英語の翻訳家になるには?プロが教える最短ルートと勉強法!

スポンサードリンク

こんにちは。なんでも翻訳部。の、のっちです。

普段は翻訳の仕事をしながら、海外情報をニーズに応じてなんでも翻訳しています。

英語を勉強することが好きな人であれば、英語の仕事をするために、一度は「翻訳家になるにはどうすればよいか?」と考えたことがあるのではないでしょうか?

企業の活動する場がますますグローバル化する中で、言語を翻訳する需要も増え、「翻訳家」として働くチャンスは確実に増えています。

今回は、そんな翻訳家になるための最短ルートの勉強法」について解説してみたいと思います。

どのように勉強すれば翻訳家になれるのか、稼げる翻訳家になるためにはどうすればよいかをまとめて記事にしました。

コンスタントに仕事の依頼が発生する「翻訳家」になるためには、求められるスキルを身に着けるために必要な「勉強法」を意識することが大切です。

この記事では稼げる「翻訳家」になるための最短の「勉強法」についてご紹介します。

目次から自分が気になる部分について特に重点的に読んでいただいて、「翻訳で稼ぐための最短ルート」をつかんでいただけたらな、と思います。

1. 翻訳家になるための条件

インターネットを見ていると「翻訳家になる」ということに多くの人が間違ったイメージを持っています。

翻訳家になるためには資格や学歴などは関係ありません。

トライアルという翻訳会社が設定している試験に合格する実力さえあればプロの翻訳家になれます。

どうすればなれるのかと不安を感じている方がいますので、プロの翻訳家として働いている僕が疑問に答えたいと思います。

1-1 資格は必要?

翻訳家になるために資格はまったく必要ありません

「英検1級」や「TOEIC満点」を持っているからといって翻訳の仕事が取れるわけではありません。

翻訳会社さんが設定している「トライアル」に合格するかどうかがすべてです。


トライアルとは

翻訳のお仕事を発注する翻訳会社と雇用契約を結ぶために、翻訳会社さんが設定しているテストのことです。

1-2 学歴は必要?

学歴は必要ありません

フリーランスの翻訳家は完全に実力主義の世界です。

高卒や中卒の方でも翻訳の実力がある方はプロの翻訳家として活躍されています。

1-3 翻訳学校(翻訳スクール)に行く必要はある?

インターネットを見ると「翻訳家になるには翻訳学校に行きましょう」と書かれていることが多いですが、翻訳学校に行ってもプロになれる人はほとんどいません

翻訳学校のカリキュラムではプロの翻訳家になるのに圧倒的に量が足りていません

プロの翻訳家になるためには600~800時間以上勉強しないといけませんが、週1回程度翻訳スクールに通っただけではそれだけの効果を得ることは物理的に不可能です。

翻訳学校に行ってプロになれる方はもともとそれまでに実力があった方と考えたほうがいいです。

僕も翻訳スクールに通ったのですが、同期の受講生は誰一人トライアルに合格しませんでした

結論としては、「資格」「学歴」「翻訳学校」全て必要なく、トライアルに合格する実力さえあればプロの翻訳家になれます

翻訳スクールをおすすめしない理由

翻訳スクールでは、「課題を提出し、添削する」というスタイルなので、プロがどうやってその訳文を作ったかのプロセスが全くわかりません

プロの翻訳家が翻訳しているプロセスを見て真似るのがプロの翻訳家になるための最短ルートです。

2. 翻訳家になるには何から始めればいい?

翻訳という仕事に求められるスキルは、「英語 → 日本語」へのいわゆる英文和訳パターンの翻訳能力だけではありません。

逆に、日本語のデータを英語に置き換える「日本語 → 英語」和文英訳パターンの仕事も多くあります。

「翻訳」を生業とする「翻訳家」には様々な英語スキルのバリエーションが要求されます。

これらの英語スキルをバランスよく身に着け、日本語力ITスキル検索技術、そして、他の人にはない「専門性」を一つ以上持つことが翻訳家としてデビューするために最低必要な条件です。

では、次に翻訳家として働く場合、それぞれ求められるスキルをまとめてみました。

現在のご自身の能力と照らし合わせてみて、足りていないスキルはどれなのか?逆に標準以上と自信が持てるスキルはどれなのか?振り返ってみてください。

2-1 翻訳家に必要なスキル

英語力(TOEIC600点あれば十分)

翻訳家になるために英語力はそこまで重要ではありません。

TOEIC600点くらいあれば十分です。

「翻訳家になりたいからTOEIC満点を目指す」などして時間を無駄にしないようにしましょう。

日本語力

英語をいろんな日本語の表現にするために「日本語力」も重要です。

ITスキル(翻訳ソフトの使い方、電子辞書の設定など)

プロの翻訳家が翻訳する際は翻訳ソフトを使って作業をします。

また、電子辞書の設定の仕方などITを使う機会が多いため、高度なITスキルが要求されます。

検索技術(情報の取り方

翻訳家になるために最も重要なスキルが検索技術です。

翻訳に必要なのは、「英語力」ではなく、総合的な調べる力です。

翻訳する際に訳語を確定するためにインターネットを駆使してさまざまな情報を取得するために高度な「検索技術」が必要です。

営業力(CV(履歴書)の作成、名刺、イベントでの営業)

「トライアル」に応募する際、ほとんどの方がCV(履歴書)をきちんと書けずに書類審査で落とされます。

他にも翻訳のイベントなどがある際は名刺を配りながら営業活動をする必要があります。

地道な営業活動を続けることでいろいろな翻訳会社から仕事を獲得でき、仕事や収入も安定します。

2-2 英文和訳(英語→日本語)

まず英訳の土台となる、語彙の充実と文法力の見直しましょう。それから、実際に英訳文を多く作成し、量をこなすことが大切です。

そのためには覚えている英単語を充実させ、正しい文法の理解や、現在よく多用される言い回しを把握しておくことが必要になります。

2-3 和文英訳(日本語→英語)

日本語から英語に翻訳する場合、日本語をまず「英語にしやすい日本語」に日日翻訳することが必要です。

日本語→英語にしやすい日本語→英語の順で翻訳していきます。

経験の浅い翻訳者の英訳文は、ネイティブスピーカーにとってどこか違和感を感じることが多いものです。

日本語から英語に変換したときに当てはめるべき単語や慣用句が使われてないないことが大きな理由です。

ニュアンスに違和感を感じさせない「自然な英文」として英訳するためには、英語として自然な表現として受け取れる文章のサンプルを多く理解している人が重要なのです。

2-4 何歳でも仕事できる?年齢制限は?

翻訳家になるのに年齢制限はありません。

何歳でも大丈夫です。

75歳の翻訳者もいて活躍されているらしいです。

慣れれば慣れるほど翻訳速度も上がるので経験年数が多い方が有利です。

3. 英語の翻訳家になるには…最短の勉強法とは?

3-1. プロの使ってる辞書、備品などを揃える

まずは、翻訳家のプロが使っている辞書や、パソコンなどの備品をそろえましょう

プロが実際に翻訳の仕事をする際はかなりの重装備になります。

辞書は最低でも10個くらい必要です。

パソコンも翻訳ソフトなどを使う場合はそれなりのスペックが要求されます。

パソコンが壊れたら仕事にならないので2台以上必要です。

翻訳の仕事の効率を上げるためにはキーボードやマウス、椅子などにもこだわる必要があります。

3-2. 実際にプロの翻訳家がどうやって翻訳しているか見る

翻訳の上達の近道は、プロの方が実際に翻訳している様子を見ることです。

スポーツや料理などと同じで、実際にコーチや先生がやっているところを見て、真似して自分でやってみるのです。

そのためには覚えている英単語を充実させたり、正しい文法の理解や、現在よく多用される言い回しを把握しておくことが必要になります。

 

3-3. 真似をして自分で英語を日本語に翻訳する

プロがどうやって訳文を作っているかを実際に見たあとは、自分で実際に英語を日本語にして訳文を多く作成してみましょう

プロになるためにはたくさん量をこなすことが大切です。

企業の英語のHPと日本語のHPの英語、日本語の対応をつけたペアなどを自分で探してきて、英語を日本語にする、というやり方がおすすめです。

例)AXIS Communication(デジカメなどの会社)

英語のHP

https://www.axis.com/us/en

日本語のHP

https://www.axis.com/jp/ja

英語のHPから英文を取ってきて、自分で日本語にしてみてから、答えの日本語のHPで答え合わせしてみてください。

3-4. 翻訳家になるためにプラスアルファとして身に着けたいスキル

単に英語を和訳できたり、日本語の文章を英訳できるよりも、「○○業界の専門知識があり、より実務に即した翻訳が可能です」とアピールできる専門知識があると翻訳家として活躍できる範囲が飛躍的に広がります

なぜなら、すでに専門知識を備えている、あるいは実務経験がある分野の翻訳を行うことは、英文スキルと専門知識や経験といった付加価値を翻訳スキルにプラスしてクライアントにアピールすることができるからです。

例えば、IT系企業でエンジニアの経験があれば、業務仕様書やプレゼンテーション資料を作成することはそれほど難しいことではありません。

また、コールセンターの責任者として活躍していたのなら、コール処理システムや独自の専門用語にも慣れていることでクライアントとの意思疎通が図りやすくなります。

3-5 どのくらいで翻訳家になれる?

背景にもよりますが、おそらく半年くらい本気で勉強すればプロの翻訳家として仕事を受注するレベルまで到達すると思います。

時間にすると600~800時間くらいでしょうか。

そこから仕事をしながら実力を磨くことで「仕事を安定的に受注する」レベルまで到達し、1年くらい経てばひっきりなしに仕事が来るようになるでしょう。

4. 翻訳会社が設定している「トライアル」にチャレンジしてみよう!

プロの翻訳家として仕事を獲得するためには翻訳会社さんが設定している「トライアル」に合格する必要があります

かなりの難関で、ほとんどの方が書類審査で落とされます。

翻訳のスキルを身につけることも大事ですが、翻訳会社さんに「仕事を頼みたい」と思わせるようなCV(履歴書)を書いて送る必要があります。

翻訳家にはこうした「営業力」も重要となってきます。

また、「JTFほんやく検定」の2級を持っていれば仕事を出す、という翻訳会社さんもあります。

4-1. トライアル受験までの流れ


CV(履歴書)の書類審査



トライアルが送られてくる



トライアル合格



送られてきた仕事を2~3件を完璧にこなす



安定的に仕事受注

4-2.「翻訳実務検定(TQE)」

実務レベルの翻訳力があることの証明になる資格試験に「翻訳実務検定(TQE)」があります。

1971年から続く実績ある翻訳者養成スクール「サン・フレア アカデミー」が主催する資格試験になります。

70点以上のスコア取得者は「翻訳実務士」に認定され、成績優秀者は、サン・フレア所属の翻訳者として登録することができます。

ほんやく検定同様にインターネット受験が可能となっており、同時に「独語 」「仏語」「露語」「西語 」「中国語」「韓国語 」も受験することができます。

5. 「JTFほんやく検定」にチャレンジしてみよう!

「JTFほんやく検定」の2級以上を持っていれば仕事を出す、という翻訳会社さんもあります

ある程度勉強が進み、翻訳スキルが身についたことにめどがついたら、ぜひ翻訳レベルが証明できる「JTFほんやく検定」にチャレンジしてみましょう。

ほんやく検定は、1981年4月に発足した産業翻訳の業界団体「一般社団法人 JTF」が認定するネームバリューの高い翻訳スキルを証明できる検定試験です。

インターネットによる在宅受験が可能になっており、初級者向けの「基礎レベル:5級・4級」、実務経験者向けの「実用レベル:英日翻訳・日英翻訳」があるので、レベルに合わせてステップアップ受験ができるようになっています。

まずは基礎語学能力および「翻訳のセンス」の有無を判定する「基礎レベル:5級・4級」からチャレンジしてみましょう。

ほんやく検定2級以上に合格すると、JTF公式Webサイトにある「検定合格者リスト」(JTF会員専用)とJTF機関誌「日本翻訳ジャーナル」に自己プロフィールを掲載することができます。

プロフィールを閲覧した約170社あるJTF加盟の翻訳会社から仕事を依頼されるチャンスが広がります。

6. まとめ

翻訳家になるにはプロの使っている備品を揃えて、プロが翻訳している様子を見て真似をするのが最短ルートです!

英語翻訳を職業とすることを目指す人の中には、「翻訳家」というキーワードから、本屋に並ぶ翻訳本を手掛ける「出版翻訳家」をイメージしている人も多いかもしれません。

しかし、「出版翻訳家」は数多い翻訳業を生業にしている人の頂点に立てるスキルを持っている人に限られます。

原作者の立場に立ってみても、自分の作品がどのように翻訳されるかで、評価が変わり、本の売れ行きも変わってくるのだから、翻訳家の責任は重大です。

翻訳家を目指す以上、できる限り高度な英語スキルを身に着けることは必須です。

とはいえ千里の道も一歩から。

まずは英語を使った仕事を始めてみることが大切です。

そのためには必要とされるスキルを身に着ける、正しい英語の勉強法をよく理解し、マスターしていることが肝心です。

勉強法が間違っていては、必要なスキルはいつまでも身につくことはありません

正しい翻訳の勉強方法をマスターすることこそ、憧れの「翻訳家」というゴールへの夢に一歩進むために最も重要なことですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

メルマガ or LINE@登録で無料セミナーをプレゼント中!


メルマガ or LINE@に登録してくれた方に「翻訳で最短で年収1000万稼ぐ方法」動画セミナーを無料プレゼント!

●翻訳の仕事に興味がある
●英語を生かした仕事をしたいけどどうしたらよいかわからない
●副業でもっと収入を得たい方
●英語を生かして在宅ワークをしたい、フリーランスとして独立したい方
●老後の収入を得たい方(翻訳に年齢は関係ありません)
という方必見!

翻訳に英語力はそこまでは重要ではありません!
英語力はTOEIC600点くらいで十分です。
翻訳の仕事では他のスキルの方が重要です。

翻訳の仕事はどういうものか?
仕事を獲得するにはどうすればいいのか?
いくらくらい稼げるのか?
英語力以外に必要な翻訳のスキルって?

現役のプロの翻訳家のセミナーが無料で視聴できます!

※普段ご使用のメールアドレスを入力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です