翻訳トライヤル合格報告!No.9

受講してみての感想ですが、私は概ね高評価しています。

現在までにトライアルで2社、合格しました。
ともに機械系で、結果的には講座中に一番時間を費やして勉強した分野です。

特に、エンジニアリングという化学装置は、私は全く専門家ではないのですが、たまたま私の家族が使っていた専門書や工業英語の本を自宅で見つけたので私が所有しているかのようにそれらの書籍をCVに記載したり、読んだりしていました。

実はそれが良かったのかなと思っています。家族も巻き込んで使えるものは全て使う作戦です!

その他にも、医薬や観光分野も少し勉強し、トライアルも受けましたが、ある翻訳会社から「化学系以外はもっと実績を積まれてから応募されることをおすすめします」というコメントを頂くなど、不合格ばかりでした。

それでも講座内容はシンプルでバランスがよく、ほぼ講座だけで効率よく様々な情報が得られました。

受講した理由ですが、はっきりしています。以前から翻訳家を目指していた中でCVや翻訳技術について不安が大きくかったので、プロの翻訳家に教えてもらえたらと思っていたからです。

実際にプロにCVを添削してもらえるということがわかり、受講するに至りました。

また、CVを見ていただき、これで問題ないです、といっていただいたことで、自信を持って応募できましたし、実際に応募した会社からトライアルが続々と送られてきて、書類選考で落ちたことはありませんでした。

その他、気をつけなければいけないのは、翻訳業界の噂話に翻弄されて時間を浪費することですが、講座の全体チャットを活用することで、一人で悩まずに済んでいます。

チャットで情報を気軽にシェアしたり、先生に質問したりできるのも心強く、最短ルートでプロになれる気がしています。

最後に、要望として、CVは講座の最初のほうで取りかかると良いと思います。

具体的には辞書の設定などと同時進行で進めた方が良いと思います。

間違いなく大勢の人が不安になるCVですが、多くの会社でトライアルが受けられるかどうかを左右する重要事項なのでお願いします。

また、CVを添削していただけるのは講座の最大のメリットともいえます。

ぜひ皆さんがそのメリットを活用して好きなように応募ができるよう(翻訳実績は後から追加するとして)早すぎるくらい早めに作れたら良いなと思います。

私は、混雑を避けようと、思い切って講座のスケジュールよりは少し早めに添削をお願いしましたが、すぐに添削してもらえました。

最後に、これから、もう一度、講座での教えや情報を思い出しながら、近々、本当にプロの翻訳家になります。それまでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA