副業なら英語を使った翻訳が最強のビジネスモデルたる7つの理由

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

「お金もないし、なんか副業はじめないと、そろそろやばいな〜」と思いつつ、副業と一言で言っても、ネットビジネスから普通のアルバイトなど種類が数多くあり、どのビジネスをやればいいのかわからず困っている人も多いでしょう。


ただ、そんな中でも、間違いなく最強のビジネスモデルと言えるのが、翻訳の仕事です。

翻訳の仕事は、「英語を日本語に、日本語を英語に翻訳する仕事」であり、パソコン一台で自由に稼ぐことができるビジネスなんですね。

もちろん、英語のスキルは必要ですが、TOEIC500点以上あれば、十分取り組むことができるビジネスなんです。

では、そんな翻訳の仕事のどういった点が最強のビジネスなのか、その理由をピックアップしてお話していきます。

 

翻訳が最強たる7つの理由

これまで学んだ英語のスキルを活かすことができる

今まで英語を頑張ってきたり、英語が好きでちょっと自信があった人でも、なかなかそれを仕事に活かせずせっかくの英語力が宝の持ち腐れになってしまっている人も多いでしょう。

翻訳の仕事は、高い英語スキルが必要なイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

TOEIC500点以上あれば、誰でも挑戦できる仕事になっています。

実際に高卒で翻訳者になっている方もたくさんいますし、大学や翻訳スクールなどに一切通わず独学で翻訳者になっている方もいます。

というのも、翻訳の仕事は英語スキルが必要なのではなく、翻訳スキルが必要なんですね。

ですから、「私の英語力じゃ翻訳なんて無理なんじゃないかな・・・」と思っている人には安心して飛び込んで欲しいと思います。

英語を学びながらお金を稼ぐことができる

翻訳の仕事は、英語に常に触れているため、自分の英語力が仕事をしながらどんどんUPしていきます。

というのも、例えば、あなたが翻訳の仕事をするたびに、新しい単語や文法に出会うわけですが、そのたびに自分で調べて翻訳していくことになります。

仕事ですので、しっかり調べるでしょうし、次また同じ単語や文法が出てきた時に、スラスラ解けるように覚えようとしますよね。

そうやって、どんどん自分の中に知識がたまり、翻訳のスピードも上がり、お金を稼ぐことができる。

結局、それが自分の「財産」となるわけです。

受け身の勉強法とは違い自分から積極的に学んで行くので、普通に勉強するよりも身につき方が全然違います。

そういう意味でも、お金を稼ぎながら、英語の知識もUPして、自分にとっての「財産」がどんどん増えていく最高のビジネスだと言えます。

パソコン一台あれば、自分の好きな時に好きな場所で仕事ができる。

翻訳の仕事は翻訳会社から仕事をもらって、仕事をするので当たり前ですが、納期があります。

ただ、仕事環境は、パソコン一台とネット環境があればいつでもどこでも仕事できますので、場所や時間を問いません。

納期だけしっかり確認して、それまでに自分で時間を作って仕事をしていけばいいので、日本にいようが海外にいようがそれすら関係ないのです。

職場から解放され、自分が好きな場所で、いつでも自由なライフスタイルを手に入れることができるのです。

考えてみてください、朝起きてあなたの気分次第でどこでも行けて、素敵なカフェやラウンジでいい気分を味わいながら仕事ができるようになるわけです・・・最高ですよね。

主婦やサラリーマンが、1日1時間程度の作業で今よりプラス30万円以上の副収入も可能。

主婦の方やサラリーマンの方はなかなか時間を作ることが難しいですよね。

そんな忙しい主婦やサラリーマンの方でも、1日1時間の作業で今よりプラス30万以上の副収入も可能なんです。

もちろん、そんな風になるには、努力が必要なんですが、翻訳の仕事は他の英語のビジネス(英語の先生、英語の講師、通訳など)と比べても稼げる可能性があるビジネスになります。

というのも、翻訳の仕事は、いつでもどこでも仕事をすることができるので、ネット環境さえあれば仕事が可能でスキマ時間を見つけては仕事に取り掛かることができるわけです。

他のビジネスに比べてもかなり効率よく仕事をすることができるので、無駄がありません。

頑張り次第では年収1000万円という高収入も目指してしまうことができる。

普通に働いても感じていると思うんですが、今の時代いくら頑張っても一向に給料って上がらないですよね。

会社で働いている限りなかなか自分の頑張りがそのまま給料に反映されることってないと思います。

しかし、翻訳の仕事では、そういったことはほとんどなく、自分の頑張り次第でいくらでも稼げてしまうので、年収1000万円も夢ではありません。

自分が頑張れば頑張った分だけしっかりと給料に反映され、さらにやればやるほどスキルも上がって行きますので、右肩上がりで給料が増えていきます。

もちろん、年収1000万円のステージにいくには相当の努力が必要

だが、会社に支配されず、自分の頑張り次第でいくらでも稼ぐことができるため非常にオススメのビジネスモデルと言えるわけです。

日本人と英語が存在する限りずっと需要があるため一生稼ぎ続けることができる。

翻訳の仕事は、「英語を日本語に、日本語を英語に、翻訳する」シンプルなお仕事です。

これは、海外のものが日本にやってきたり、日本から海外に進出したりすれば必ず必要となる仕事です。

ということは、英語や日本人がいる限り、どうしたってなくならない仕事。

「え?でもAIが翻訳してくれるようになるんじゃないの?」

そう思った人もいると思うんですが、今の時点での翻訳レベルはまだまだ精度が追いついていませんし、AIが行間や間や空気感などまで読み取って翻訳できるようになるかはどうかはわかりません。

人間が本当に読みやすく、意味の伝わる翻訳をするには、人間の翻訳でないと無理でしょう。

社会的評価も高く、誰もが知る大手企業から仕事依頼が来るので、信頼されなおかつ尊敬までされる。

翻訳の仕事をしてるというだけで、一般的にはすごく尊敬されますし、実際、大手企業から仕事の依頼があるので、信頼性も高い仕事と言えます。

というのも、他の在宅ビジネスだと「なんの仕事をしているのかわからない」とか「怪しい」と思われがちですが、翻訳の仕事であれば、そんなことはありません。

社会的認知も高いですし、「翻訳の仕事をしている」と言えば、英語がすごくできる人なんだって、尊敬の眼差しでみられることでしょう。

まとめ


副業といってもたくさんの種類があるが、一番のオススメは英語を使った翻訳という仕事。

高い英語力が必要なイメージがあるが、決してそうではなく、TOEIC500点以上あれば、誰でも翻訳者を目指せる!

これまで学んできた英語スキルを活かすことができるし、仕事をしてお金を稼ぎながら英語のスキルもどんどん上がっていくまさに一石二鳥。
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA