海外で人気のJ-POP:MAN WITH A MISSIONの海外の反応!

スポンサードリンク

こんにちは。なんでも翻訳部。ののっちです。

海外情報をニーズに応じてなんでも翻訳しています。

ここ最近日本人アーティストの海外進出が盛んになり、外国人ファンの方も増えています。

日本のアニメや映画など、ポップカルチャーの影響さらにはYouTubeなどの発達で外国人がJ-POPを聴く機会も増え、海外ファンも増加しているようです。

今回はそんな海外でのJ-POPアーティストに対する反応や記事を翻訳して海外情報を織り交ぜながら「海外で人気のJ-POPアーティストについての海外の反応」について解説してみたいと思います。

今回は海外で人気のあるJ-POPアーティストからMAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)をピックアップして記事にしました。

インターネットの発達によるグローバル化の波に乗って海外に進出する日本人アーティストが増えつつあります。

そうしたJ-POPアーティストが海外でどのように評価されているか、海外ファンの反応はどうなっているのか気になっている方向けのために反応をまとめて記事にしました。

目次から自分が気になる情報について特に重点的に読んでいただいて、J-POPアーティストに対する海外の反応がどうなっているのかつかんでいただけたらな、と思います。

1. MAN WITH A MISSIONとは

 




独特のヴィジュアルと高い音楽性で多くの人を魅了するオオカミバンド、MAN WITH A MISSION。

マンウィズと省略して呼ぶ人が多いようです。

メンバーは以下の5人で構成されています。
  • Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ):ボーカル担当、リーダー。
  • Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー):ボーカル・ギター担当。
  • Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ):ベース、コーラス担当。
  • DJ Santa Monica(DJサンタ・モニカ):DJ担当。
  • Spear Rib(スペア・リブ):ドラムス担当。
バンド名の意味:「使命を持った男」

所属:レコードレーベルはソニー・ミュージックレコーズ

メンバーは全員オオカミの被り物をしており、年齢や素性については非公開です。

こうした被り物や素性を明かさない神秘的なところも海外で受け入れられた一つの要因かもしれません。

見た目から日本人を感じさせないミステリアスさが海外の人を唸らせています。

バンドには様々な設定が設けられていて、

「19XX年、地球が度重なる戦禍に見舞われていた時代、エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果てで、天才生物学者であるジミー・ヘンドリックスによるマッドサイエンスの結果生まれた生命体」

という公式設定があり、この他にも様々な設定が作られています。

2011年に日本でメジャーデビューし、Youtubeなどで着実に人気を集めていきました。

2014年には全米デビューを果たし、アメリカ大陸全土を周る大規模なツアーを開催しています。

ニューヨークやサンフランシスコ、ソルトレイク、ロサンゼルスなどアメリカ各地で公演を行うほどの人気を誇っています。

日本ではツイッターの対応も人気があり、メンバーの誰がつぶやいたか顔文字で区別出来るようになっています。

トーキョー・タナカ:接尾に『(¬3¬)』の顔文字がつくことが多い

カミカゼ・ボーイ:接尾に『(「゜Д゜)「』の顔文字がつくことが多い

ジャン・ケン・ジョニー:とくに何も特徴がないのが特徴

DJサンタモニカ:『ギャー』とか『キエ―』とか、奇声を発したりテンションが高い

スペア・リブ:『肉』と呟くことが多い

MAN WITH A MISSION公式ツイッター


ほ・ん・や・く!

さまざまな大物ミュージシャンとコラボを果たし、国際的な現象を巻き起こす 

ABOUT MAN WITH A MISSION: As the story goes, half-man, half-wolf band MAN WITH A MISSION thawed out of icy coffins in 2010 and tore through Japan with a feral rock ‘n’ roll energy on par with that of Godzilla. Over the course of four albums, most recently 2016’s The World’s On Fire (Sony Music Entertainment), the band became an international phenomenon in their own right. Produced by the legendary Don Gilmore (Linkin Park, Korn) and featuring collaborations with Crosses’ Shaun Lopez (Deftones, Lupe Fiasco), the record clawed its way to #1 on iTunes and sold over 200K physical copies in less than two months. Since their emergence, they’ve taken a bite out of world-renowned festivals such as Fuji Rock, Summer Sonic, Knotfest and more in addition to touring with Rise Against. Slipknot DJ Sid Wilson shared the stage with these animals during a sold-out show at The Roxy in Hollywood and lent his remixing talents to “Distance.” Moreover, their music has been heard in Street Fighter V and the Japanese release of the Academy® Award-nominated blockbuster Mad Max: Fury Road.

MAN WITH A MISSIONについて:伝えられるところによると、半分人間、半分オオカミのバンド、MAN WITH A MISSIONは2010年に氷の棺を溶かし、ゴジラと比肩するくらいの野生のようなロックンロールエネルギーとともに日本を駆け抜けました。4つのアルバム、最も最近の2016年の「The World’s On Fire」(ソニーミュージックエンターテインメント)をリリースする間に、このバンドは自身の力で国際的な現象となりました。伝説的なドン・ギルモア (Linkin Park, Korn)によってプロデュースされ、ショウン・ロペス(Deftones, Lupe Fiasco)とコラボレーションし、障害物を掻き分けて、CDがiTunesで1位になり、2ヶ月も経たないうりに20万枚を売り上げました。彼らが出現してから、フジロック、サマソニ、ノットフェスなどの世界に名高いフェスに参加しています。ライズ・アゲインストでツアーも行っています。スリップノットのDJ、シド・ワィルソンが、ソールドアウトした公演の間にこれらの動物たち(MAN WITH A MISSION)と一緒にステージを行い、「Distance」にそのリミックスの才能を加えました。さらに、彼らの音楽は「ストリートファイター5」やアカデミー賞にノミネートされた大ヒット作「マッドマックス:怒りのデス・ロード」日本語版の中で聴かれています。

ライズ・アゲインスト (Rise Against) とは、アメリカ合衆国,イリノイ州,シカゴにて結成されたメロコアバンドである。2011年リリースの『Endgame』がビルボード・アルバムチャートにて初登場2位をマークするなど、結成から10年以上が経った現在も、メロコアバンドの中では圧倒的な人気を誇っている。

スリップノット (Slipknot)とは、アメリカ合衆国で結成された9人組ヘヴィメタルバンド。
バンド名直訳は、『引き結び(輪が絞まる絞首刑や動物捕獲の結び方)』。あらゆるスタイルを融合させたヘヴィミュージックを得意とし、2000年代から世界各地で人気を博す。各メンバーが、それぞれ異なったユニークなマスクを被ってパフォーマンスをすることで有名。日本では最大の敬意と特徴を表して、“猟奇趣味的激烈音楽集団”というキャッチコピーが付けられている。
Teeth sharpened and harrier than ever, they set their sights on North America for a 2017 takeover.
 研ぎ澄まされた歯とかつてないほどのハリアーで、彼らは2017年に北米を乗っ取ることに照準を合わせています。

スポンサードリンク

2. 海外の反応

2-1 見た目のインパクトだけではなく、高い音楽性も評価

オオカミバンドとして注目を集めるバンド、MAN WITH A MISSION。

見た目だけをとらえてしまうとイロモノバンドのように見えてしまうかもしれません。

しかし、オオカミの格好をしているという見た目のインパクトだけではなく、高い音楽性も評価されています

MAN WITH A MISSIONの人気曲「Emotions」




MAN WITH A MISSIONは5人のメンバーで構成されており、各メンバーがボーカル、ギター、ベース、コーラス、DJ、ドラムスを担当しています。

そのバンド編成を生かしてロックにデジタルサウンドを導入した21世紀型の音楽を多くリリースしています。

MAN WITH A MISSIONのサウンドの特徴は激しいギターリフに組み合わせられた攻撃的なシンセ音です。

人気シングル「Emotions」はマンガ「究極!! 変態仮面」の実写版映画化の主題歌で、その繋がりでMAN WITH A MISSIONの音楽を知る人もいるようです。

「映画を更に盛り上げている」など、映画とともに音楽も評価されていました。

「Raise your flag」はTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のオープニングテーマに起用されました。

海外ファンからは「この曲ほどこのアニメに合う曲はない」との評価を受けるなど、ガンダムファンからも支持を集めているようです。

MAN WITH A MISSIONの事例は、日本の代表的なコンテンツであるマンガ・アニメを通して日本の音楽にも関心を持つ海外の人々が多いことを示していると言えます。

サブカルチャーの世界で大きな支持を集めるMAN WITH A MISSIONのこれからの活動が楽しみですね。

ほ・ん・や・く!

サブカルチャーの世界で人気を集める-海外ファンからのYouTubeコメント-

Revolution//Loss

I can always trust MWAM to deliver the best opening of the season.

MWAM(MAN WITH A MISSION)がシーズンの(アニメの)ベストオープニングを運んできてくれるといつも信じているよ。

MarkusReese

Their music is fantastic. I have been trying to get their music through retail here in Canada. The opening and mid solo to this song? Just wow. But no. We got Nickelback and Kesha…

彼らの音楽はファンタスティックだね。彼らの音楽をここカナダで小売を通じてずっと手に入れようとしているよ。この曲のオープニングと中間のソロは本当にすごい。でも、彼らの音楽を手に入れることができない。Nickelback(ニッケルバック)とKesha(ケシャ)を聴いてるよ・・・
ニッケルバックNickelback)は、カナダロックバンドである。全世界で5,000万枚以上のアルバム売り上げを記録し、カナダを代表するロックバンドとして人気を博している。
ケシャ・ローズ・セバートKesha Rose Sebert、1987年3月1日 – )は、ケシャ(発音/kɛʃə/KESH-ə、KeshaKe$ha)の芸名で知られるアメリカ合衆国のポップ歌手、ソングライター。ケシャは2005年、18歳の時にドクター・ルークのレコード・レーベルと契約した。以降、彼女はミュージシャンとして活動し、バック・ボーカルや作曲家として他の音楽家へ楽曲を提供した。2009年初頭にリリースされ客演で参加したフロー・ライダーのナンバーワン・シングル「ライト・ラウンド」で躍進した。


MarkusReese

The reason I like MWAM and similar Japanese music is that there is so much more depth and complexity to what they put out.  High energy and such. Over here, we have those bands, but they aren’t the ones that get popular so are hard to find. Compare this song that is hugely popular with some of the kesha stuff that gets overplayed on the radios here… shutter….

私がMWAMや同じような日本音楽が好きな理由は、 彼らが生み出すものに非常に深さと複雑さがあるからだ。力強さがあることなどもそうだ。こっちでも、そうしたバンドはいるけど、人気がなさすぎて見つけるのが難しいんだよね。非常に人気のあるこの曲と、ここ(カナダ)でラジオで過剰な頻度で流れるKeshaの曲を比較してみろよ・・・シャッターを下ろすよ・・・

出典:https://www.youtube.com/watch?v=PiQpGzYMVos

英詩が映えるMAN WITH A MISSIONの楽曲


ここでは例として「Emotions」の歌詞を見ていきましょう。

リンク:MAN WITH A MISSION Emotions 歌詞(J-Lyrics.net)

ほぼ全編英語で作られているのが特徴と言えます。
英語の歌詞を巧みに取り入れることで、次世代にふさわしいグローバルな雰囲気が伝わってきます。
マンウィズはルックスでも音楽性でも国境を越えて人々を魅了しています。

2-2 2013年にヨーロッパツアー、2014年には北米ツアーを行い成功を収め、全米デビューを果たす


デビュー以来数々の有名フェスを席巻し、ベストアルバムをリリースするなど、日本国内では押しも押されぬ人気バンドとなったMAN WITH AMISSION。

MAN WITH A MISSIONは 2013年にはレコード会社を移籍し、それ以来海外進出に積極的に取り組んできました。

日本でブレイクした後、2013年にヨーロッパツアー、2014年には北米ツアーを行い、成功を収めました。

その後、米メジャーレコード会社最大手のEpic Recordsより全米メジャーデビューが決定します。

現在でもアメリカ大陸全土を周る大規模なツアーを開催し、ニューヨークやサンフランシスコ、ソルトレイク、ロサンゼルスなどアメリカ各地で公演を行っています。

ほ・ん・や・く!

アメリカツアーに向けて複数のサイトから推薦を受ける

 

Running With the Wolves: Man With a Mission’s US Tour

オオカミとともに駆ける:MAN WITH A MISSIONのアメリカツアー

Their shows are definitely worth attending, even if it’s just because this might be your only chance to see werewolves from an alternate universe rock out. Beyond the intriguing costumes, the group’s very real musical ability is attested to by the likes of Metal Assault, Buzzfeed, and the Examiner, who noted that “Man With A Mission has solid musical chops. These guys may be just three years old, but their skills reveal the dedication of a lifetime. It’s clear all that time travel has given them a chance to hone their talent—and their stage presence.

今回がオオカミ人間のエネルギシッシュな音楽演奏を見る唯一のチャンスであることだけが理由だとしても、彼らのコンサートは間違いなく参加する価値があります。このグループは正に本物の音楽の才能があります。興味がある観客はもとより、その才能は「MAN WITH A MISSIONは確かな音楽の才能を持っている。」と述べた、Metal Assault、Buzzfeed、そしてthe Examinerなど(のサイト)によって証言されています。このバンドはちょうど3周年を迎えたばかりです。しかし、彼らのスキルは人生に対する姿勢を示しています。タイムトラベルによって彼らが才能、そしてステージ上のパフォーマンスを磨くチャンスを与えられたわけではないことは明らかです。

出典:http://sensiblereason.com/running-wolves-man-mission-tour-us/

 2-3 エアロスミスのスティーヴン・タイラー氏がステージで彼らのアルバムタイトルを連呼し話題に

世界的なロックバンド、エアロスミスのスティーヴン・タイラーも、MAN WITH A MISSIONを賞賛しました。


エアロスミスAerosmith)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンからデビューしたロックバンド。

1973年、当時は珍しかったアメリカ東海岸出身のハードロック・バンドとしてデビュー。メンバーの脱退・一時離脱などを経た今も、オリジナルメンバーで活動している。2001年には「ロックの殿堂」入りを果たしており、第2回「MTV アイコン・アワード」にも選ばれている。これまでに「グラミー賞」4回、「ビルボード・ミュージック・アワード」4回、「アメリカン・ミュージック・アワード」6回、「MTV Video Music Awards」10回などを獲得している。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」においては第59位にランクインされている[7]。スティーヴン・タイラーとジョー・ペリーのソングライティング・コンビは“トキシック・ツインズ”(The Toxic Twins)とも呼ばれ、米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)からポップ・ミュージックを形成し多大な影響を与えたパイオニア的存在に贈られる「ファウンダーズ・アワード」が受賞されており、ナショナル・アカデミー・オブ・ポピュラー・ミュージック(NAPM)設立による「ソングライターの殿堂」入りもしている。

日本では、1970年代後半からクイーン、キッスとともに“3大バンド”の1つとして人気を博し1977年に初来日している。1998年には海外アーティスト初となる4大ドームツアーを敢行した。

トータルセールスは、全世界で1億5,000万枚以上と言われている。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9

MAN WITH A MISSIONに対してエアロスミスのスティーブンタイラー氏が「Cool!」と叫び、大絶賛しました。

エアロスミスのライブの中で、2012年に全米ツアーを行ったMAN WITH A MISSIONの告知ポスターを見て、「Welcome to the new world!!」とMAN WITH A MISSIONのアルバムタイトルを連呼しました。

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

タイラー氏はMAN WITH A MISSIONの音楽をとにかくハンパじゃなく気に入ったようです。


2-4 全米で大ヒットを飛ばしたバンド・ゼブラヘッドとコラボ楽曲をリリース



2015年には全米で大ヒットを飛ばしたミクスチャー・ロックバンドの重鎮バンド・ゼブラヘッドとコラボ楽曲「Out Of Control」をリリースし大変な話題を呼びました。

ゼブラヘッド(英: Zebrahead)は、アメリカ合衆国のロックバンド。1996年にカリフォルニア州オレンジ郡ラハブラで結成された。2015年現在までに8枚のスタジオ・アルバムをリリースしている。ジャンルはパンク・ロック[1][2]、ポップ・パンク[3][4]、ラップ・ロック[2][5]、ラップ・メタル、ラップコア、オルタナティヴ・ロックに分類される。日本では通称「ゼブラ」、「ゼブヘ」、「シマウマ」など。2013年現在、日本最大級の音楽フェスサマーソニックの最多出演バンド(通算7回目)である。2015年にバンド結成20周年を迎えた。


「Out of Control」は映画「マッドマックス 地獄のデス・ロード」の主題歌にも起用されています。

MAN WITH A MISSIONとゼブラヘッドはかねてから親交が深かったようで、共演した2013年のサマソニで意気投合し2バンドの交流が始まったそうです。

確か出会いはSUMMER SONICで、そこで意気投合したんだ。やつらがこっち(LA)で時間があるときは一緒につるんでいるよ。ミュージシャン同士というだけでなく、個人的にも仲がいいんだ。

(引用:激ロック)

マンウィズのメンバーがアメリカのロサンゼルスを訪れる時はいつも飲みに行ったりするほど仲が良いらしいです。

アーティストの域を超えて「個人的」なレベルで友達だとのこと。

ゼブラヘッドはマンウィズを大変に気に入っており、

一緒にいるだけでも楽しいやつらだからね。ビールを飲んでただ騒ぐだけでも(笑)。もう何度も一緒に飲んでいるけど、本当にクールだよ。

(引用:激ロック)

とべた褒めしています。

また「最近気になる日本のアーティストはいますか?」という質問にも、マキシマム ザ ホルモンとともにマンウィズを「ジーニアス(天才)」と称しています。

最近気になる日本のアーティストはいますか?

MAN WITH A MISSIONは、SUMMER SONICで見たとき、文字通り魂を吹き飛ばされたような気がしたよ。それ以来ずっと注目しているんだ。”すげえ!”と思ってね。あと、マキシマム ザ ホルモンも大好きだよ。彼らのコード・チェンジや攻撃的な音、メロディがとても気に入っている。MAN WITH A MISSIONとマキシマム ザ ホルモンはジーニアス(天才)だね。最高だよ!

(引用:激ロック)

「Out of Control」はマンウィズがアメリカでレコーディングしてる最中にゼブラヘッドが駆けつけて共同制作が実現したらしいです。

2バンドの仲の良さあってこそ実現したコラボですね。

また、ゼブラヘッドのアルバム「グレイテスト・ヒッツ?」の収録曲ではJean-Ken Johnny(マンウィズのボーカル・ギター担当)が客演を務めています。

今後もこれだけ仲が良い2バンドのコラボを期待せずにはいられません。

ほ・ん・や・く!

Out of Controlのヨーロッパリリース時のゼブラヘッドのインタビュー

This EP has already hit Number 1 in the Japanese iTunes Rock Chart and reached an impressive Number 2 in the overall physical chart for the whole country.

このEP(シングル)はすでに日本のiTunesのロックチャートで1位になっています。そして、Physical Chart(CDシングルと7インチ・12インチシングルのみのチャート)全体で国全体の2位に達し、強いインパクトを与えています。

“We are way excited for the European release of the new EP! We had such a good time writing ‘Out of Control’ with Man With A Mission and hope our friends in Europe enjoy our first collaboration in years… the last one we did was with Motorhead, and hell, that got nominated for a Grammy.

ゼブラヘッド「新しいシングルをヨーロッパでリリースできることにとても興奮しています!“Out of Control”を書き上げるのに、MAN WITH A MISSIONとすごく楽しい時間を過ごしました。ヨーロッパの仲間たちに私たちの長年にわたる初のコラボレーションを楽しんでほしいと思います。最後にやったコラボレーションはMotroheadとのものでしょうか。そして、そのときはドイツで賞にノミネートされました。」

出典:http://circuitsweet.co.uk/2015/07/zebrahead-announce-split-ep-with-man-with-a-mission/

3. なぜ海外で人気があるのか?

一概には言えませんが、海外で人気があるJ-POPアーティストにはある程度特徴や共通点があるようです。

まず、海外で人気があるのは他にはないような独自性があるアーティストが多いように見受けられます。(きゃりーぱみゅぱみゅ、BABYMETALなど)。

そして歌唱力があり、英語の発音が良ければよりいっそう海外での人気が高くなる傾向にあるようです(ONE OK ROCK、宇多田ヒカルなど)。

あとは、ノリノリで気分が上がってしまうような曲(ノリの良さ)が海外では受けがいいように見受けられます。

海外でも人気を博すためには、アーティスト自身の「特色」を大事にしながらも、このような点も考慮して積極的に取り入れるべきなのかもしれません。

MAN WITH A MISSION


独自性・・・ ◯

歌唱力・・・ ◯

英語・・・ ◎

ノリの良さ・・・ ◎

※注意:評価は筆者の独断と偏見です。

おまけ. MAN WITH A MISSIONの個人的に好きな曲

スポンサードリンク

メルマガ or LINE@登録で無料セミナーをプレゼント中!


メルマガ or LINE@に登録してくれた方に「翻訳で最短で年収1000万稼ぐ方法」動画セミナーを無料プレゼント!

●翻訳の仕事に興味がある
●英語を生かした仕事をしたいけどどうしたらよいかわからない
●副業でもっと収入を得たい方
●英語を生かして在宅ワークをしたい、フリーランスとして独立したい方
●老後の収入を得たい方(翻訳に年齢は関係ありません)
という方必見!

翻訳に英語力はそこまでは重要ではありません!
英語力はTOEIC600点くらいで十分です。
翻訳の仕事では他のスキルの方が重要です。

翻訳の仕事はどういうものか?
仕事を獲得するにはどうすればいいのか?
いくらくらい稼げるのか?
英語力以外に必要な翻訳のスキルって?

現役のプロの翻訳家のセミナーが無料で視聴できます!

※普段ご使用のメールアドレスを入力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です