<入門編>翻訳を在宅でしたい!おすすめパソコンショートカット特集

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。
翻訳者を目指したいけど、今までパソコンを触ったことないから出来るか不安・・・
とパソコンをほとんど触ったことがないため、パソコンに苦手意識を持つ方が結構います。
ほとんど触ったことがないと、不安に感じてしまいますよね。

浅野
そこで今回は、全くパソコンを触ったことない方向けにパソコン操作の”入門編”としてショートカットキーの使い方についてお伝えしていこうと思います。

覚えたらとっても便利なので、是非試してみてくださいね!

また、パソコンの操作をもっと早くなって、作業効率を上げたいという方にもおすすめです。

 

翻訳を在宅でしたい!そもそもショートカットキーって何?


パソコンを使う際に、マウスでクリックしたり、ボタンを押したりして操作をしていきますが、
マウスを使用しなくてもキーボードを用いて、キーとキーを組み合わせることによって同じ操作が可能となりますキーボードを使用してパソコン操作することを「ショートカットキー」と呼んでいます。

様々な組み合わせでたくさんの種類の操作を行うことができショートカットキーを使いこなすことによって、作業効率がアップするので翻訳者を目指している方は使いこなせるようになると凄く便利!

翻訳が在宅でできるように、まずはショートカットキーを覚えよう!

ここからは、5つのショートカットキーをご紹介していきます。
覚えてショートカットの達人になりましょう!

Ctrl + F(検索)


検索ウィンドウを開き、ページ内の検索ができます。
インターネットで調べものをするときによく使用します。
Ctrl+Fを入力したら検索ウィンドウが開くので、そこに調べたいキーワードを入力すると
ページ内で該当しているキーワードが色付きでヒットするのでひとつひとつ探す手間が省け、スムーズに探したいものが探せます。

Ctrl + A(すべて選択)


開いているファイルやフォルダに対してこのキーを使えば全て選択することが出来ます
カーソルを上からずっと下までもっていかなくとも、一瞬で全て選択することが可能なのでとても便利です。

Ctrl + C(コピー)/ V(貼り付け)

これは翻訳作業の際によく使用します。
Ctrl + C(赤)は、範囲選択した文字やファイルをコピー
Ctrl + V(青)はそのコピーしたものを貼り付け
Ctrl+Cでコピーをして、Ctrl+Vで貼り付けの2つセットと考えると良いです。

Ctrl + X(切り取り)


こちらは範囲選択した文字やファイルのカット、切り取りです。
Ctrl + Xで切り取って、Ctrl+Vで貼り付けというセットで使用したりします。

番外編:フォルダの新規作成方法


データをフォルダ毎に纏めたりすると、振り返るときに見やすいので

番外編としてフォルダの作成方法をご紹介

デスクトップの上で右クリック⇒すると上記の図のように「新規作成」を押すと

いくつか項目が表示されるので「フォルダ」を選択

すると、デスクトップに作成したフォルダが表示されます。

—————-

以上が、よく使用するショートカットキーです。
パソコンを全く使えないところから、トライアルに合格した受講生もいるので、
努力すれパソコンが使えないところからでのスタート出来るんだという事が分かりますね!

受講生の声

T.Mさん/女性/58歳/6ヵ月でトライアル合格!


まとめ


今回、入門編としてお話させて頂きました。
ショートカットキーは組み合わせによって100個以上あるそうです。
ですが、たくさん覚える必要はありません。
基本的に使うのは今回ご紹介したものなので、最初は慣れないかと思いますが何回もやると
自然と指が覚えてくるので、慣れたらこっちのものです。

パソコンに慣れないうちは何もかもが分からなかったり嫌気がさす時期もあると思います。
僕も最初からパソコンを使いこなせた訳ではないし、パソコンに使いこなせている人だって
最初は同じような気持ちを感じた時期もあったと思います。

でも、何度も触れることで慣れていき、スピードもアップしていったはずなので
めげすに、挫けずに頑張ってほしいなと思います。

 
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA