英語の勉強と同じくらい大切なこと

こんにちは。浅野 正憲です。
産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

僕は、よく「翻訳スキル」が大切になるというお話をしていますが
それでも
「やっぱり英語力がないと翻訳なんてできないんじゃないか」
と感じて、結局英語の勉強ばかりをしてしまっている方も多いようですね。
そこで今回は「英語の勉強と同じくらい大切なこと」というテーマでお話していきます。

 

英語の勉強と同じくらい大切なこと


英文和訳翻訳の仕事をする場合、
英語の勉強を何よりも一生懸命しなければならないと
思ってはいませんか?

実をいうと、英語の勉強と同じくらい大事なのは、
“正しい日本語”を書くことなんです。

もちろん、翻訳スキルを身につけることが一番大切にはなるのですが、
「英語の勉強をしなきゃ」
と英語の勉強ばかりしている人が陥りがちなのは、
正しい日本語を書くことができていない
ということも一つの原因となっている場合があります。

映画の字幕翻訳者として有名な戸田奈津子さんは、
そのことを自分の仕事をする上で、
とても大切なことだと強調しています。

特に字幕となると、画面に入れる文字数が制約されてしまいます。
なので、省いたり、同じ意味で別の言葉に置き換えたりする必要があります。
さらに娯楽性も考慮にいれなければいけません。
なので、英語を理解する能力だけでなく、訳語の日本語のセンスが必要になるということです。

ただ、実務の翻訳においては、そんなことは要求されません。
基本的に直訳でいいのです。

しかし、それでも、読む方にとっての分かりやすさが必要になりますよね。
正確に訳すことが第一ですが、
その結果、分かりにくい文になってしまっては
翻訳としての評価は下がってしまいます。

例えば、企業のプレスリリースで、
”we”という単語が主語としてある場合、
それを「私たちは」と訳すとNGになる場合があります。

簡単に説明しておくと、プレスリリースというのは、
企業・団体が、経営に関わるニュースや、新商品・新サービスの情報を
マスコミに知らせるための文書です。

この場合の”we”という単語は企業全般を代表している主語なので、
日本語では「当社は」または、「弊社は」とするのがマッチするでしょう。

それ以外にも、数多く直訳のできない単語はあります。
単語の他、英語の文の構成をそのまま当てはめられない場合もあります。
そうなってくると、これは国語の時間の書き方の学習に近い内容になります。
あなたは、国語の勉強は得意でしたか?
国語の勉強をやり直さなければいけないということはありませんが、
翻訳した文章を何度も読み直して日本語として合っているのか、
読みにくい文章になっていないか、
確認を忘れないようにしてくださいね。

英語力が大切なのではないかと思い、
どうしても英語の勉強をしてしまっているという方は、
日本語力も大切になってくるということを
理解していただけたと思います。

ただし、何度もお伝えしているように、
翻訳の仕事を行っていくには「翻訳スキル」を
身につけることが必要になります。

「英語の勉強が大切だし・・・」
「日本語力も高めなければいけないし・・・」
などと思案するのではなく、いち早く翻訳スキルを習得することをおすすめします。

まとめ


英語の勉強と同じくらい大事なのは、正しい日本語を書くこと。
翻訳した文章を何度も読み直して日本語として合っているのか、
読みにくい文章になっていないか、確認することが大切。
そして何より、いち早く翻訳スキルを習得すると良い。
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA