翻訳者になるには向き、不向きってあるの!?翻訳者に向いてる性格とは!?

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

「翻訳者って、どんな性格の人が向いているんだろう・・・」

「自分に向いているのかな?」

翻訳者として活動していくにあたり、自分の性格と仕事内容が合うのかどうかってめっちゃ気になりますよね。

やってみたはいいものの、理想と現実とのギャップが激しすぎるとなかなか続けるのは難しい。

ということで、今回は、翻訳者の仕事の内容と、実際どんな人が向いていて、どんな人が向いてないのか、詳しく説明していきます!
じっくり最後まで目を通してみて下さいね!

 

翻訳の仕事って何するの?

翻訳の仕事は、翻訳会社から仕事をもらって、その仕事の期限までに翻訳して提出する仕事です。
翻訳には、日本語から英語に訳す日英と、英語から日本語に訳す英日があります。

浅野
インターネットが繋がるパソコン一台で仕事することが可能で、時間や場所にとらわれることなく、好きな時に仕事ができます。

そのため、基本的には、パソコンに翻訳を打ち込んでいく仕事なので、自分一人で完結する仕事となります。

翻訳者に向いてない人


では、翻訳者に向いていない人ってどんな人なんでしょうか。

それは、じっとパソコンの前に座って仕事をするのがつらい人。

人とたくさん喋りたいし、動き回りたい!みたいな人は、絶対に向いていません。

翻訳の仕事は淡々と仕事をこなしていくので、自分の世界を楽しめる人でないと、途中できついと思うかもしれませんね。

あとは、自分の好きな分野について調べ物をすることもあるので、そういうのが苦手な人は向いていない。

人と関わりながら仕事したい!と思っている人にとったら翻訳の仕事はちょっと厳しいかもしれませんね。

翻訳者の仕事に向いてる人


翻訳の仕事は、とにかく最初から最後まで一人で完結する仕事なので、まず誰とも喋らない。

自分が声を発することもないし、誰かと話すこともなく、ただひたすらパソコンに向かって仕事するイメージ。

なので、翻訳の仕事が向いているのは、一人で黙々と仕事するのが好きな人。

一人で仕事をすることが出来るので、嫌いな上司や面倒な取引先など、煩わしい人間関係もありません。

そういう人間関係が苦手な人ほど、翻訳の仕事に向いていると言えます。

また、自宅にパソコン環境があれば、家から一歩も出ずに仕事が出来るので、子育て中のママや、外にでるより家の中にいる方が好き!という方にも向いています。

他にも、カフェが好きで、自分の気分で好きなカフェに行って仕事をしたい!という方にも向いていますね。

いろんなカフェを開拓しながら、美味しいコーヒーや雰囲気に癒されながら仕事するノマドワーカーをやりたい人にもぴったりですね。

まとめ

翻訳の仕事はいつでもどこでも、自分の好きな時に仕事が出来る反面、人とあまり話す機会がないので、一人で黙々と仕事するのがつまらない・・・と思ってしまう人には向いてないかもしれませんね。

逆に、自分一人の世界が好きな人、自由が好きな人、人間関係が苦手な人、家からあまり出たくない人ほど、翻訳の仕事は向いています。

最後は、自分の性格に合うか、合わないかなので、実際にやってみて判断していてもいいんじゃないでしょうか。

絶対私に合ってる!と思ってはじめてみても、やってみたら全然違ったってこともあるでしょうし、やってみたら以外に楽しかった!ということもあると思います。

興味があるなら、一度チャレンジしてみて、それから判断してみてもいいのではないでしょうか。
総収録時間
総収録時間
・翻訳者になるのに高い英語力が必要ないと言い切れる衝撃の理由とは!?

・わずか1年で200名以上ものプロ翻訳者を輩出してきた秘訣を大公開!

・合格率0%!?よくある翻訳学校の闇をこっそり内緒で大暴露!

・翻訳未経験でも最短40日で翻訳者デビューができてしまう3つのステップとは!?
総収録時間

翻訳の動画がもらえるん

allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA