在宅翻訳者になりたい!トライアル合格の秘訣!

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

 

在宅で翻訳の仕事ができるから興味がある。

英語が得意だから、翻訳の仕事をやってみたい。

 

と興味をお持ちの方もいると思います。

 

そこで、今回は産業翻訳者(企業のホームページやマニュアル翻訳)に特化して記事を書いていこうと思います。

 

本格的に産業翻訳者を目指すとなると、一番最初に突破するべきは、「トライアル」です。

 

各翻訳会社が提供する「トライアル」に合格すると、登録翻訳者として仕事の依頼を受けることができます。

 

なので、産業翻訳者になるには、「トライアルに合格する」ことがポイントです。

 

ですが、いきなりこんな話を聞くと、

 

  • 「トライアル」ってどんな感じ!?
  • 「トライアル」ってなんか難しそう・・・
  • 「トライアル」ってどれぐらいの合格率なの?
 

という不安も出てきますよね。

 

なので、初めての「トライアル」でも安心して受けることができ、さらにトライアルに合格するための秘訣をお伝えします。

 

トライアル初心者の方に向けて、わかりやすく丁寧に説明していきますので、最後まで読み進んでみてくださいね!

 

産業翻訳者になるには、○○スキルが必要!


まず、産業翻訳者になるにはどんなスキルが必要なのかをご説明します。

英語力

産業翻訳者になるには、TOEIC500〜600点以上もしくは英検2級より上~英検準1級の英語力が必要です。高い英語力があるに越したことはありませんが、英語力以上に翻訳スキルが必要です。

【参考記事】はこちら▽

ITスキル

基本的なパソコンの使い方はもちろん、翻訳ツールの使い方や電子辞書の設定でITスキルが必要となります。

営業力

CV(履歴書)の書き方、日本語や英語でのビジネスメールの書き方、翻訳イベントの活用法、名詞の作成の仕方などです。

営業力を身につけていくことで、他の翻訳者と大きな差をつけれる可能性があります。

【参考記事】はこちら▽

検索技術

産業翻訳者になるために、最も重要なスキルが「検索技術」です。

 

単語やそのフレーズの訳し方、その分野で自然に使われている言葉や表現なのか等、英語の原文を訳した際に、日本語の言い回しとして自然かどうかを確認する為に裏取りをする力をつける必要があります。

【受講生さんの声】はこちら▽

トライアルを受ける分野を選ぶ


翻訳の分野は色んな種類があり、またその中で多岐に渡っています。
産業翻訳と一言で言っても、細かく分野が分かれているのです。

 

なので、トライアルを受ける前に分野を決める必要があります。

浅野
個人的な意見としては、

エレクトロニクス(家電)の簡単なもの → ITへシフトしていくのがおすすめです。

理由としては、「IoT」によりこれから家電などは全てインターネットに繋がるため、全ての分野でITが関わるようになるからです。

 

嵐の二宮君が外出先でスマホから洗濯機を回すというCMをやっていましたが、あれがIoTです。



分野をどう決めて良いか分からないという方は、マインドマップという手法を使うと決めやすいと思います。

【参考記事】はこちら▽

産業翻訳者になるために必要なトライアルって?


トライアルという言葉を初めて聞いた方のためにご説明すると

 

トライアルとは

各翻訳会社が設定している、ご自身の翻訳レベルがどのぐらいかをチェックする適正試験のようなものです。

 

産業翻訳者になるには、トライアルを受ける前に翻訳会社へ履歴書(CV)を送って、それが通れば翻訳会社から英文がメールなどで送られ(トライアル)、それを訳して訳文を提出するという流れになります。

(翻訳会社によって募集要件や流れが違うため、ご自身で気になる翻訳会社をリサーチすることをおすすめします)

 

トライアルの難易度は各翻訳会社によって異なりますが、基本的には実際の仕事よりも数倍難しい内容となっています。

翻訳会社のトライアルって未経験でも受けられるの!?


翻訳会社のトライアルは未経験でも受けることが可能です。

 

トライアルの募集の中には、「未経験可」というものがあります。

 

まずは、「未経験可」と記載されているものを見つけて応募してみましょう。

 

もしかしたら、「あっ、これいいな!」と思った中には、「3年以上の実務翻訳経験」「5年以上の実務翻訳経験」など、経験が求められる募集もあるかと思いますが、その場合は将来の目標としておいてください。

 

はじめはじっくり焦らず、「未経験可」のものから、どんどん応募していきましょう。

各翻訳会社のトライアルの合格率ってどれぐらい??


トライアルの合格率は、翻訳会社によって様々で、各翻訳会社の事情によって異なります。

 

例えば

100人受けて、合格者は20人

40人受けて、合格者は1人

60人受けて、合格者は2人

 

など、ばらつきはありますが決して高くはありません。

 

受講生さんの中には、1社で合格する人もいれば、数社受けて合格、多い人だと数十社受けたという人もいます。

 

僕の講座では、最短約1週間でトライアルに合格という異例の早さで産業翻訳者デビューされた方もいます。


ではどうしたら、トライアルに合格できるのでしょうか。

そちらは後ほどお話したいと思います。

トライアルには『相性』がある


トライアルを受ける前に知って頂きたいことがあります。

 

それは、産業翻訳者になるには

 

『トライアルに相性がある』

 

ということを理解することです。

トライアルに相性があるというのは、翻訳会社によって求める品質が違います。

翻訳会社が求める品質によりトライアルの難易度も異なってきます。

 

ある企業では「高品質」、ある企業では「低価格でそこそこの品質」というのと同じで、翻訳業界も翻訳会社により求める品質が異なるのです。

 

なので、そこまで難易度の高いトライアルに合格しなくても翻訳の仕事自体はでき、翻訳も求める品質によりトライアルの難易度が変わるので相性があると言っています。

トライアルには相性があるということを覚えておきましょう。

トライアル合格の秘訣とは!?


では、トライアル合格の秘訣をお伝えしていきます。

 

それは、、、、

 

トライアルにどんどん挑戦し合格することです!!

 

「え?どういうこと?」という声が聞こえそうですね。

 

どういうことかと言うと、

 

トライアルを受けなければ「トライアル合格」はありません。

 

先程のトライアル合格率を見て分かるように、落ちる可能性の方が十分高いのです。

 

多くの方は「1社目で合格しよう!」と一球入魂し、不合格になると落ち込んで諦めます。

 

でも、1社目で合格しようと思わなくて良いんですね。

 

もちろん、そこで最大限の力を発揮することはとても大事です。

 

ですが、「1社目で合格しよう」ではなく

「トライアルに合格するまでチャレンジしよう!」という姿勢が重要です。

 

さらに言うと、1社合格したからといって仕事の依頼が来るとは限らないので

安定的に仕事が来るまでトライアルを受け続けることが大切です。

 

プロでも100パーセント合格はなく、落ちる時もあります。

 

落ちる原因は相性もありますが「どうしたら合格に近づけるのか?」と自分の訳を分析し、改善して実力アップを繰り返しながら、トライアルを受け続けることで必ず合格の道へと繋がるので諦めずにチャレンジしていきましょう。

番外編:受講生さんの実績


僕は翻訳者育成講座を開催していますが、受講生さんの中で講座に入る前はートで月に6万円の稼ぎということでしたが、今では翻訳で【10倍以上】稼がれています!


『この講座に出会った時は「これで英語で稼げなければ英語で仕事をするのはやめる」と覚悟を決めて受講しました。』
と書かれていますが、
覚悟・決意を持って講座を受講され、努力し続けた結果、成果が出ていて文面からも精神力の強さ、意思の強さが読み取れます。

 

その姿勢だからこそ、結果が出たのだろうと感じました。

翻訳は甘い世界ではありません。

稼げるようになるには、その分の決意が必要です。

 

ですが、実力さえあれば会社員以上に稼ぎ出すことが可能で、好きな場所・好きな時間に仕事ができる最高の仕事なので諦めずにチャレンジし続けてほしいなと思います。

まとめ


在宅翻訳者になるには、「トライアル」に合格する必要がある。

未経験者でも「トライアル」を受けることができるが、「トライアル合格率」は翻訳会社によって様々。

トライアルに合格するには、合格するまで挑戦し続けること。

 

学校の試験のように失敗したらそこで終わり・・・というわけではなく、翻訳会社はたくさんあるし、期間を空ければまた、同じ会社のトライアルを受けることもできる。

1社合格したからといって仕事の依頼が来るとは限らないため、安定的に仕事が来るまでトライアルを受け続けることがポイント。

 

産業翻訳の仕事がしたい方は、諦めずに合格するまでトライアルにチャレンジしてほしいです。1人でも多くの産業翻訳者が活躍すること楽しみにしています。

 
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA