英語を使った副業でがっつり稼ぐ!スキルを活かすおすすめの副業3選!

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

 

英語を使える方なら

 

英語を活かした副業がしたい。

英語を使った副業はどんなものがあるだろう。

 

と思ったことはないでしょうか。

 

副業でお金をもらいながらスキルを高めることで、転職したりフリーランスとして独立することも実現できます。

 

今回は、英語を使った副業はどのようなものがあるのかをテーマにお話ししていきます。

 

英語をつかって副業ができるのか?


英語を使った副業は可能です。

 

日本には英語を扱える人少ないといわれています。一方で、日本社会では英語を必要とした仕事が溢れていて需要に対して供給が間に合っていない状況です。

 

そこで英語を使えるあなたが必要になります。英語を使ってお仕事をすることであなたの市場価値は一気に上がり、同年代のライバルと差をつけることもできます。

 

英語を使った副業のなかには在宅ワークができるものも多いので、まずはできそうなものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【参考】サラリーマンが副業するならコレ!英語を使ったオススメの仕事5選!

英語を活かしたおすすめの副業3選


では、英語を使ってどんな副業ができるのでしょうか。

おすすめの副業をご紹介します。

オンライン英会話講師

オンライン上でお客様と対話するお仕事です。お客様との対話やコミュニケーションがメインになるため、話すことに自信があるという方におすすめの副業となります。

 

英会話では専門的な講義ではなく生徒との日常会話が基本です。「ネイティブじゃなくていいの?」と思う方がいますが、英会話は相手の言いたいことを理解してあげる事が大切になるので、レッスンを受ける日本人にとっては言葉が通じることが安心感につながります。

 

タイムチケットは、自分の時間を30分単位で提供できるのでニーズがある方とマッチング出来たら、空いた時間を有効活用ができますし、ココナラは、自分の趣味や特技を生かして自分のスキルを売れるサイトです。

 

空いた時間を活用しながら在宅で稼げる副業なので、興味がある方はタイムチケットやココナラで試してみると良いと思います。

通訳ガイド

近年、日本文化への関心が高まったこともあり観光客が増えてきました。

 

全国の都道府県では外国人観光客を呼び込んで地域を活性化させようとしています。そこで需要が高まっているのが通訳ガイドです。

 

2018年1月に改正通訳案内士法が施行されたことで、国家資格がなくても有料でお金をもらえるようになりました。

 

副業としてはマッチングアプリで観光客をみつけて案内することで報酬を得るケースが多いです。

英語を使って日本の文化をお伝えしたい、外国人と交流を図りたい方にとってはおすすめの副業です。

翻訳

翻訳では「日本語→英語」と「英語→日本語」があります。 

 

映画の字幕や、書籍の翻訳など、翻訳には色々なジャンルがありますが

その中で僕がおすすめするのは、企業のホームページやマニュアルを翻訳する「産業翻訳」です。

 

翻訳は限られた極わずかな人にしか出来ない職業と思う方もいると思いますが

僕がお伝えした産業翻訳であれば、一定基準の英語力があれば、今からでも目指し副業として稼ぐことが可能です。

 

その一定基準とは、TOEIC500〜600点以上もしくは英検2級より上~英検準1級の英語力です。

浅野
なぜこの英語力で産業翻訳者になれるのか、産業翻訳者はどのようにしてなるのか、産業翻訳の将来性については気になる方は、こちらの無料動画にてご確認ください。

→クリックして”最短40日で翻訳者デビューの方法”の無料動画を観てみる。


 

こちらの方は、僕が開催している講座を受講され、働きながらの時間確保に課題を持たれながらも4ヶ月で翻訳者デビューされました。その時の受講感想です。


高い英語力以上に必要なスキルを身につけることで、実力があれば本業以上に稼ぐことができ、実績を積んでいくうちに高時給で仕事をすることが可能です。

 

実績や実力がないうちは、努力や労力が必要となるので、オンライン英会話講師や通訳ガイドのようにすぐに稼げるとは限りませんが、1年後には同じ時間を使っているのに、オンライン英会話講師や通訳ガイドの何倍以上稼げるという可能性が秘めているので、十分にチャレンジする価値がある職業です。

 

実際に稼いでいる受講生さんの声です。

【参考記事】はこちら▽


【参考記事】はこちら▽

まとめ


今回は英語を使った副業についてご紹介しました。

 

日本では英語を扱える人材が不足しています。外国人観光客や外国人を雇う動きが増えているので、英語を使って働ける人の需要が高いです。

 

英語を使って働けるというのは、日本では必要な人材になります。これを機会に英語を使った副業にチャレンジしてみてください。

 
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA