翻訳の勉強中は質でなく量にこだわれ!

こんにちは。浅野 正憲です。
産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

 

翻訳者を目指し勉強を始めたものの

なかなか結果がでない・・・
上手くいかない。

 

と頑張っているけど、なかなかトライアルに合格しなかったり、結果にならない時がありますよね。

 

ですが、結果が出てない人には、何かしらの結果が出ていない理由があるんです。
そこで今回は「翻訳の勉強中は質でなく量にこだわれ!」というテーマでお話していきます。

 

産業翻訳者になるには、どのぐらいの英語力が必要なの?


まずは、産業翻訳者(企業のホームページやマニュアル翻訳)になるには、どのぐらいの英語力が必要なのかについてお話ししていきます。

 

翻訳家や翻訳者と聞くと

 

・英語から日本語に訳す、もしくは日本語から英語に訳す。
・パソコンで仕事ができる。
・なんだか難しそう・・・

 

などのイメージを持つ方もいると思いますが、一番多いイメージとしては

 

「かなり高度な英語の能力を求められる」

 

ではないでしょうか?

 

これは合ってるようで、合っていません。

 

確かに、高度な英語力が必要な分野はあります。

 

ですが、僕がおすすめしている産業翻訳であれば英語力が高いことに越したことはありませんが、

 

【TOEIC500〜600点以上もしくは英検2級より上~英検準1級の英語力】

 

でも大丈夫です。

なぜなら、それ以上にあるスキルが重要だからです。

そのスキルについては後ほど、ご説明していきます。

英語力をアップしたい方は!


英語力がTOEIC500〜600点以上もしくは英検2級より上~英検準1級の英語力を満たない方は、英語の勉強をする必要があります。

以前、おすすめの参考書の記事を執筆したので、ぜひ参考になさってくださいね。

 

【単語力をつけたい】という方は、こちら▽


【文法力をつけたい】という方は、こちら▽


【英作文の力をつけたい】という方は、こちら▽

産業翻訳者になるには○○スキルを身につけろ!


先ほど、高い英語力以上に翻訳スキルを身につけることが重要だとお話ししました。産業翻訳者になるにはこちらの3つの翻訳スキルが必要です。

①ITスキルを身につけよう!

基本的なパソコンの使い方はもちろん、
翻訳ツールの使い方や電子辞書の設定でITスキルが必要となります。

② 営業力のスキルを身につけよう!

CV(履歴書)の書き方、日本語や英語でのビジネスメールの書き方
翻訳イベントの活用法、名詞の作成の仕方などです。

営業力を身につけていくことで、他の翻訳者と大きな差をつけれる可能性があります。

 

一番はトライアルに合格して安定的に仕事を獲得することですが
まだそこまで到達していない人は、翻訳イベントを活用して営業しましょう。

③検索技術のスキルを身につけよう!

産業翻訳者になるために、最も重要なスキルが【検索技術】です。

 

単語やそのフレーズの訳し方、
その分野で自然に使われている言葉や表現なのか等、
英語の原文を訳した際に、日本語の言い回しとして自然かどうかを確認する為に裏取りをする必要があります。

 

なぜなら、産業翻訳者は「原文と読者の橋渡しをする役割」を担っている方です。詳しくはこちらの記事を参照ください。

努力と結果は比例しない!?


いよいよ本題に入っていきます。

皆さん、努力したら、努力した分の結果が出ると思う方は多いますか?

 

実は、努力と結果は比例しないんです。

 

え、それなら努力しない方が良いのでは?と感じる方も出てきそうですが、
最初は努力しても思うような結果が出ないだけで、あるブレイクポイントを超えたときに一気に結果が出ます。

結果が出ないときはツラいし不安になると思いますが、自分を信じて頑張ってほしいです。

 

詳しくはこちらの記事に書いています。

翻訳者になるには成長曲線の壁を越えよ!


翻訳の勉強中は質でなく量にこだわれ!


僕は翻訳者を目指している受講生に「とにかく練習量をこなしましょう!」とお伝えしています。

よく陥りやすいパターンなんですが、訳文をする際に、最初から完璧な訳にしようと頑張る人がいるんですね。ですが、最初から質は求めない方が良いです。

短期間で結果を出したいのであれば「質より量」だと僕が考えています。

 

なぜかというと、最初のうちは「この訳で合っているのかな?」と自信がありません。

量をこなしていくことで

「これぐらいならストライクゾーンだな」
「こっちの訳が適切だろうな」

と徐々にコツを掴んでいきます。

浅野
その”コツ”を掴むためにも量をこなすことが必要なんです。
コツを掴むことで、翻訳するスピードが上がり、効率が良くなります。

→クリックして”最短40日で翻訳者デビューの方法”の無料動画を観てみる。

短期間で結果をつくりたい人は、最初のうちは「とにかくやる」ということを意識して、練習量を積み重ねていきましょう。

 

・受講生の声

質を求める人の特徴


先ほど、最初のうちは量をこなしていきましょうとお伝えしましたが。
それでも質を求めてしまう人はいるんですね。
僕が思う質を求める人の特徴としては

 

・完璧主義
・失敗するのが怖い

 

それが悪いわけではないんです。

相手に分かりやすい文章にしようとか、著者の意図を汲み取る訳文にしようという質を求める姿勢はとても大事だし素晴らしいので順番を逆にしたら、もっと結果が早くでるのに・・・って思ってしまうのですが本人が変えようという意思がないと、なかなか変わらないんですね。

 

自分は質を求めるタイプだなと思う方は
「3ヶ月は質ではなく量をこなす!」と自分の中で目標をたて勉強することをおすすめします。

【参考記事】産業翻訳者になるには?プロが教える最短ルートと勉強法!

翻訳の勉強で一番の成長できるのはトライアル


翻訳の勉強で一番の成長できるのはトライアルです。

 

最初の方で、ブレイクポイントを超えたときに一気に結果が出るとお話しましたが、僕の経験として、そのブレイクポイントのきっかけはトライアルであることが多いです。

 

トライアルとは翻訳会社が設定している適正試験で、合格したら翻訳会社から仕事がきます
(すぐに仕事が来る場合もあれば、2~3ヶ月仕事が来ないことあるので、複数社に合格することが大事です)

 

このトライアルに受かったら仕事が来るので、質にこだわるし、今まで練習を積み重ねてきた力も発揮されるわけです。

そして、もし不合格だったとしても改善をすることで、より良い質へと実力がアップします。

なので、僕は翻訳の勉強で一番の成長できるのはトライアルだと感じているの早く結果をつくりたい方はトライアルにチャレンジしてみて下さいね。

 

稼げる翻訳者になる秘訣はトライアルに合格すること の記事はこちら。

まとめ


最初のうち努力と結果は比例しない
あるブレイクポイントを超えたときに一気に結果が出る
最初から質にこだわるのではなく、量をこなすこと。
量をこなしていくことでコツを掴んでくる。
一番の成長できるのはトライアル。

いま結果をつくられている方も、最初から翻訳ができたのではなく
何度も何度も量をこなして、たくさん練習し努力してきたはずです。
僕もたくさんの量を経験してきたことで、今では定期的に翻訳会社さんからお仕事をもらえるようになりました。

成功の反対は”失敗”ではなく”何も行動しない”ことなので諦めず成功するまでチャレンジして頂きたいなと思います。

 
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA