に年齢は関係ありません)
という方必見!

翻訳に英語力はそこまでは重要ではありません!
英語力はTOEIC600点くらいで十分です。
翻訳の仕事では他のスキルの方が重要です。

翻訳の仕事はどういうものか?
仕事を獲得するにはどうすればいいのか?
いくらくらい稼げるのか?
英語力以外に必要な翻訳のスキルって?

現役のプロの翻訳家のセミナーが無料で視聴できます!

※普段ご使用のメールアドレスを入力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です