海外がおすすめの日本アニメの海外の反応~サスペンス編②~

スポンサードリンク

こんにちは。なんでも翻訳部。の、のっちです。

海外情報をニーズに応じてなんでも翻訳しています。

日本のアニメはいまや世界中の人が視聴しており、外国人ファンの方も以前よりもいろいろな日本アニメを見るようになっています。

海外のファンも日本の最新の情報をインターネットですぐにキャッチし、流行を追っています。

現在では日本の放映と同時に海外配信するサイトもでき、外国人がよりアニメを気軽に楽しめるようになり、海外ファンも増加しているようです。

今回はそんな海外で評価の高い日本アニメに対する反応や記事を翻訳して、海外情報を織り交ぜながら「海外で評価の高い日本アニメ」についてシリーズ化して記事にしてみたいと思います。

今回の記事では特にミステリー作品に焦点を当ててみたいと思います。

シリーズが多いのでミステリー作品について3記事にわけて記事にしています(この記事は2記事目です)。

1記事目

2記事目:(この記事)

2記事目:Coming Soon…

インターネットの発達によって海外にわたった日本のアニメが海外でも評価され、幅広いファン層が確立されつつあります。

そうした日本アニメが海外でどのように評価されているか、海外ファンの反応はどうなっているのか気になっている方のために反応をまとめて記事にしました。

目次から自分が気になる作品について特に重点的に読んでいただいて、海外で人気の日本アニメに対する海外の反応がどうなっているのかつかんでいただけたらな、と思います。

1. Steins;Gate(シュタインズゲート)

あらすじ

 前作『CHAOS;HEAD』で描かれた、「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後。秋葉原を拠点とする小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーを務める大学生の岡部倫太郎は、研究所のメンバー(ラボメン)の橋田至や幼馴染でもある椎名まゆりと共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。2010年7月28日、岡部はまゆりと共に向かった講義会場で天才少女の牧瀬紅莉栖と出会うが、ラジ館の8階奥では血溜まりに倒れている紅莉栖を目撃し、そのことを橋田へ携帯メールで報告する。その直後、めまいに襲われた岡部が我に返ると、ラジ館屋上には人工衛星らしきものが墜落しており、周辺は警察によって封鎖されていた。先ほど送信したはずのメールはなぜか1週間前の日付で受信されており、周囲が話すここ最近の出来事と岡部の記憶の間には、齟齬が起こっていた。

スポンサードリンク

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年6月現在)


My Anime List

MyAnimeList.netとは、アメリカ合衆国の大手アニメ・漫画紹介サイトである。

概要

サイトは英語で構成されており、アメリカ合衆国のみでなく英語を使用する多様な国のユーザーによって利用されている。放映中のアニメや連載中の漫画を主体としているが、サイト設立以前に放映された過去の作品まで遡って紹介している。コンテンツは各作品についてのあらすじ・主要登場人物やスタッフ・キャストなど作品に関する基本情報の提供や、個々のタイトルについてユーザーが行ったレーティング付き紹介文の掲載、話別の感想・ディスカッションなど。

海外の日本アニメ関連サイトとしては最大規模のものの一つで、月当り約1億3000万PV、ユニークアクセス数約1000万を謳っている。集計したスコアや会員の動向を元に掲載したランキングは海外で人気ある作品の傾向を知る上で一定の目安になる。また集積されたユーザーレビューに対しても投票が行われるなど、日本の各アニメ・漫画作品に対する海外視聴者の反応や感想・意見などを調べるのに大変便利なサイトである。

MyAnimeListは2015年1月に米国のEvolveMediaグループ傘下のCraveOnlineMediaがDeNAグループに事業譲渡し、以降は同グループの米国子会社となったMyAnimeList, LLCが運営している。また同サイトではこれを受けて同年7月からアニメ動画の提供を株式会社アニメコンソーシアムジャパンが運営するサイトDAISUKI.netを通じ行っている。

出典:http://dic.nicovideo.jp/a/myanimelist.net

Steins;Gateの評価ページ

(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

https://myanimelist.net/anime/21/One_Piece?q=One%20Piece

スコア:8.57/10.00

ランキング:24位

人気度:32位

メンバー数:561,940

Steins;Gateの人気のヒミツ①

ほ・ん・や・く!
Steins;Gateの作品レビュー①-複雑なストーリーと張り巡らされた伏線-

After Death Note and Code Geass, I finally found another show worth calling amazing.

デス・ノートとコードギアス以降、やっと素晴らしいと思える作品に出会えました。

Starts slow and immature. But soon plot develops great as well as the characters and their relations. Amazing and very realistic characters. Great plot. Great sound and animation. Very emotional. I was skeptic when heard that this show was about time travel but it exceeded all my expectations. It’s amazing and must watch show. Consider that I gave 10 starts for this show and I am very hard to get impressed. 9 of 10 movies or series I watch I’ll probably consider boring, stupid or simply bad but this one is simply amazing.

 初めは展開がゆっくりで、未熟な状態で始まります。しかし、その後すぐにストーリーやキャラクターは展開し、キャラクター間の関係も深まっていきます。キャラクターは素晴らしく、現実味があります。物語性があり、音響やアニメーションも優れています。そして、感動的です。この作品が時間旅行についてだと聞いたときは懐疑的でしたが、実際には私の期待を大きく超えるものでした。とても素晴らしいので、絶対に見るべき作品です。私はあまり関心しない性格ですが、この作品には星10個付けます。10個中9個の作品は、つまらない、馬鹿げている、または単に良くないと感じますが、この作品は本当に素晴らしいです。

  • ゲームファンにもアニメファンにも人気
  • 複雑なストーリーと張り巡らされた伏線
この作品はゲームを原作につくられていて、ゲームファンにもアニメファンにも人気の高い作品です。

ながら見には向かないと評されることもあるくらいに、ストーリーは難解です。

ですが、ストーリーが進むにつれて、あちこちに張り巡らされた伏線が明らかになって、一気に観たいと思えるほど引き込まれてしまいます。

エンディングがわかっていても、今度は伏線を回収しながら見てみたい、とリピートする人もいるようです。

Steins;Gateの人気のヒミツ②

ほ・ん・や・く!
Steins;Gateの作品レビュー②-現実味と面白さを備える時間旅行の物語-

Steins;Gate is definetly one of the best animes I have ever seen.

シュタインズ・ゲートは、私が今まで見た中で最高のアニメの一つに違いありません。

The story 10/10

ストーリー 10/10

It is brilliant! The first episode might make you wanna drop it since it’s a bit weird but if you pay attention it makes sense in a way.(you’ll get what I mean at the end of the series).They leave a small clue in like the first 10 episodes that will be picked up later and that’s how they draw you win. Pretty much when the first big event happen (you will know what I am talking about when you watch the series), you will be hooked because that moment in the series just defines it as…awesome. You will be like “wha…did that just happen…wait wha???”

とても素晴らしいです!第1話は少し変な感じなので、見るのを諦めたくなるかもしれませんが、注意深く見ていれば意味が分かるようになります。(シリーズ最後になれば私の言っていることが分かります)。最初の10話くらいで小さいフラグが立ち、それらが後ほど回収されていくところで引き込まれます。最初の大事件(シリーズを見始めれば何のことか分かります)が起こった辺りで、その瞬間の素晴らしさに心が掴まれます。「え…一体今何が起こっ…ん、え???」といった感じです。

Also this is one , if not the only, anime that manages to tell a really good time travel story that you could actually think it’s plausible! So SF fans be sure to check it out, you won’t regret it.

更に、この作品はアニメ界で唯一といっても過言でないほど、時間旅行のストーリーを見事に描いています。拍手に匹敵するくらいです。SFファンの皆さんは、必ずチェックしてみてください。見て損はありませんので。

Characters 10/10

キャラクター 10/10

The cast is quite varied and very engaging. You have the mad scientis Okabe Rintarou who invents a time travelling microwave, with the help of the awesome (honestly she must be one of my favourite characters ) Makise Kurisu and the “hacker” Mashida Itaru. The rest of the cast is also quite good though you will hate one of them eventually (not for being a bad written character, just for being bad).

キャストは非常に多様で、魅力的です。キャラクターには、電子レンジのタイムマシンの発明者でイカれた科学者の岡部倫太郎、その発明を手伝う牧瀬紅莉栖 (本当に、お気に入りのキャラクターの一人です)、そして「ハッカー」の橋田至がいます。他のキャラクターも結構よくできていますが、そのうちの一人はやがて嫌いになるでしょう (キャラクター構成が悪いのではなく、悪事を働くため)。

Art 10/10

アート 10/10

The art is unique and everything is drawn really good. Really enjoyed it.

アートは個性的ですし、すべてとても良く描かれています。とても楽しめました。

Sound 10/10

サウンド 10/10

The voice acting is top notch and very good. The actors manage to emanate the characters feeling through their voice and that’s always a good thing!!!

声の演技は一流で、とてもよかったです。声優たちの演技はキャラクターの心情を上手に表現しています。これはいいことですよね!!!

Enjoyment 10/10

面白さ 10/10

Watched in 2 days (had school or it would have been 1 day for sure:)).

2日間で見終わってしまいました (学校が無ければ、確実に1日で見終わっていました)。

Overall 10/10

総合 10/10

Overall Steins;Gate provides the viewer with a believable and engaging time travelling story, with well written characters, with very good art and voice acting and it’s a must watch for any anime fan out there!!


シュタインズ・ゲートは総合的に見て、時間旅行の物語として現実味や面白さを持っており、キャラクター構成や絵、声もとても素晴らしく、アニメファンは絶対に見るべき作品です!!

  • ギャグとシリアスの絶妙なバランス
  • カッコ良く聞こえてくる主人公の厨二病発言
タイムリープをテーマにしたアニメはたくさんありますが、間違いなく一番面白く、独特な世界観と言う方もいます。

その人気の秘密の1つが、ギャグとシリアスのバランスが絶妙という点にあります。

特に、主人公のギャップはクセになる人がいるほどです。

序盤は厨二病な発言を苦手に感じていても、最後はカッコ良く聞こえるようになってしまうようです。



2. PSYCHO-PASS(サイコパス)

あらすじ


 舞台は、人間のあらゆる心理状態や性格傾向の計測を可能とし、それを数値化する機能を持つ「シビュラシステム」(以下シビュラ)が導入された西暦2112年の日本。人々はこの値を通称「PSYCHO-PASS(サイコパス)」と呼び習わし、有害なストレスから解放された「理想的な人生」を送るため、その数値を指標として生きていた。

その中でも、犯罪に関しての数値は「犯罪係数」として計測され、たとえ罪を犯していない者でも、規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれていた。

そのような監視社会においても発生する犯罪を抑圧するため、厚生省管轄の警察組織「公安局」の刑事は、シビュラシステムと有機的に接続されている特殊拳銃「ドミネーター」を用いて、治安維持活動を行っていた。

本作品は、このような時代背景の中で働く公安局刑事課一係所属メンバーたちの活動と葛藤を描く。

第2期は第1期終了時点から1年半後から始まり、シビュラシステムと公安局に攻撃をしかけてくるシステムに認知されない犯罪者を追うことになる。

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年6月現在)

PSYCHO-PASSの評価ページ
(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

https://myanimelist.net/anime/21/One_Piece?q=One%20Piece

スコア:8.57/10.00

ランキング:24位

人気度:32位

メンバー数:561,940

PSYCHO-PASSの人気のヒミツ①

ほ・ん・や・く!
PSYCHO-PASSの作品レビュー①-ダークで神秘的で、シリアスな雰囲気のミステリー/SF作品-
This anime is brilliant! Psycho-Pass is a very smart series that deeply analizes freewill and whether or not a person’s “hue”, when cloudy, can determine if they will become a threat to society. Using a special weapon known as “The Dominator”, detectives are able to continuously read and send psychological data to determine a persons crime coefficient. Depending on how clouded a persons “hue” is, they will either receive mandatory rehabilitation, or an execution on the spot.

このアニメ作品は素晴らしいです!PSYCHO-PASSは非常に知性あふれるシリーズで、自由意志についてや、人の「色相」の曇りがその人の社会への脅威性を示せるかどうかについて深堀しています。探偵は「ドミネーター」として知られている特殊な武器を使用して、人々の心理データを送受信することで、犯罪係数を見ることができます。「色相」の曇りに応じて、その人は更正を命じられるか、その場で処刑されるかが決まります。


At first I was not going to give this anime a chance, but I am thrilled I did! I love the dark, mysterious, and serious atmosphere of this anime. Additionally, the logical questions postulated regarding aspects of freewill and whether or not a person can be judged before they commit a crime were magnificent! Furthermore, every character added a significant element that made them both likable and unforgettable. Finally, the animation was beautiful, and the music significantly heightened every situation. In many ways I would say this series is already comparable to a series like “Cowboy Bebop”.

見る前は、このアニメ作品を相手にしていませんでしたが、今では見てよかったと思っています!このアニメの暗くて神秘的で、シリアスな雰囲気が大好きです。さらに、自由意志に関連した仮説的な質問や、罪を犯す前の段階で人を判定することはできるのかといった疑問は壮大なものです!そして、キャラクター全員が重要な要素を持っていて、好感が持てる上に印象に残りました。最後に、アニメーションは美しく、どんなシーンも音響によって非常に魅力的に仕上げられていました。このシリーズは、色々な意味で「カウボーイビバップ」のようなシリーズに匹敵すると言えるでしょう。


In short, Psycho-Pass is a juicy sophisticated anime that will appeal to many mystery/sci-fi fans. It is animated craftsmanship and definitely worth the watch.


一言で言えば、PSYCHO-PASSは、多くのミステリー/SFファンを魅了する濃密で洗練された作品と言えます。まるでアニメの職人技のようですし、一見の価値はあります。

  • ダークで神秘的で、シリアスな雰囲気のミステリー/SF作品
  • 「踊る大捜査線」を手掛けた有名監督が手掛けるストーリー
  • 共感できるさえない主人公
総監督は人気ドラマ「踊る大捜査線」を手掛けた監督、脚本は「魔法少女まどか☆マギカ」を手掛けたシナリオライターということで、観る前から”きっと面白いはず”と期待度も高くなる作品です。

主人公の視点が、数値化された近未来世界の管理する側というのが、ストーリーをユニークにしています。

最強でもなければ、人間的魅力にあふれたわけでもない、むしろ周りのキャラクターの方が印象に残ってしまうくらいの「さえない新人」が主人公というのも、見る人の共感を誘います。

PSYCHO-PASSの人気のヒミツ②

ほ・ん・や・く!
PSYCHO-PASSの作品レビュー②-CSIや科学技術SFを混ぜたようなリミックス作品-
5.0Overall

5.0 総合

Psycho-Pass debates utilitarianism and free will while commenting on metal health and societal paradigms that govern our understanding of right and wrong. Psycho-Pass is a fantastically dark story that takes place in a dystopian society where an advance system called Sibyl calculates an individuals mental health, personality and the likelyhood of that individual committing a crime. Based on the evaluation of an individuals cymatic brain scan using a special handgun, a dominator, Inspectors and Enforcers determine weather a person can be rehabilitated though treatment back into society or if they must be eliminated.

PSYCHO-PASSは、我々の善悪への理解を支配している心理的健康や社会的パラダイムを取り上げながら、功利や自由意志を題材としています。この作品は、シビルと呼ばれる高度システムによって個人の精神衛生、人格、犯罪可能性の計算が行われる暗黒郷が背景の、幻想的で暗い物語です。ドミネーターという特別な拳銃から得たサイマティクス脳スキャンの結果に基づき、検査官や執行人は、その人を更正させた後に社会に戻すか、処刑されるべきかを決定します。

This is a great anime with mature themes. While I didn’t find myself overly emotionally attached to any one character, the characters are likable and the story is compelling. Most noticeable is perhaps the graphics. Psycho-Pass is visually pleasing and I often found myself enjoying background and cg transition cuts. Honestly the only thing I can complain about is that I wish the season was longer than 22 episodes.

これは、大人向けのテーマを持った素晴らしい作品です。どのキャラクターとも心理的に強い繋がりは感じなかった一方で、キャラクターは好感が持て、物語にも説得力があります。一番初めに気付くのは、おそらくグラフィックスです。PSYCHO-PASSは視覚的にも楽しく、しばしば絵の背景やCGのトランジションカットを楽しんでいる自分がいました。正直に、唯一の文句はシーズンが22エピソードで終わってしまうということだけです。


Ultimately the anime can be described as CSI and Dexter mixed with “techy sci-fi stuff”. I would definitely recommend to mature anime watchers.


究極的には、このアニメ作品はCSIやデクスターに「科学技術SF」を混ぜたようなものと言えます。これは、大人の視聴者には絶対におすすめの作品です。

  • 個人の生きる価値とは?人のあり方とは?を問いかける大人向けのテーマ
心理状態が数値化され、管理された”何も心配する必要のない世界”でも、個人の生きる価値とは?と疑問を持ってしまう。

でも、それを真っ向から投げかけることはできない、という気持ちが表現されていて、「人のあり方」を考えさせられる作品です。

テレビ版のほかに、劇場版まで制作された人気作品です。



3. 妄想代理人

あらすじ


 疲れた現代社会を癒す人気マスコットキャラクター「マロミ」をデザインした鷺月子は心の闇を持っていた。そして、月子に感化された人々が次々に通り魔「少年バット」に襲われ、市井の人々を恐怖へと陥れていく。しかし、幾人も被害者が出て、多くの目撃者がいるにもかかわらず、少年バットは一向に捕まりそうになかった。

少年バット事件を担当する刑事の猪狩慶一馬庭光弘は、捜査を進める中で、被害者の持つ『不思議な共通項』に辿り着く。

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年6月現在)

妄想代理人の評価ページ
(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

https://myanimelist.net/anime/21/One_Piece?q=One%20Piece

スコア:8.57/10.00

ランキング:24位

人気度:32位

メンバー数:561,940

妄想代理人の人気のヒミツ①

ほ・ん・や・く!
妄想代理人の作品レビュー①-心理的な刺激を与えてくれる大人向けの作品-

I saw the Japanese audio version with English subtitles.

私は日本語音声、英語字幕で見ました。

This is definitely a series for mature audiences. It’s not afraid to go into unhappy situations and unpleasant characters, and show people battling with their various dysfunctions. Very psychological and surreal. If you’ve never seen Satoshi Kon’s other works before, be prepared to initially go “What the…?”. (Actually, I was still saying that more than halfway through this series, but that didn’t stop me from watching it almost completely straight through.)

これは間違いなく大人の視聴者向けのシリーズです。この作品では、不幸な状況や不快なキャラクターが躊躇なく出てきますし、障害を持ちながら人々が戦うシーンもあります。非常に心理的で超現実的な内容です。今敏の作品を見たことがない人は、最初に「え、何…?」となる準備をしておきましょう。 (実はこの作品半ば過ぎまでそのような状態でしたが、それでもほぼ通しで見終えてしまいました。)

Satoshi Kon has a distinctive style of delving into people’s heads and meshing reality with fantasy. After first viewings of his works, I always get the feeling I’m going to have to go back several times and figure out everything I didn’t catch.

今敏(こん さとし)氏は、人々の頭の中を掘り下げてファンタジーと現実をごちゃ混ぜにさせる、独特のスタイルを持っています。彼の作品を見る時、何回か見ないと謎が全て理解できないというような感覚に常になります。

On the whole, this series is very deep and dark, but there are many humorous moments. Some of the episodes depart from the “main” characters and go off in really creative directions. It’s not the best series I’ve ever seen, and it’s certainly not for everyone, but it’s good. If you are looking for something really different and are up for the mental stimulation, this is it.

全体的に、このシリーズは非常に深く暗いですが、多くのユーモラスな瞬間もあります。いくつかのエピソードは「メイン」のキャラクターから派生し、非常に創造的な方向に行くものもあります。私が今まで見た中で一番の作品とは言えませんし、確かに万人受けするものではありませんが、それでもいい作品です。今までとかなり違うものを探していて、心理的な刺激が欲しいのであれば、おすすめです。

  • 「東京ゴッドファーザーズ」を手掛けた今敏監督・初のテレビアニメシリーズ
  • 芸術作品と評されるほど独特な雰囲気がある世界観
この作品は「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」など人気劇場版アニメを手掛けた今敏監督・初のテレビアニメシリーズです。

ストーリーというより世界観、アニメというより芸術作品と評されるほど独特な雰囲気があります。

オープニングやエンディング曲も世界観にマッチしていて、音楽の良さを評価ポイントとしてあげる人もいます。

妄想代理人の人気のヒミツ②

ほ・ん・や・く!
 妄想代理人の作品レビュー②-不快なほどに奇妙な物語-
5.0Overall

5.0 総合


Who or what is Shonnen Bat? Is he a psychotic 10 year old on a rampage, the product of mass hysteria, or some sort of karmic demon born from from the lies and unfulfilled dreams of the modern age? After getting caught up in the delusions of all the characters, I am not sure if there’s much difference between the last two. Maybe the whole crisis was the result of everyone’s delusions clashing with reality. I’ll leave you to decide. I’ll just do a review.

少年バットとは誰、または何でしょう?彼は精神病を持ち大暴れする10歳児なのか、大衆ヒステリーの生成物なのか、それとも現代の破れた夢から生まれたカルマの悪魔なのでしょうか?全キャラクターの妄想に巻き込まれた今では、最後の2つの違いすら分からなくなってしまいました。おそらく、この事件は全て、大衆の妄想と現実の衝突の結果かもしれません。皆さんで決めてください。私はレビューだけします。

Paranoia agent is very well done and disturbingly bizarre. Much of this is thanks to the storytelling method. Rather than focus on one particular character or merely provide an omnipotent viewpoint, Paranoia Agent shifts between point of view characters and subjects viewers to each of their delusions (and some of these POV characters are very sick people). This is a wonderful way of story telling, facilitating for excellent character development, progressing the viewer through a wide range of emotions, and allowing for an evolving sense of humor (ranging from lighthearted to very morbid) as we move through each character’s delusions. It also makes this anime incredibly weird and this is accentuated by Susuma Hirasawa’s excellent soundtrack.

妄想代理人はとても良くできた作品で、不快なほどに奇妙な物語です。これを支えているのが、語りの手法です。1つの特定のキャラクターに焦点を当てたり、単に1つの視点から物語を進めるのではなく、妄想代理人ではキャラクター視点や相手の視点、そしてそれぞれの妄想に視点が移り変わります (これらの視点には病んでいる人も含まれます)。この語りと展開の手法は素晴らしいです。これにより、それぞれの妄想を見ていくとともにキャラクター展開が進み、視聴者に様々な心情を体感させ、笑い要素 (軽い物から病的に思いものまで) を発展させています。また、このアニメ作品の奇怪さは平沢進の素晴らしいサウンドトラックによって助長されています。

I do not agree with the 3 star reviews of this anime. It is too well made, too well thought out, and just too good to be given such a low score on a review site that routinely gives 5s to absolute garbage. Anime should be praised for being bizarre and unique, not penalized.

このアニメに与えられている星3つの評価には同意できません。ゴミのような作品にいつも星5つをつけるようなレビューサイトにおいて、このような低い評価を受けるにはあまりによく出来すぎていますし、考え抜かれています。アニメ作品の奇怪さや個性は罵声の対象ではなく、称賛されるものであるべきです。

  • 視聴者に注意深く解釈し、のめりこませる物語
  • 毎話異なるキャラクターの視点から進行するストーリー展開
「ストーリーを説明されることほどつまらないことはない。」という監督の意見を反映して、視聴者が物語を注意深く解釈しながら見ていく必要があります。

中にはメモを取りながら何度も見たという人もいるようです。

毎話異なるキャラクターの視点から物語が進んでいくので、何が起こるのだろうと期待が膨らみます。

「このキャラクターはこの人と繋がっているのか」という新たな発見も楽しめます。



4. デュラララ!!

あらすじ


舞台は、東京・池袋。都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人は、幼馴染の紀田正臣に誘われて、来良学園に入学するために上京する。

帝人は上京した初日に、都会で都市伝説と噂される「首なしライダー」を目撃する。帝人は、そこで思いもしない数々の非日常に巻き込まれてゆくと同時に、「首なしライダー」を含む様々な人物が事件に関わっていくことになる。

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年6月現在)

デュラララ!!の評価ページ
(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

https://myanimelist.net/anime/21/One_Piece?q=One%20Piece

スコア:8.57/10.00

ランキング:24位

人気度:32位

メンバー数:561,940

デュラララ!!の人気のヒミツ①

ほ・ん・や・く!
デュラララ!!の作品レビュー①-無謀なほど多様な要素を持つストーリー-

This is a series where the creators attempted to do a lot, and they shouldn’t have – they did too much. There are many things happening, many characters with many backgrounds that have many problems, and the series is just incapable of resolving them all. Making a story with this many diverse elements in it is a problem because in order to make sense out of everything – why are the people like that, why do they do what they do, where is this all gong – you have to tell much more story, develop the characters much more deeply, and let the viewers get attached to those characters and what is happening in the storyline. They didn’t do that here, and gave us lots of characters, plots, motivations, & actions – basically a city of people interacting – so that what you get is a hodgepodge of elements occurring that are painted broadly and lightly, without the time it would take for the viewer to care about what’s going on or to know the characters well enough to become emotionally involved with them.

このシリーズでは製作者たちがたくさん工夫をしています。むしろ、やり過ぎなくらいです。多くの出来事が起こり、多くの問題や背景を持つ多くのキャラクターが登場し、これら全てをシリーズ内で解決するのは無謀なほどです。多様な要素を持つストーリーには問題があります。それは、すべてを一貫させる必要があるからです。なぜ人はそのような性質なのか、どうしてその行動を取るのか、話はどこに向かっているのか、などです。このように更なる物語を与える必要がありますし、キャラクターを深く掘り下げることで視聴者をキャラクターや物語に巻き込む必要があります。ここではそれらはなく、大量のキャラクター、話、動機、そして行動、つまり街中の人々の交流が与えられています。なので、広く浅い要素がごった返しているような感じで、視聴者が出来事やキャラクターを深く知って繋がりを構築する時間がありません。

The characters don’t ever really get deeply involved with each other, but occasionally the authors ATTEMPT to have them do that, sort of promising that, but they never truly get there. In having so many stories revolving around each other, none of them is ever explore adequately, and we are always left hanging with “almosts.” It’s as if the creators are are afraid to have their characters bond with each other and show those powerful emotions that would be normal in situations like that.

キャラクター同士が深く関わることはあまりなく、作者たちは関わりを作ろうと頑張ったり約束したりはしますが、実際に実現してはいません。お互いの周りで多くの物語が回っているため、どのキャラクターも十分に開拓されずに、視聴者にとっては「あと少し」の状態となります。キャラクター同士が強い繋がりを持ち、そのような状況において当たり前と言えるような強い感情を示すことを、製作者たちが避けているようにも見えます。

The animation is fair, certainly not overwhelming, the artwork & coloration okay, & the music inappropriate, like something out of a “Peanuts” cartoon, all of this giving us this once-upon-a-time random cityscape of young characters.

アニメーションはまぁまぁで、素晴らしいわけではありませんが、絵や色付けは良いです。音楽は「ピーナッツ」の漫画に出て来そうな場違いの曲が使われています。これら全が合わさって、昔々のとある街での若者の出来事、という印象を与えています。

So, in the whole, as an animated piece which generally & sparsely depicts some occurrences in this particular city, it has some interest; but, too much talk, too many side issues which take away from having a main story, & too little character development to get one emotionally involved. Watch it, but do so lightly.

総合的に見ると、この作品は、特定の都市で起きる出来事の抽象的でまばらな描写としては興味深いと言えます。しかし、会話や副次的問題が多すぎてメインの話が見えにくく、視聴者の感情移入を誘発できるほどのキャラクター展開がありません。見るのは良いですが、軽くにするとよいでしょう。

  • 一人称視点、三人称視点から描かれる多様な要素を持つストーリー
  • 最後に全部繋がる各キャラクターのエピソード
ストーリーがキャラクターの一人称視点からだけでなく、三人称視点からも描かれているというのが特徴的です。

それぞれが重要なことを打ち明けないまま、複数のストーリーが同時に進行していくため、なかなか話が進まないと感じたり、話が飛び飛びで初めは理解するのが難しいと思ったりする人もいるようです。

でもそれが、最後に全部繋がるのでエンディングまで観た後は爽快感があります。

デュラララ!!の人気のヒミツ②

ほ・ん・や・く!
デュラララ!!の作品レビュー②-多くの要素全てを綺麗にまとめ上げたサスペンス作品-
Durarara has everything you can possibly imagine:
Drama
Comedy
Romance
Blood
Action
School Life
Conspiracies
The Supernatural
Gang Wars
Sociopaths
and it’s all wrapped up in a neat little ribbon.

デュラララ!!には、考え得るもの全てが詰まっています。

ドラマ

コメディー

恋愛



アクション

学園生活

陰謀

超自然

暴力団の抗争

社会病質者


そして、これら全てが綺麗に小さくまとまっているのです。

If you haven’t watched it yet, just watch the first three epsidoes, if you are not hooked into the story by then you probably never will be. I say this because after the first episode I was like “what’s going on” and on the second episode I was all “oh I see now” but by the end of the third episode I was all like “holy sh*# so that’s what that meant!”


まだ見ていないようでしたら、初めの3エピソードを見て、それで引き込まれなければアニメ全体を通してそうなることはないでしょう。これを言うのが何故かというと、私の体験で、最初のエピソードでは「何が起こっているんだ」と感じ、第2エピソードでは「あー、そういうことか」となりましたが、第3エピソードでは「まじか。そういうことだったんだ!」となったからです。

Oh and just a heads up, the chat board that pops up from time to time each episode to provide seemingly random exposition, pay attention to it, you’ll find out it’s significance around episode 10.


あと、注意をしておくと、時々チャット画面として関係ないように見える情報が出ますが、ちゃんと見ておきましょう。この重要さは10話あたりで分かります。

Believe me it’s the best.

本当に、最高だと思います。

  • 多様な性質を持つキャラクター
  • 人気声優が多く出演
普通の高校生、首のないヒロイン、異能レベルに身体能力が高い借金取りなど、キャラクターが多いのも楽しめるポイントです。

しかもそれらのキャラクターの声を人気声優がやっているというのも、さらにこのアニメを面白くする要素の1つです。

ストーリーが進むにつれて、最初に感じたモヤモヤが解消されていくので、途中で辞めずに最後まで観ることをおすすめします。



5. モノノ怪

あらすじ

 モノノ怪を斬ることができる退魔の剣を携えて諸国を巡る薬売りの男がいる。薬売りは妖異が現れる場を訪れる。モノノ怪を成すのは、人の因果(えにし)。人の情念や怨念にあやかしが取りついたとき、モノノ怪となる。薬売りはモノノ怪のを明らかにし、退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年6月現在)

モノノ怪の評価ページ
(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

https://myanimelist.net/anime/21/One_Piece?q=One%20Piece

スコア:8.57/10.00

ランキング:24位

人気度:32位

メンバー数:561,940

モノノ怪の人気のヒミツ①

ほ・ん・や・く!
モノノ怪の作品レビュー①-日本の伝統描画手法をコンセプトに用いたミステリアス作品-

This is not your average anime, it has an art concept based and the ancient paints that Japan is famous for.

これは、平均的なアニメではなく、日本の有名な伝統描画手法をコンセプトとして用いています。

Mononoke follows a wandering, nameless character known only as the “Medicine Seller” (voiced by Takahiro Sakurai). The series is made up of individual chapters in which the medicine seller encounters, combats and subsequently destroys mononoke. The “mononoke” are a type of ayakashi, unnatural spirits that linger in the human world. The Medicine Seller always proceeds in the same manner, using his knowledge of the supernatural to fend off the mononoke until he can learn the spirit’s shape (Katachi), truth (Makoto) and reasoning (Kotowari).

「薬売り」 (櫻井孝宏が声優を担当) としか名を持たないキャラクターに付いていきます。シリーズは、薬の売り手が遭遇する出来事や戦闘、そしてモノノ怪退治という個々の章で構成されています。「モノノ怪」は、人間界に残るあやかし、そして不自然な霊の一種です。薬の売り手は、モノノ怪の超自然に関する知識を使って彼らをかわし、常にこの同じ方法で、その形 (かたち)、真理 (まこと) 、そして理 (ことわり) を明らかにしていきます。

The opening track is “Kagen no Tsuki” by Komatsu Ryouta and Charlie Kousei and the ending is “Natsu no Hana” by JUJU.

オープニングテーマは小松亮太とチャーリー・コーセーによる「下弦の月」、エンディングテーマはJUJUの「ナツノハナ」となっています。

In a personal note, the stories are more mysterious than scary, there was two stories that were actually kind of scary to me. It really deserves more recognition in the anime world.

個人的には、物語は怖いというよりかはミステリアスで、私が怖いと感じたエピソードは2つでした。この作品は、アニメ界の注目をもっと得るべきだと思います。

  • 浮世絵や歌舞伎のような世界観
  • 独特なセリフ回し、主人公の謎めいた雰囲気
江戸時代の日本のような、浮世絵や歌舞伎のような世界が舞台になっているのが特徴的です。

和紙に描いたような質感でカラフルな絵は、1シーンずつ切り取っても魅入ってしまうくらいに美しいと評判です。

セリフやシーンの「間」が大事にされていて、ふすまの開け閉めで場面が移り変わっていきます。

怪奇現象がもたらす緊張感と、独特なセリフ回し、主人公の謎めいた雰囲気、全てがこの独特な世界観にマッチしています。

モノノ怪の人気のヒミツ②

ほ・ん・や・く!
 モノノ怪の作品レビュー②-歯を向きだしてその場で震えるようなミステリー-

This show.

この作品。

This show, you guys.

この作品です、皆さん。

I don’t know if I can put together words for it. The animation is both intense and stagnant, the imagery both beautiful and horrifying. I’ve been watching anime for over 15 years now, and there is no anime like Mononoke. I would compare the main character, The Medicine Seller, to Mushishi’s main character Ginko, but the worlds they inhibit and mysteries they entangle are rather different…flavors. Where Mushishi give you a subtle but deep emotional type of chill, Mononoke bares its teeth and leaves you shaking in your seat.

ちゃんと言葉にできるか分かりません。アニメーションは強烈でありながら落ち着いていて、絵は美しいと同時に恐ろしさを兼ね備えています。アニメを見始めて15年強になりますが、モノノ怪のようなアニメには出会ったことがありません。モノノ怪の主人公の薬売りを、蟲の主人公であるギンコと比較してみても、それぞれが住む世界や遭遇するミステリーはむしろ違う…味を持っています。蟲が曖昧ながら深い感動を与えるタイプだとすると、モノノ怪は歯を向きだしてその場で震えるようなタイプの作品です。

You like voice actors? Even if you don’t, I can’t imagine anyone not enjoying The Medicine Seller’s dialogue, provided by veteran Sakurai Takahiro (Cloud in Final Fantasy: Advent Children, Polar Bear in Polar Bear Cafe, Ja’far in Magi).

声優はお好きですか?もし興味がなくても、ベテラン声優である櫻井孝宏 (ファイナルファンタジー:アドベントチルドレンのクラウド、しろくまカフェのしろくま、マギのジャファール) による薬売りの台詞は絶対に楽しめるはずです。

If you enjoy Mononoke, be sure to check out The Medicine Seller’s first story that started the series, “Ayakashi Samurai Tales: Bakeneko”.

モノノ怪を楽しめたようなら、薬売りの前編である「怪 〜ayakashi〜」の「化猫」も見ることをおすすめします。

  • 世の中のタブーを扱った抽象的で大人向けの内容
  • 視聴者を引き付け、集中して観ていられるストーリー展開
ストーリーは大きく5つ、どの話も世の中のタブーを扱い、抽象的で大人向けの内容になっています。

タイトルから怪談話がメインと思う人もいるようですが、実際には主人公がモノノ怪の正体を突き止めるまでの推理シーンがメインなので退屈しません。

万人受けするとは言えないかもしれませんが、感動シーンもあり、じっと集中して観ていられる大人のお伽噺です。



6. Another(アナザー)

あらすじ

1998年、春。父の不在や自身の病気療養のため、母の実家に身を寄せ夜見山北中学校に転入してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。彼は、クラスメイトで不思議な存在感を放つ少女・見崎鳴に惹かれる。だがクラスメイトの反応から、彼女は恒一には見えて、他のクラスメイトには見えていないのでは無いかと感じる。そんなある日、あるクラスメイトが凄惨な死を遂げ、3年3組が直面している現実を知らされるのであった。

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年6月現在)

Anotherの評価ページ
(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

https://myanimelist.net/anime/21/One_Piece?q=One%20Piece

スコア:8.57/10.00

ランキング:24位

人気度:32位

メンバー数:561,940

Anotherの人気のヒミツ①

ほ・ん・や・く!
Anotherの作品レビュー①-学生が毎年死ぬ呪いにまつわるホラー作品-
I usually love Japanese anime for their amazing story telling and visuals and Another is one more master piece. Horror anime are tough to make but if they can make u keep on guessing whats gonna happen next and when your are shown something totally unexpected your hooked. A bit slow at the start but picks up pace from the 3rd episode and waiting for each episode is a pain. Finished 9 episodes now and with only 3 episodes left i don’t know in which direction the story is going to go. For all horror or ghost story anime fans its a must watch. The basic premise is that a 9th grade class has a curse upon them in which students every year die. The main characters are trying to find out how the curse started and stop it before more of their friends die. I don’t want to reveal much, watch it for yourself and enjoy!!!!!!!!

私は物語の進め方やビジュアル面において日本のアニメが好きですが、この作品はそれらが素晴らしいです。ホラーアニメは作るのは難しいですが、次に起こるとことを視聴者に予測させ続け、それらを出し抜くことができれば人々を引き込むことができます。初めは展開が遅いですが、3話目からはペースが上がり、次のエピソードまで待つのが辛いです。今は9話目まで終わり、残り3話となりましたが、話がどのような方向になるのか想像つきません。ホラーやお化け好きのアニメファンは絶対見るべきです。大前提としてあるのが、9年生のクラスに学生が毎年死ぬ呪いがかかっているということです。主人公たちはこの呪いの原因を探し、他に友達が死なないように終わらせる方法を探していきます。あまりネタバレはしたくないので、自身で見てぜひ楽しんでください!!!!!!!!

  • 本格ミステリー作家の小説が原作
  • 格別なシナリオ構成と演出、緊張感
原作は本格ミステリー作家として有名な綾辻行人の同名作品です。

原作とストーリーは若干異なるようですが、そのシナリオ構成と演出、緊張感は格別です。

脇役キャラクターも印象に残るキャラが多く、この子は最後まで無事でいてほしい!と視聴者もついつい手に汗握りながら、応援したくなってしまいます。

Anotherの人気のヒミツ②

ほ・ん・や・く!
Anotherの作品レビュー②-不気味で身の毛がよだつようなホラー作品-

Brutal, bloody, at parts creepy, and parts chillingly gruesome, This anime sure did deliver on many scales. The characters kept you guessing; the endings were always a cliffhanger–thank goodness I started watching after the end of the series or I would have gone crazy for waiting after these cliffhangers–and just when you think you have it figured out: BAM! Plot curve-ball. A chilling experience that you shouldn’t watch at 3am like i did, that delivers thrills and never let’s you have a moment’s peace of mind–or does and then shreds it. A story that drags you helplessly behind wanting more, becoming more brutal and brutal with music that perfectly reflects and heightens the suspense: this is one not to skip!

残忍で、流血があり、たまに不気味で身の毛がよだつような作品ですが、このアニメは多様な面で超越しています。キャラクターは謎を残し、最後はいつも続きが気になる終わり方をします。シリーズが終わってから見始めて本当によかったです。でなければ、次の話が出るまでにくるっていたかもしれません。しかも、続きが予想できたと思った瞬間、バン!話の展開が予想もできない方向に行きます。夜中3時には見てはいけないほどゾッとするような経験が得られ、スリル満点で心の平和が訪れることはありません。あったとしても、すぐに砕かれます。次をもっと要求させるような話になっていて、毎回より残忍になり、音楽もこのサスペンスを完璧に反映し助長するものになっています。これは見逃してはいけません!

Unless dolls freak you out. Skip it then. Definitely.

人形が怖い場合は別です。その場合はやめましょう。絶対に。

  • ミステリー要素だけでなく、ホラー要素もあるストーリー
ミステリー要素だけでなく、ホラー要素もあるので「怖い!」と感じる方も多いようです。

でも、怖いからこそワクワクして止まらないストーリーが魅力的です。

どうなるか読めないストーリーに、BGMも怖さを引き立てています。

人が亡くなるシーンが多く、ホラーアニメが苦手という方は、夜に見ないことをおすすめします。




スポンサードリンク

メルマガ or LINE@登録で無料セミナーをプレゼント中!


メルマガ or LINE@に登録してくれた方に「翻訳で最短で年収1000万稼ぐ方法」動画セミナーを無料プレゼント!

●翻訳の仕事に興味がある
●英語を生かした仕事をしたいけどどうしたらよいかわからない
●副業でもっと収入を得たい方
●英語を生かして在宅ワークをしたい、フリーランスとして独立したい方
●老後の収入を得たい方(翻訳に年齢は関係ありません)
という方必見!

翻訳に英語力はそこまでは重要ではありません!
英語力はTOEIC600点くらいで十分です。
翻訳の仕事では他のスキルの方が重要です。

翻訳の仕事はどういうものか?
仕事を獲得するにはどうすればいいのか?
いくらくらい稼げるのか?
英語力以外に必要な翻訳のスキルって?

現役のプロの翻訳家のセミナーが無料で視聴できます!

※普段ご使用のメールアドレスを入力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です