これから翻訳を生業にしたいあなたへ

こんにちは。浅野です。
産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

今回は翻訳のお仕事を本業として行なっていきたい!
という方向けにお話ししていきます。

もちろん、副業で翻訳の仕事を行なっていきたいという方にも
役立ちますので、参考程度にも読んでいただければと思います。

 

これから翻訳を生業にしたいあなたへ


先日、翻訳をするにあたって、英語や正しい日本語を書くということが大切であることをお話ししてきました。


あなたは、翻訳のお仕事だけで生活していきたいとお考えでしょうか?
難しいのでは、という思い込みはありませんか?
語学力はあるけど、いざ翻訳となると、
「そんなに簡単にはいかないのでは?」
と思っているのではないでしょうか。
だけど、語学力があり、かつ、語学そのものが好きな人にとっては、これほどうってつけの仕事はありません。
翻訳というのは、自分で文章を書くことではありません。
すでにあなたもご理解されているかと思いますが、他人が書いた文書を訳して書くものです。
自分の言葉で文章を書くことは、自分の思いついたことを書くから楽でもあると同時に、
何を書けばいいのかみつけないといけないので難しい面もありますよね。
他人の書いた文書を訳して書くことは、どうでしょうか?
これは、もっと難しいと思えるでしょうが、すでにアイデアは用意されているので、どんなことを書くかということを考える必要はありません。
つまり、原文の範囲内でクリエイティビティを発揮するような感じなので完全なオリジナリティは不要ともいえます。
しっかりとした語学力があれば苦になりません。

浅野
むしろ、語学が好きな人にとっては、楽しい仕事かと思われます。
それは、仕事をしながら、新たな知識が蓄えられるからです。
仕事をしながら学べ、仕事をしながら上達が可能な仕事なのです。

そのうえ、この仕事はあらゆる職業の中で、もっともフレキシビリティの高い職種です。
オフィスを構える必要はありません。
企業の社員になってオフィスに通って、決まった時間に働く必要もありません。
ご自宅で、ネットとつながるパソコン1台さえ持っていれば、誰でも始められます。
それもたった一人で。
あなたが引きこもりで人付き合いが嫌いであってもできるお仕事です。
そのうえ、自分のペースでできます。
たいていは出来高制なので、成果物での報酬となります。
決められた納期され守れれば、ゆっくり、夜間でも作業はできます。
他に仕事がある場合でも、その合間の時間を利用して、副業としてできます。
もちろん、思い切って、本業にすることもできます。
問題は、翻訳をする技能さえあればいいのです。
あなたのその技能を活かしたいと思いませんか?

まとめ


今回の記事を読んで翻訳を仕事として行なっていきたいと思われたら、
すぐに翻訳スキルを身につける為の勉強を始めてください。
英語の勉強や正しい日本語を書く為の勉強は、必要ではありますが、
今のあなたの能力があれば、きっと翻訳スキルを身につけることで
翻訳者として仕事をしていくことができると思います。
1人でも多くの翻訳者が活躍されることを楽しみにしています。

 
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA