「君の名は。」のヒットで日本映画が中国との関係を決める?

スポンサードリンク

Japanese movies may set ties with China in motion in 2017
2017年は日本の映画が中国との関係を決めるかもしれない

出典:Japan Times

http://www.japantimes.co.jp/culture/2016/12/24/films/japanese-movies-may-set-ties-china-motion-2017/#.WIbty1WLQuV

 

BY TAKUYA KARUBE

DEC 24, 2016
2016年12月24日

 

BEIJING – Japanese movies have the potential to give fresh impetus to efforts by Tokyo and Beijing to warm political relations in 2017, as evidenced by the recent smash-hit animation “Your Name.” in China.
北京 – 中国での最近の大ヒットアニメ「君の名は。」によって証明されたように、日本の映画は、2017年に、政治関係を良くしようとする日本と中国の努力に、新たな刺激をもたらすかもしれません。


 

Yoji Yamada, a prominent Japanese film director whose latest comedy’s remake is to be premiered in China next spring, is one of many who imagine that could be the case.
最新コメディのリメイクが中国で来春に封切られる、著名な日本の映画監督、山田洋次氏はそのことが真実であろうと推測する人のうちの一人です。


 

“Following the blockbuster success of the animation, I strongly hope that many other Japanese movies will be available in China, and more and more Chinese films will be shown in Japan,” Yamada said.
「このアニメの大ヒットに続いて、多くの他の日本の映画が中国で視聴できるようになり、ますます多くの中国の映画が日本で上映されるようになることを心から望みます。」と、山田氏は言いました。

 

“With such developments, I believe we Japanese will be able to get friendlier with Chinese people.
「この進展によって、我々日本人は中国の人々とより親しくなることができると信じています。」

 

“After all, it is our neighboring country. It is very important for our country to get along with China.
「やはり、中国は我々の隣国です。我が国が中国と仲良くすることはとても重要です。」

 

“To that end, I wish that my kind of work could be of assistance, even if only slightly,” the 85-year-old veteran director said after attending the last day of filming the Chinese version of “What a Wonderful Family!” in Beijing in mid-December.
「そのために、少しだけだとしても、私のような仕事が貢献できたら良いんですが。」と、北京で12月中旬に「家族はつらいよ(What a Wonderful Family!)」の中国版の撮影最終日に出席した後に、この85歳のベテラン監督は言いました。


 

The comedy drama, centering on an ordinary middle-class family rocked by a sudden divorce requested by the wife of an elderly couple, drew loud laughter at the Shanghai International Film Festival in June.
老夫婦の妻が突然離婚を要求したことで揺れ動く、いたって普通の中間層の家族が中心のコメディドラマは、6月の上海国際映画祭において、大きな笑いを誘いました。


 

In the confident belief that it would also be popular in China, a Shanghai-based studio quickly signed a remake agreement with Shochiku Co., which distributed the original version in Japan in March.
この映画は中国でも人気になるだろうと強く信じて、上海を拠点とするスタジオは、3月に日本でオリジナル版を配給した松竹株式会社とのリメイク契約にすぐにサインしました。


 

The drama, whose Japanese title literally means “it’s tough being a family,” is scheduled to hit some 5,000 Chinese screens in late April.
その日本語タイトルが文字通り「家族になることはつらい」ということを意味するドラマは、4月下旬におよそ5000の中国のスクリーンで公開予定です。

 

It is just one of a handful of cases that reflect active collaboration between Asia’s two biggest film industries, despite lingering tensions over territorial and wartime issues.
このことは、領土問題や戦時問題という長年にわたる緊張関係があるにもかかわらず、アジアの最も大きい2つの映画産業が前向きな協力をしたという、ほんの一握りのケースのうちの一つに過ぎません。

 

Japan and China will celebrate the 45th anniversary of the normalization of diplomatic ties in 2017 and the 40th anniversary of their treaty of friendship and peace in the following year.
日本と中国は、2017年に国交正常化45周年、翌年に日中平和友好条約の40周年を記念します。


Japanese government officials have especially expressed hope to capitalize on the two anniversaries to achieve a real breakthrough in diplomatic ties with China.
日本政府関係者は、中国との国交に関して大きな前進するために、2つの記念日に資本を投下したい、と特に表明しています。

 

Nevertheless, the Chinese government is highly unlikely to soften its posture toward Japan across the board anytime soon, partly because it will enter again into a politically sensitive time before the Communist Party’s once-in-five-years congress to be held in the second half of 2017.
それにもかかわらず、2017年の下半期に行われる共産党の5年に一度の議会の前に、中国が政治的に慎重を期する時期に再び入ろうとしているため、中国政府は、近い将来に、日本に対する姿勢を軟化する可能性は非常に小さいです。

 

However, there may be an exception: the cultural scene.
しかし、例外が存在する場合があります。文化的な分野です。


It was a symbolic sign in 2016 that China, which still keeps a tight grip on inflow of foreign entertainment programs, approved the release of a total of 11 Japanese films, among which was Makoto Shinkai’s “Your Name.”
外国のエンターテイメント番組が今もなお規制されている中国が、新海誠氏の「君の名は。」を含む、合計11本の日本映画のリリースを承認したことは2016年の象徴でした。


 

The love story became the highest-grossing Japanese movie of all time in China since it opened in early December, topping box office sales of the previous record set in 2015 by “Stand By Me Doraemon,” a 3-D animated film featuring a robotic cat character from a famous Japanese manga series.
12月初旬に公開されてから、このラブストーリーは、中国で史上最高の興行収益を上げた日本の映画になり、ボックスオフィス(アメリカの映画ランキング)の売上の、有名な日本のマンガシリーズ、ネコ型ロボットキャラクターの3Dアニメ映画、「STAND BY ME ドラえもん」によって2015年に作られた以前の記録より上位にランクインします。

 

The Doraemon film, which raked in about 530 million yuan ($76 million) in China, was the first Japanese motion picture in nearly three years to go on general release in the world’s second-largest cinema market.
中国で約5億3000万元(7600万ドル)の利益を得たドラえもん映画は、世界第2位の映画市場において一般公開された、過去3年間で最初の日本の映画になりました。

 

Koichiro Takahashi, who heads the Japan Foundation’s operations in China, feels that public sentiment toward Japan is much better than it was about four years ago.
中国で国際交流基金を運営している、高橋耕一郎氏は日本に対する国民感情は約4年前より遙かに良くなっていることを感じています。

 

“The situation has been that Chinese people can more openly enjoy (Japanese culture),” he says from the organization’s Beijing office.
「状況が中国の人々が(日本文化を)よりオープンに楽しむことができるようになってきています。」と、彼は組織の北京オフィスから言います。

 

Takahashi says the foundation, a government-affiliated cultural promotion body, has begun to expand efforts to win the hearts and minds of younger people and intellectuals with almost no prior connections with Japan.
基金、政府系文化振興団体は、ほとんど日本とのつながりがない若者や有識者の心をつかむための取り組みを拡大し始めている、と高橋氏は言います。

 

Citing a steady increase in the number of Chinese tourists to Japan, estimated to have surpassed the 6 million mark for the first time in 2016, he says it has become imperative to target those people.
2016年に初めて600万人の大台に乗ったと推定される、日本への中国の旅行者数の着実な増加を挙げて、こうした人々をターゲットにすることは避けられなくなった、と彼は言います。


For Fan Suning, an 18-year-old university student in China’s eastern city of Nanjing, Japanese pop culture, such as anime and manga, has been around for as long as she can remember.
中国東部の都市、南京の18歳の大学生Fan Suningさんにとって、アニメやマンガなどの日本のポップカルチャーはずっと前から身近にあるものです。


 

Fan says she finds herself these days hooked on participating in cosplay events, or those that involve dressing up as characters from comics, TV shows and video games.
Fanさんは、自分自身が、最近、コスプレイベント(コミック、テレビ番組、テレビゲームのキャラクターとして仮装するイベント)に参加するのに夢中になっていると言います。


“The pictures were beautiful and I loved it so much,” she says regarding Shinkai’s blockbuster.
「この映画は美しく、とても大好きです。」、彼女は新海氏の大ヒット作について言います。


“I’ve never been to Japan, but I always wanted to go.
「私は今まで日本に行ったことがありませんが、いつも行きたいと思っています。」

 

After watching that film at a theater, my desire to visit there has become even stronger.”
「映画館でその映画を観た後、私の日本を訪れるという願望はよりいっそう強くなりました。」

 

In terms of business, Japanese studios are also unable to disregard China, which could overtake the United States as the world’s No. 1 cinema market in the not-so-distant future.
また、ビジネスの観点から、日本のスタジオは、遠くない将来に世界第1位の映画市場としてアメリカを追い越すことが可能な中国を無視することができません。


 

While the Japanese audience is shrinking and aging, Tadashi Osumi, an executive managing director of Shochiku, thinks the Chinese market provides a golden opportunity, although there are numerous challenges, including censorship and piracy.
松竹の常務取締役である、大角正氏は、日本人の観客が少子高齢化する一方で、検閲および海賊行為を含む多くの課題が存在するにもかかわらず、中国市場が絶好の機会を提供してくれると考えます。

 

Most of the foreign films that have had access to the fast-growing market are mainstream Hollywood hits and, when it comes to movies from Japan, they are almost all animations.
この急成長市場でヒットしている大部分の外国映画はハリウッドのヒット作品であり、日本製の映画の話となると、ほとんど全部アニメです。


 

“I’d like to show films for grown-ups in China,” says Osumi, who believes the Chinese audience is becoming ripe and craving a wider genre of films.
「中国で大人向けの映画を上映したいです。」と、大角氏は言います。大角氏は中国の観客が成熟しつつあり、より幅広いジャンルの映画を望んでいると信じています。

 

“I’ve heard that Chinese people love comedy and they now really want to laugh,” he says.
「中国の人々はコメディに強い関心があり、これから実際に笑いたいのだと聞きました。」、と彼は言います。

 

Yamada, who has earned enduring fame for his “It’s Tough Being a Man,” or “Tora-san,” series, says he learned anew how vibrant the Chinese movie industry is during his latest brief visit.
「男はつらいよ」(「寅さん」シリーズ)のヒットによって不朽の名声を得ている、山田氏は、最近の短期滞在の間に中国映画市場にどのくらい活気があるかを改めて学んだ、と言います。


 

Perhaps “it’s tough being a neighbor,” too.
おそらくは、「隣人になることはつらいよ」とも言えるのでしょう。

 

But Yamada believes Japanese and Chinese people may have far more in common than they realize, sharing values and facing similar problems, whether as married couples, parents or children.
しかし、結婚している夫婦、親または子供にかかわらず、日本と中国の人々は、認識しているよりも遥かに多くの共通点があり、価値観を共有でき、同じ問題を直視できると、山田氏は信じています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

メルマガ or LINE@登録で無料セミナーをプレゼント中!


メルマガ or LINE@に登録してくれた方に「翻訳で最短で年収1000万稼ぐ方法」動画セミナーを無料プレゼント!

●翻訳の仕事に興味がある
●英語を生かした仕事をしたいけどどうしたらよいかわからない
●副業でもっと収入を得たい方
●英語を生かして在宅ワークをしたい、フリーランスとして独立したい方
●老後の収入を得たい方(翻訳に年齢は関係ありません)
という方必見!

翻訳に英語力はそこまでは重要ではありません!
英語力はTOEIC600点くらいで十分です。
翻訳の仕事では他のスキルの方が重要です。

翻訳の仕事はどういうものか?
仕事を獲得するにはどうすればいいのか?
いくらくらい稼げるのか?
英語力以外に必要な翻訳のスキルって?

現役のプロの翻訳家のセミナーが無料で視聴できます!

※普段ご使用のメールアドレスを入力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です