翻訳家と翻訳者の違いは?高い英語力だけでは翻訳の仕事はできない!?

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

 

翻訳家になりたい!

翻訳の仕事をするには英語力があればなれるのだろうか?

 

など、翻訳に興味があっても、なかなか周りに翻訳の仕事をしている人がいないから分からないという方は多いと思います。

 

そこで今回は「翻訳」をテーマに記事を書いていきたいと思います。

 

翻訳家と翻訳者の違いは?


まずは、翻訳家と翻訳者の違いについてです。

 

両方とも「Translator(トランスレーター)」と訳されます。
明確な決まりはありませんが、このように分類されます。

 
翻訳家 ・字幕翻訳

・映像翻訳

・出版翻訳

・文芸翻訳
翻訳者 ・実務翻訳

・ビジネス翻訳

・産業翻訳
参考:産業翻訳者になるには?プロが教える最短ルートと勉強法!

初心者から翻訳家や翻訳者は目指せるのか?


結論から申し上げると目指せます。

なぜなら、誰でも最初はゼロからのスタートだからです。

 

これは僕の経験談になりますが、

僕は現在、在宅翻訳起業コミュニティという翻訳者育成講座を開催しており

それまではフリーランスの翻訳者として活動していました。

 

就職活動では、英語が好きだったので最初は安定した公務員で英語教師がいいかなと思ったのですが教育実習に行ってから「これは自分には向いてない」と感じ、ふつうに就職活動することにしました。

浅野
当初から翻訳に興味があったのですが「どうやってなればいいか、なれるのか」も分からないので周りと同じように就職活動をしてみたのですが、全くやりたいと思える仕事が見つかりませんでした。

そこで、思い切って就職活動をやめ、翻訳者になるための勉強に専念し、1年後に見事プロデビューを果たすことができました。

当初は、翻訳スクールに通ったものの「課題を提出し、添削する」というスタイルだったので
プロがどうやってその訳文を作ったかのプロセスが全く分からなかったり、

紆余曲折しましたが、様々な経験をしたからこそ産業翻訳者になるには大学院に行く必要も、TOEIC満点や英検1級も必要なく、ちゃんとした勉強をすればなれると分かりました。

(※分野によって深い専門知識や、高い英語力が必要です)

参考:英語を活かして副業で年収500万以上稼ぐ!翻訳者の仕事とは!

産業翻訳者になるために必要な英語力は?


産業翻訳者(企業のホームページやマニュアル翻訳のこと)になるために必要な英語力は「TOEIC500〜600点以上もしくは、英検2級より上~英検準1級の英語力」です。

 

高い英語力があるに越したことはありませんが、重要なのは翻訳スキルを身につけることです。

 

翻訳スキルとは主に下記の3つとなります。

①ITスキル

②営業力

③検索技術 

 

半年〜1年くらい本気で勉強して、翻訳会社さんが設定している「トライアル」に合格すれば晴れてプロの翻訳者としてデビューできます。

 

僕の講座では最短約1週間という異例のスピードでトライアルに合格した方も出ました!


お伝えした英語力がある方は、翻訳スキルを身につけることをおすすめします。


産業翻訳者に必要な検索技術とは?


TOEIC満点や英検1級など、高い英語力を持っているから

産業翻訳者になれるというわけではありません。

英語と日本語がしっかり理解でき読み書きができる=翻訳ができるというわけでもありません。

 

単語やそのフレーズの訳し方、

その分野で自然に使われている言葉や表現なのか等、

英語の原文を訳した際に、日本語の言い回しとして自然かどうかを確認する為に裏取りをする必要があります。

そのため、検索技術が重要となります。

 

翻訳の仕事の本質とは、

原文の翻訳があった時、それを翻訳者が言いたいことを掴んで

別の言語に自然に置き換えることです。

それを理解されていないばかりに「機械翻訳により、仕事がなくなるもの」と思われがちです。

 

翻訳はそんな単純な作業ではありません。

読み手がいて、原文が伝えたいことを伝わるようにするには

まだまだ人の手が必要です。

 

そして、翻訳スキルを身につけ、的確な日本語の表現にできるかどうかは翻訳の練習量をこなすことです。

 

「こっちの訳が自然だな」「これは違うな。」という感覚をつかめるようになるには

量が大切なので、どんどんチャレンジしていきましょう。

参考:産業翻訳者に必要な勉強は通信講座・独学勉強どちらでもいいの?

まとめ


いかがでしたか。

今回、僕の経験談も含めお話しさせて頂きました。

プロの翻訳者になるためには、プロの翻訳者が翻訳しているプロセスを見て真似ることが一番の近道だと僕は思います。

量をこなしながら必要なスキルを習得し、プロの翻訳者デビューして理想のライフスタイルを手に入れましょう。

 
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA