海外で人気の日本アニメの海外の反応翻訳~ファンタジー編①~

スポンサードリンク

こんにちは。なんでも翻訳部。ののっちです。

海外情報をニーズに応じてなんでも翻訳しています。

日本のアニメはいまや世界中の人が視聴しており、外国人ファンの方も以前よりもいろいろな日本アニメを見るようになっています。

海外のファンも日本の最新の情報をインターネットですぐにキャッチし、流行を追っています。

現在では日本の放映と同時に海外配信するサイトもでき、外国人がよりアニメを気軽に楽しめるようになり、海外ファンも増加しているようです。

今回はそんな海外で評価の高い日本アニメに対する反応や記事を翻訳して、海外情報を織り交ぜながら「海外で評価の高い日本アニメ」についてシリーズ化して記事にしてみたいと思います。

ちなみに評価は以下のサイトを参考にしています。

今回の記事では特にファンタジー作品に焦点を当ててみたいと思います。

シリーズが多いのでファンタジー作品について4記事にわけて記事にしています。

1記事目:(この記事)

2記事目:Coming Soon…

3記事目:Coming Soon…

4記事目:Coming Soon…

インターネットの発達によって海外にわたった日本のアニメが海外でも評価され、幅広いファン層が確立されつつあります。

そうした日本アニメが海外でどのように評価されているか、海外ファンの反応はどうなっているのか気になっている方のために反応をまとめて記事にしました。

目次から自分が気になる作品について特に重点的に読んでいただいて、海外で人気の日本アニメに対する海外の反応がどうなっているのかつかんでいただけたらな、と思います。

※作品のネタバレは含まないように記事を書いていますので安心してお読みください。

1. 進撃の巨人

あらすじ

圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーバトル漫画。2009年9月9日に講談社の少年マガジン編集部から発行が開始された『別冊少年マガジン』10月号(創刊号)で連載を開始。新人作家の初連載作品であるにもかかわらず2011年には第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞するなど、各方面から高い評価を受けた。

本作の世界観はダーク・ファンタジー的な要素が強く、少年漫画としては残酷な描写も多く描かれている(人間達が巨人に襲撃・捕食されるシーンや、身体が損壊するシーンなど)。作者によると、出版サイドからは「人体の断面を描いてはいけない」という程度の表現規制しか受けていないという。

2013年にはテレビアニメ化が発表され、第1期が4月から9月まで各局で放送された。また、2015年には実写映画化された。この他、ライトノベル化やゲーム化も行なわれている。このように本作は2011年頃より様々なメディアミックス展開が採られているが、作者は「読者に媚びることは、読者を裏切ることと等しい」という考えの下、「舞台などの謎が明かされた時が物語の終わる時」としている。また、2016年にはテレビアニメ第2期の制作が発表され、2017年4月1日から放送が始まった。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E6%92%83%E3%81%AE%E5%B7%A8%E4%BA%BA#.E6.A6.82.E8.A6.81

スポンサードリンク

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年7月現在)

My Anime List

MyAnimeList.netとは、アメリカ合衆国の大手アニメ・漫画紹介サイトである。

概要

サイトは英語で構成されており、アメリカ合衆国のみでなく英語を使用する多様な国のユーザーによって利用されている。放映中のアニメや連載中の漫画を主体としているが、サイト設立以前に放映された過去の作品まで遡って紹介している。コンテンツは各作品についてのあらすじ・主要登場人物やスタッフ・キャストなど作品に関する基本情報の提供や、個々のタイトルについてユーザーが行ったレーティング付き紹介文の掲載、話別の感想・ディスカッションなど。

海外の日本アニメ関連サイトとしては最大規模のものの一つで、月当り約1億3000万PV、ユニークアクセス数約1000万を謳っている。集計したスコアや会員の動向を元に掲載したランキングは海外で人気ある作品の傾向を知る上で一定の目安になる。また集積されたユーザーレビューに対しても投票が行われるなど、日本の各アニメ・漫画作品に対する海外視聴者の反応や感想・意見などを調べるのに大変便利なサイトである。

MyAnimeListは2015年1月に米国のEvolveMediaグループ傘下のCraveOnlineMediaがDeNAグループに事業譲渡し、以降は同グループの米国子会社となったMyAnimeList, LLCが運営している。また同サイトではこれを受けて同年7月からアニメ動画の提供を株式会社アニメコンソーシアムジャパンが運営するサイトDAISUKI.netを通じ行っている。

出典:http://dic.nicovideo.jp/a/myanimelist.net

進撃の巨人の評価ページ

(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

シーズン1:

https://myanimelist.net/anime/16498/Shingeki_no_Kyojin

スコア:8.52/10.00

ランキング:95位

人気度:2位

メンバー数: 1,093,534

シーズン2:

https://myanimelist.net/anime/25777/Shingeki_no_Kyojin_Season_2

スコア:8.57/10.00

ランキング:72位

人気度:72位

メンバー数:427,199

進撃の巨人の人気のヒミツ①


ほ・ん・や・く!

進撃の巨人の作品レビュー①-斬新なコンセプトと第一話目で釘付けになるストーリー-

I’ve seen all kinds of animes, mostly adult ones because usually they have a better story then kid shows, and I had nothing left to watch so i googled 2013 animes and this one seemed slightly interesting, watched a trailer first and didn’t like the trailer, watched the 1st episode and I was hooked, watched the 2nd and i was totally hooked, watched the 3rd and it blew my mind, now I will have to wait every week for an episode daaamn, the first 3 episodes of this anime prove that this anime will be an awesome one, you can foretell that by watching how the first episodes is building up this hype-level of an awesome story which started out sad and is going to become epic and bloody. The concept is unique and I like it. Humans who live inside 50 meters high walls to protect themselves from titans (giants), Eren the main character feels unpleasant about it compared to everybody else because that’s not really true freedom for a human to be “livestock” inside walls, waiting to get eaten by titans. One day, and that would be the day they would all remember for eternity, the day when first wall fell and hell broke loose, this is where the story starts. And it just gets better and better! There’s a lot of emotional and bloody scenes which usually makes up for a good story. You know those animes that catch your eyes on the first episode, this is one of them.

私はこれまであらゆる種類のアニメを、主に大人向けのものを見てきました。大人向けのアニメは通常、子供向けのものよりもストーリーがよくできているからです。何も見るものがなくなったので、2013年のアニメをグーグル検索したところ、このアニメがちょっと面白そうに思えました。最初に予告編を見ましたが気に入りませんでした。第1話を見て興味を惹かれ、第2話を見て完全にハマりました。第3話を見て衝撃を受け、これからは毎週新しい回を待たなければならなくなるのがとても残念です。この最初の3話は、このアニメがすばらしいものになることを証明しています。第1話のストーリーの盛り上げ方を見れば、始まりは悲劇的で、その後に斬新(epic)な血で血を洗う展開が待っている、すばらしいストーリーがそこにあることを予見することができます。このコンセプトは他に類を見ないもので、私はそこが気に入りました。人間たちは巨人たちから身を守るため、高さ50メートルの壁の中に住んでおり、主人公エレンは他の誰よりもそのことを不快に思っています。なぜなら壁の中で巨人に食べられる日を待つ「家畜」として生きることは、人間にとって真の自由とは言えないからです。ある日、そしてその日は全員が永遠に忘れないであろう日に、第1の壁が破られ、地獄のような大混乱が生じました。ストーリーはそこから始まります。そしてどんどん面白さは増すばかりです! 良質なストーリーにはたいていつきものである、感情に訴えかける血にまみれたシーンが多くあります。第1話で目を釘付けにするアニメというものがあるのをご存じだと思いますが、これはその中の1つです。

出典:http://www.imdb.com/title/tt2560140/reviews?ref_=tt_ov_rt

  • 今までにないコンセプト
  • 第1話目で視聴者を釘付けにするストーリー展開
「巨大な壁の中に取り囲まれた人類が巨人に食い殺される」というこれまでになかったコンセプトが海外ファンをうならせています。

主人公たちはそうした壁の中に捕らわれた状態から自由を手に入れるために巨人と戦います。

そうした斬新な設定からか、1話目から釘付けになり、その後も見続けてしまうというレビューが多かったです。

第1話目のインパクトが相当すごかったのか、1話を見た後にすぐレビューを書いている海外ファンが多く見られました。

「人間が巨人に食い殺される」というビジュアル面のインパクトもさることながら、ストーリーも回を増すごとに深みや面白さを増していきます。

進撃の巨人の人気のヒミツ②


ほ・ん・や・く!

進撃の巨人の作品レビュー①-どんでん返しのある緊迫したストーリー展開-

Well I’ve read the manga a while ago, but never did I think it would get an anime adaptation this awesome.

ちょっと前に漫画の方を読みましたが、これほどすばらしくアニメ化されるとは思ってもいませんでした。

Story 10/10: Although it does have a few cliches seen in many shonen, it is otherwise completely original, suspenseful and will have you on the edge of your seat every episode. Assuming the anime follows the manga faithfully, you are all in for many incredible twists!!!! Look forward for it, I can’t wait.

ストーリー 10点中10点: 少年漫画にありがちな展開はいくつか見られるものの、それ以外は完全に独自性のあるストーリーで、緊張感に溢れており、毎回ハラハラさせられます。漫画に忠実な展開となるのであれば、数々のものすごいどんでん返しがあることを覚悟しておいてください!!!! 待ちきれないほど楽しみにしています。

Characters 10/10: Although only 2 episodes have been released, the character development is incredible. The 3 main characters should and most likely will be fleshed out wonderfully in the anime (if going by the manga), their back-stories are quite good/surprising/original.

キャラクター 10点中10点: まだ2話しか放送されていませんが、キャラクターの掘り下げはすばらしいものがあります。3人のメインキャラクターたちはアニメ化にあたってすばらしい肉付けがなされるべきで、おそらくはそうされることでしょう (もし漫画通りに展開するならば)。彼らの過去のストーリーはかなり良質で、驚きに満ちており、他に類を見ないものです

Animation 10/10: What more is there to say?

アニメーション 10点中10点: 他に何を言うことがあるでしょうか?

Overall: This anime will most likely be the best of the season, it certainly had the best first episode of any anime I’ve watched, and there’s no doubt production values will be on the high side. Here’s hoping for another season after the first 25 episodes! Enjoy watching, it won’t disappoint.

全体: このアニメはおそらく今季最高のアニメとなるでしょう。このアニメの第1話は、今まで見たアニメの中で最高の第1話でした。制作価値が高いことに疑いの余地はありません。最初の25話が終わった後、第2期があることを願っています! どうぞ楽しんでご覧ください、がっかりさせられることはありませんよ。

出典:http://www.imdb.com/title/tt2560140/reviews?ref_=tt_ov_rt

  • ハラハラする緊迫したストーリー展開
  • 過去をうまく描いた素晴らしいキャラクター描写
壁の中で巨人におびえながら暮らす人類がどんどん巨人に食い殺されていくという緊迫感ある設定は多くの海外ファンの関心を集めています。

ストーリーでは意外な事実がどんどん明らかになっていくどんでん返しの展開があります。

そうしたどんでん返しの展開にファンは度肝を抜かれたり、予想を裏切られたりしてハラハラ興奮しながらストーリーに見入ってしまうようです。

キャラクター描写も優れており、メインの3人の主人公にはそれぞれ役割が与えられています。

それぞれのキャラクターの過去の描写を効果的にはさむことによってキャラクターの言動に説得力を持たせています

また、アニメーションが非常に優れているというレビューが多数寄せられていました。

人間が巨人と戦うときに使う「立体機動装置」のアクションシーンも立体的なカメラワークとスピード感がアニメで非常に上手く表現されており、海外ファンも驚いているようでした。

立体機動装置

(画像出典:http://www.oricon.co.jp/photo/1182/97552/)





2. CLAYMORE(クレイモア)

あらすじ

半妖を題材としたダーク・ファンタジー。人間を捕食する人外の魔物「妖魔」と、妖魔を倒すために生み出された半人半妖の女戦士「クレイモア」の存在する中世ヨーロッパ的な世界を舞台に、道程を共にする少年との絆や宿敵の打倒のために生きる主人公クレアを中心に、半人半妖の身であるが故の過酷な宿命を背負いながらも己の信念や目的のために戦い続ける女戦士達の姿を描いている。

なお、「クレイモア」とはスコットランドで用いられた大剣の名称で、半人半妖の女戦士達は一様に大剣=クレイモアを武器として用いるため、作中の世界でクレイモアと呼ばれている。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/CLAYMORE#.E6.A6.82.E8.A6.81

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年7月現在)

My Anime List

CLAYMOREの評価ページ

(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

https://myanimelist.net/anime/1818/Claymore

スコア:7.90/10.00

ランキング:668位

人気度:103位

メンバー数: 356,249

CLAYMOREの人気のヒミツ①


ほ・ん・や・く!

CLAYMOREの作品レビュー①-卓越したキャラクター描写とアクションによる感動&エンターテインメント作品-

This TV show, Claymore in English, is a great show that many should watch for its entertaining and compelling content. It is set in a medieval world where humans co-exist with bloodthirsty yoma (demons). The only way to stop these monsters is to call upon the fearful half-yoma/half-human women warriors named after their main weapon: the Claymore. This show follows the story of one Claymore, Clare, as she slays demons with a young human boy, Raki, that lost his family to the yoma. This is not just any “monster of the week” type of show: character development is a key part of the story and it gets more and more interesting with every episode. This is still a good show to watch for those not that familiar with the Japanese Anime genre. Even though I am not an anime fan, I can still say that it is one of my favorite TV series if not the best. This anime series is definitely not fun and fuzzy like Pokemon or Inuyasha, nor is it full of filler episodes like Dragonball Z where its takes a whole day to watch somebody go super quadruple invincible God Mode. There is action in every episode and you will not be disappointed. Be careful, there is a lot of blood and gore present in the series: it is not a show for the faint-hearted.

この英語版クレイモアというテレビ番組は、エンターテイニングで感動させる内容を持っており、多くの人が見るべきすばらしい作品です。舞台は人間が血に飢えた妖魔と共存する中世の世界で、これらのモンスターを止める唯一の方法は、彼女らが使用するメイン武器:クレイモアにちなんで名付けられた、恐ろしい半人半妖の女戦士を呼び寄せることです。この作品はクレアという1人のクレイモアが、妖魔に家族を殺された年若い人間の少年ラキと共に妖魔を倒して行く物語を追って展開していきます。これはよくある「今週のモンスター」というタイプの作品ではありません。キャラクターの掘り下げはストーリーの主要な部分を占めており、話数が進むごとにどんどん面白さを増していきます。日本のアニメというジャンルになじみのない人々にとっても面白く見られる作品です。私はアニメファンではありませんが、これは1番好きな作品であるとは言えないにしても、お気に入りのテレビ番組の1つには数えられます。このアニメシリーズは断じてポケモンや犬夜叉のように楽しくほんわかしたものではなく、ドラゴンボールZのように誰かがスーパー4倍無敵ゴッドモードになるのを見るのに1日かかるような引き伸ばしばかりのものでもありません。各話にアクションがあり、がっかりさせられることはないでしょう。シリーズを通して流血や残酷なシーンが多く見られますのでご注意ください。心臓の弱い方向けの作品ではありません。

出典:http://www.imdb.com/title/tt0985344/reviews?ref_=tt_ql_3

  • キャラクター描写(感動)とアクション(エンターテインメント)の両方の内容を備える
  • 作りこまれた設定と世界観
キャラクター描写(感動)とアクションシーン(エンターテインメント)の両方を提供し、視聴者を飽きさせないのが海外でも人気のヒミツのようです。

ストーリーを通してメインキャラクターの成長や人柄の描写を通して感動するストーリーを提供します。

主人公は最初は冷たいクールな印象ですが、少年と旅をする中で人間味のある一面をのぞかせていきます。

また、全てのエピソードにアクションシーンがあり、エンターテインメントも提供しています。

アクションシーンでの妖魔の表情の恐ろしさや血しぶきの上がる残酷でハードな描写が海外の視聴者をひきつけているようです。

妖魔などの設定や世界観が作りこまれているところも海外ファンから魅力的に映っているようです。

CLAYMOREの人気のヒミツ②


ほ・ん・や・く!

CLAYMOREの作品レビュー②-アクション満載の激しいバトルシーン-

Claymore is a action packed anime. The series follows Claire, a Claymore who quests with a young boy named raki. Claymores have an organization, to kill off monsters and protect monsters. Watch Claire as she is assigned different tasks, and follow her through her epic battles with her claymore ( sword)

クレイモアはアクション満載のアニメです。このシリーズはクレアというクレイモアがラキという少年と共に冒険をするのを追って展開します。クレイモアはモンスターを討伐したり守ったりするために組織を作っています。さまざまな課題を任命され、クレイモア (剣) を振るって伝説的な戦いの数々をくぐり抜けていくクレアの姿を見守り、追っていきましょう。

The storyline is great, it flows really nicely.
Music is appropiate for the scenes that have it
Each main character has a story, side characters all have there own abilities.
Animation is great, intense fighting scenes and no parts where the anime seems “frozen”
Overall Claymore is a great 26 episodes of fun. You would like it if you watched it.

ストーリー展開はすばらしく、本当にうまく流れていきます。
音楽はその音楽が流れるシーンに合っています。
メインキャラクターのそれぞれが物語を持っており、サイドキャラクターは皆、自分だけの能力を持っています。
アニメーションはすばらしいもので、バトルシーンは激しく、「止まっている」場面はありません。
全体として、クレイモアは全26話のすばらしく面白いアニメです。見ればきっと好きになるでしょう。

出典:http://www.crunchyroll.com/library/Claymore#s=/library/Claymore/reviews

  • ストーリー展開がスムーズ
  • アクション満載の激しいバトルシーン
ストーリー展開がスムーズでテンポ良くスイスイ進むので海外の視聴者も飽きずにストーリーに入り込めるようです。

優れたアニメーションによるアクションが満載でバトルシーンは緊迫感や迫力があるというレビューが多く寄せられていました。

バトルシーンのアニメーションは非常になめらかに激しく動き、中世ダークファンタジーのソードアクションが楽しめます。

それぞれのキャラクター(クレイモア)には独自の能力があり、バトルを多彩にしてさらに盛り上げています。




3. Fate/Zero

あらすじ

日本の地方都市・冬木市では、7人の魔術師マスターが、伝説上の人物(英霊)を使い魔サーヴァントとして召喚し相争う「聖杯戦争」が繰り返されてきた。聖杯には、戦いの勝者の願望を叶える万能の力があるとされ、これまで三度の聖杯戦争が行われてきたが、聖杯の力を行使できた者はなかった。

1990年代のある年の秋、四度目の聖杯戦争が始まる。主人公・衛宮切嗣は、名家アインツベルンの委嘱を受け、セイバーのサーヴァントを召喚し、妻のアイリスフィール・フォン・アインツベルン、従者の久宇舞弥とともに聖杯戦争に身を投じる。切嗣は聖杯の万能の力によって世界平和を実現するため、非情に徹する覚悟で臨む。切嗣のほかには、魔術の総本山である英国から2人の魔術師ケイネス・エルメロイ・アーチボルトウェイバー・ベルベットがそれぞれランサーとライダーを、冬木からは遠坂時臣とその弟子・言峰綺礼がそれぞれアーチャーとアサシンを、間桐雁夜がバーサーカーを召喚して参戦する。最後のサーヴァントであるキャスターは連続殺人犯の雨生龍之介によって偶然に召喚される。

切嗣はセイバーとアイリスフィールを陽動の為のおとりとして扱い、銃火器による隠密戦で他のマスターを暗殺することをもくろむ。正々堂々をよしとするセイバーと手段を選ばない切嗣は互いに不信感を募らせながらもキャスターランサーを破る。一方、遠坂の陣営ではアサシンを失った綺礼がアーチャーの教唆により時臣を裏切って殺害し、アーチャーと再契約する。綺礼は雁夜と組んで聖杯の器であったアイリスフィールを強奪し、舞弥は抗戦のすえ倒れる。

ライダーはアーチャーの前に敗れ去り、バーサーカーもセイバーとの激戦の末に退場する。残ったマスター同士の対決において切嗣は綺礼を倒し、聖杯を手にする資格を得る。しかし土壇場で切嗣は、聖杯が望みを暴力的にしか実現出来ず、世界平和を人類の絶滅によって実現してしまうことを悟り、セイバーに強いて聖杯を破壊させる。壊れた聖杯からは泥があふれ出し、冬木市街を破壊して大火災を引き起こす。セイバーもまた、聖杯の正体を理解せず切嗣の真意を知ることもなく消滅する。

全てを失った切嗣は、火災から救出した少年・士郎を養子として冬木に隠棲しひっそりと衰弱していく。一方、綺礼とアーチャーは聖杯からあふれた泥によって蘇る。聖杯を逃したアインツベルン・遠坂・間桐の三家は次の機会を切望し、すべての禍根と因縁は第五次聖杯戦争につながっていくことになる。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/Fate/Zero#.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.BC.E3.83.AA.E3.83.BC

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年7月現在)

My Anime List

Fate/Zeroの評価ページ

(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

https://myanimelist.net/anime/10087/Fate_Zero

スコア:8.48/10.00

ランキング:107位

人気度:39位

メンバー数:546,348

Fate/Zeroの人気のヒミツ①


ほ・ん・や・く!

Fate/Zeroの作品レビュー①-ギャグシーンをはさみながら進行する深みのあるストーリー-

As an on the go anime fan, this series is amazing so far. Acting as a prequel to the amusing Fate/Stay Night series, this show is AWESOME.

熱心なアニメファンとして、このシリーズは今のところすばらしいと言えます。この作品は面白いFate/Stay Nightシリーズの前日譚であり、最高の作品です。

For those who haven’t seen Fate/Stay night yet, and are watching this series, be patient. I made the mistake of finishing the Fate/Stay series straight after watching the first few episodes, and there are a hell lot of spoilers. For those who’ve seen Night, and you want to know how it started, this prequel is on a whole different level from the fun and interesting Night. The animation is strong, the characters deep and interesting, the plot thick and tied down, and most importantly weird and random comic scenes are placed in a way that make watching this show even more enjoyable.

Fate/Stay nightをまだ見たことがなくて、このシリーズを見ている人々へ。辛抱強く我慢してください。私は最初の数話を見た後すぐにFate/Stayシリーズをすべて見てしまいましたが、それは間違いでした。そこには死ぬほどたくさんのネタバレがありました。Nightを見たことがあり、それがどのように始まったのかを知りたい人へ。この前日譚は、楽しく面白いNightとはまったく異なるレベルのものです。アニメーションは力強く、キャラクターは深みがあり興味をそそり、ストーリーは濃くしっかりしています。そして最も重要なことですが、風変わりなギャグシーンの数々が、この作品を見るのがより楽しくなるような形でランダムに散りばめられています。

So in a nutshell, this can easily go up on your list as one of your favorite anime so far, and if you watch this show I know that you’ll find this a fun and enjoyable experience.

かいつまんで言うと、このアニメはあなたのアニメランキングを駆け上り、現時点まででのお気に入りアニメの1つとなる可能性が十分にあります。この作品を見れば、楽しく面白い経験と感じるに違いありません。

出典:http://www.imdb.com/title/tt2051178/reviews?ref_=tt_ov_rt

  • Fate/Stay Nightシリーズの前日譚
  • ギャグシーンを適度にはさみながら進行するストーリー
大人気のFateシリーズの前日譚で、時系列的には「Apocrypha」「Zero」「stay night」「EXTRA(別世界設定)」という順番です。

ネタバレがあるので時系列の最初から見た方がより作品を楽しめるようです。

しかし、設定的にはつながっているためZeroよりもStay NightやUBWを先に見ても楽しめるようになっています。

全体的にダークなストーリーですが、ところどころにギャグをはさみ暗くなりすぎないようにテンポをうまく調整してストーリーを展開して視聴者を飽きさせない工夫がされています。

Fate/Zeroの人気のヒミツ②


ほ・ん・や・く!

Fate/Zeroの作品レビュー②-感情を生々しく表現するダークなストーリー-

Without a doubt, this was one of the best animes I have ever seen. The animation was excellent. The story was gripping, compelling, and dark. I couldn’t tear myself away from it. It made me laugh and it made me cry.

間違いなく、これは私が今までに見たアニメの中で最高のものの1つです。アニメーションは非常に優れており、ストーリーは見る者の心をつかみ、説得力があり、ダークな雰囲気を持っています。見始めたらやめることはできませんでした。このアニメは私を笑わせ、また涙させました。

Yes, this story is very dark and depressing and definitely not suited for everyone, but I think that’s what draws so many people to it. It’s raw use of emotion pulls the watcher in and, I think, is why this show is outstanding.

確かにこのストーリーは非常にダークで気を重くさせるものであり、誰にでもふさわしいとは決して言えませんが、私が思うに多くの人々はそこに惹きつけられたのだと思います。その感情の生々しい表現が見る者を引き込み、だからこそこの作品は他を圧倒しているのだと私は思います。

The characters are all very well written, as are their lines throughout the show. It’s hard to pick a character to root for, since [almost] all of them appeal to you in some way. I honestly cannot think of anyway this show could have improved. It exceeded my expectations all the way to the very end.

キャラクターとそのセリフは作品全体を通してすべて非常にうまく描かれています。(ほぼ)すべてのキャラクターが何らかの魅力を持っているので、誰を応援するか選ぶのは難しいことです。正直に言って、この作品をこれ以上よくする方法は思いつきません。最後の最後まで、私の期待を超える作品でした。

出典:http://www.crunchyroll.com/fatezero/reviews

  • 感情の生々しい表現に引き込まれるダークなストーリー
  • 流れるような優れたアニメーション
非常にダークなストーリーで、キャラクターの感情が生々しく表現されています。

キャラクター同士のバトルロワイアルでストーリーが展開し、シリアスなシーンでキャラクターの生々しい感情表現により視聴者を圧倒します。

アニメーションの作画が驚くほど優れている、というレビューが多く寄せられていました。

流れるような優れたアニメーション作画による圧巻のバトルシーンが海外ファンをひきつけているようです。

圧倒的な映像クオリティと、息もつかせぬストーリー展開で最後まで一気に観てしまう海外ファンも多いようです。




4. Fate/Stay Night: Unlimited Blade Works

あらすじ

Fate/stay night

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。

遠坂凛は、前回の聖杯戦争で命を落とした父の遺志を継ぎ、聖杯戦争に挑もうとしていた。凛はサーヴァントの召喚を万全の状態で行おうとしたものの、家の時計がずれていた事を忘れていたために、サーヴァントは別の部屋に召喚されてしまい、その部屋へ駆け付けるとそこには瓦礫がれきの上にふんぞり返る男がいた。彼は凛のサーヴァントであるにも関わらず、凛の言うことを聞かずに挑発する態度を取ったため、業を煮やした凛は令呪を使って言うことを聞かせるという暴挙に出てしまう。その効果は薄かったものの、彼は凛を認め自身のクラスはアーチャーだと答える。その後、学校に結界が張られていることに気付き、学生の居ない夜間に調査を開始するが、そこに敵のサーヴァント・ランサーの妨害が入り戦うこととなる。アーチャーは弓ではなく双剣で対抗し緊迫した雰囲気になるが、この戦いを学生に目撃された事により、ランサーが口封じのためにその学生を殺害する。これにより、この戦いは流れランサーに殺害された学生を凛が確認すると、その学生は凛の顔見知り・衛宮士郎だった。凛は、士郎に出来る限りの蘇生を施してその場を後にするが、ランサーが見逃すハズは無いだろうと士郎の家に向かうも、そこで新たに現れたサーヴァントに奇襲されたアーチャーが倒れ、見えない武器を突き立てられる。そのサーヴァントは小柄な金髪の少女で、凛が真に望んでいたサーヴァント・セイバーだった。

士郎は10年前(1994年)に起きた冬木大災害の生き残りで、半人前の魔術師として暮らしていた。高校生になっていた士郎はある日、夜の学校で偶然にもアーチャーとランサーによるサーヴァント戦を目撃したことから、ランサーに殺されてしまう。しかし、直後に凛によって蘇生の魔術を施され自宅へ帰っていたが、自宅へやって来たランサーに驚き庭にある蔵へ逃げ込むも、ランサーに追い詰められる。その時、蔵の床に描かれていた魔法陣によって、偶然にもサーヴァントの1人・セイバーが召喚され、士郎自身も聖杯戦争に巻き込まれることとなる。亡き養父・衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを自発的に決意する。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/Fate/stay_night#Unlimited_Blade_Works

 

Unlimited Blade Works

紆余曲折の末、凛やアーチャーと同盟を結ぶことになった士郎とセイバーだったが、士郎はアーチャーと反りが会わず、アーチャーからも 「理想を抱いて溺死しろ」とまで告げられる。それでも士郎は何故かアーチャーの刀や剣技に惹かれていくのだった。

冬木市内で魔力を集めるために暗躍するキャスターは士郎を柳洞寺におびき出して自分と手を組むよう迫るが、士郎は乗り込んできたアーチャーとセイバーに救われる。その際、柳洞寺の山門の守護にあたっていたアサシンは実はキャスターの傘下にあったことが判明する。さらに士郎と凛は学校に張られた結界の対応にあたるが、結局結界は発動し、その後の戦闘の中で結界を張っていたライダーが何者かに敗れて脱落する。キャスターのマスターは実は凛の担任教諭・葛木宗一郎であり、ライダーをたおしたのは彼だった。キャスターの策略によりセイバーと士郎との契約は断たれ、セイバーの令呪はキャスターに奪われてしまう。サーヴァントを失った士郎だったが、なおも単身で聖杯戦争を続行する。

続いてアーチャーが離反してキャスターに与し、孤立した凛は士郎と行動を共にして打開策を練る。同盟相手を模索してアインツベルンの城を訪れるが、そこで士郎たちはバーサーカーが間桐慎二率いるギルガメッシュに敗れ、イリヤスフィールも心臓を抉られて殺害されるという場面に遭遇する。途方に暮れる2人だったが、ランサーの協力を得たことで再びキャスターに挑む。苦戦を強いられる士郎たちだったが、裏切ったアーチャーによってキャスターと葛木は倒される。しかしアーチャーは凛の元へは戻らず、士郎にその刃を向ける。そこでアーチャーの目的が士郎の殺害であるということが判明する。そこで凛は救出されたセイバーと再契約して危機を脱するが、アーチャーの宝具と言わしめる魔術固有結界「無限の剣製(アンリミテッド・ブレードワークス)」を見せつけられ、決闘を条件として凛をさらわれてしまう。

アインツベルンの城で、アーチャーの正体が未来において英雄になった衛宮士郎その人であること、またその末路を聞かされ、お前の理想は間違いだったと告げられるが、士郎はそれを否定し対決する。一方で拘束されていた凛はランサーによって救出されるが、ランサーはマスターである言峰と相打ちになって果てる。未来の自分の姿であるアーチャーに士郎は苦戦し、またアーチャーは士郎の理想を衛宮切嗣の借り物にすぎないと否定して士郎を追い詰めるものの、士郎もまたその理想が間違いではないという信念を貫く。その様を見たアーチャーはかつての自分を思い出して次第に手が止まり、最後は士郎を認め敗北する。そして終結の最中に突如として現れたギルガメッシュの攻撃から士郎をかばい「お前が倒せ」と言い残してアーチャーは消える。

柳洞寺にてギルガメッシュは聖杯の器であるイリヤスフィールの心臓を慎二に埋め込んだ不完全な聖杯、アヴェンジャーを現界させる。士郎と凛は聖杯のもとへ、セイバーはギルガメッシュのもとへと二手に別れて向かうが、士郎達の前にギルガメッシュが現れ、セイバーはなおも山門を守護していたアサシンに阻まれる。凛は慎二の救出へと走り、そして士郎はギルガメッシュと対峙たいじする。ギルガメッシュの圧倒的な力に劣勢を強いられる士郎であったが、アーチャーの固有結界である「無限の剣製」を自身の手で発動させたことによって形勢を逆転させ、ギルガメッシュを追い詰める。一方、凛は消滅を免れていたアーチャーの援護もあり、聖杯の核となっていた慎二の救出に成功し、アサシンを破ったセイバーの宝具によって聖杯も破壊された。核を失った聖杯は、士郎と交戦中だったギルガメッシュを新たな核として取り込もうとするが失敗し、ギルガメッシュを巻き込んで消滅する。そしてアーチャーは凛に士郎の後事を託し、満足しながら消滅する。

その後、日常に戻った士郎は理想の自分と対峙したことを感慨深く振り返り、理想を追い求める決意を固める。そして、アーチャーもまたかつての自分と対峙したことを抱きつつ、正義の味方になることを誓った切嗣との思い出の光景を浮かべながら、「それでも―俺は、間違えてなどいなかった―」と口にし、自分を受け入れていくのだった。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/Fate/stay_night#Unlimited_Blade_Works

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年7月現在)

My Anime List

Fate/Stay Night: Unlimited Blade Worksの評価ページ

(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

https://myanimelist.net/anime/22297/Fate_stay_night__Unlimited_Blade_Works

スコア:8.38/10.00

ランキング:164位

人気度:120位

メンバー数:333,673

Fate/Stay Night: Unlimited Blade Worksの人気のヒミツ①


ほ・ん・や・く!

Fate/Stay Night: Unlimited Blade Worksの作品レビュー①-Fate/Zeroから続くメッセージ性のあるストーリープロット-

This is the best anime I have ever seen, not hyping. If you are here for the plot and especially the dialogue writing this is your show. I just watched season 2 episode 6 ans I cried, I never cry but this episode was so awesome, the depth is too much. I am a story, plot kind of guy and mostly fast forward the action scenes but I never once fast forwarded it because it is that good. Highly recommended I would say. I am not giving much about the plot because just watch it you are here for fan service then avoid this show. Watch fate zero before watching this, watch fate stay night and later watch this, there is a unlimited blade works movie avoid it, don’t watch it because it is based on this show with lots of shortcuts.

これは私が今まで見た中で最高のアニメです。興奮にまかせて言っているわけではありません。あなたがストーリー性、特に対話形式のものを求めているなら、この作品はあなたのためのものです。私はちょうど第2期の第6話を見終えたところですが、泣いてしまいました。私は普段泣くことはないのですが、この回はとてもすばらしく、あまりにも深みのあるものでした。私はストーリーや筋書きを重視する人間で、アクションシーンはほとんど早送りするのですが、この番組では一度も早送りしたことがありません。それくらい出来がいいからです。強くおすすめします。ストーリーについてはあまり詳しく言うつもりはありません。ただ見てください。サービスシーンを求めている人は見ない方がいいです。fate zeroを見た後、fate stay nightを見てからこれを見てください。unlimited blade worksの映画もありますがそれは見ないように。映画はつまるところ、この作品を元に、たくさんの場面を削ったものだからです。

出典:http://www.imdb.com/title/tt3621796/reviews?ref_=tt_ov_rt

  • Fate/Zeroから続くストーリー性の高いプロット
  • 迫力のアクションシーン
大人気のFateシリーズの続編(オリジナルストーリー編)です。

Fate/Zero→Fate/Stay Night→Fate/Stay Night: Unlimited Blade Worksの順で見るのが一番物語を追いやすいようです。

バトルシーンは映画で見てもおかしくないようなクオリティで海外の視聴者も驚いているようでした。

戦闘シーンのあまりの素晴らしさに何度も見てしまうというレビューが多く見られました。

ストーリーにはメッセージ性があり、正義の味方とは一体何なのか?そんな人は本当に実在するのか?ということを主人公のストーリーを追いながら投げかけます。

Fate/Stay Night: Unlimited Blade Worksの人気のヒミツ②

ほ・ん・や・く!

Fate/Stay Night: Unlimited Blade Worksの作品レビュー②-ファン待望のオリジナルに即したFate/stay nightのアニメ化-

Fate/stay night: Unlimited Blade Works (TV) is the most misleading anime since Higurashi no Naku Koro Ni, but instead of pretending to be a moe slice of life, it pretends to be a generic shounen. If you’ve only seen Fate/zero so far then you’re most likely to be mislead and be disappointed, if you’ve read the visual novel then you’re probably one of the many people who praise it like it’s the second coming of Christ.

Fate/stay night: Unlimited Blade Works (TV) はひぐらしのなく頃に以来、最もミスリードのあるアニメです。ひぐらしは萌え日常アニメの仮面をかぶっていましたが、この作品はよくある少年漫画の仮面をかぶっています。これまでFate/zeroしか見たことがない人はきっと、ミスリードされてがっかりすることとなるでしょう。ゲームをやったことがある人はおそらく、キリストの再来とばかりにこの作品を褒め称える多くの人々の一員となるでしょう。

Cutting to the chase, this adaption of Fate/stay night is finally a faithful one, which is to ‘ve expected from studio Ufotable. The dialogue has many hints about the protagonist’s true worldviews as well as other characters such as Archer. The story has a good pace that allows the viewer to question many things about, such as: why didn’t Archer immediately attack Lancer when Rin was “in danger”, how Archer know Saber from his past?, why does Saber not act as mature as she did in Fate/zero? why are there two of Rin’s jewel that she used to save Shirou? why does Archer’s ideals resemble those of Kiritsugu? why does Shirou blindly follow ideals that he might not believe in? what is the lesser grail and the greater grail? how exactly was Rider killed? how does Caster’s master fight so well when he isn’t a mage?

本題に入ると、今回のFate/stay night のアニメ化は、私がスタジオUfotableに期待していた通り、ようやくオリジナルに即したものとなっています。セリフには主人公やアーチャーなどの他のキャラクターの世界観についてのヒントが散りばめられています。ストーリーはほどよいペースで展開し、視聴者に多くの疑問を与えます。例えば以下のようなものです。なぜアーチャーは凛が「危ない」状況に陥った時、すぐにランサーを攻撃したのか? どうやってアーチャーは昔からセイバーを知っているのか? なぜセイバーはFate/zero の頃のように落ち着いた振る舞いをしていないのか? 凛が士郎を救うために使った宝石がなぜ2つあるのか? なぜアーチャーの理想は切嗣のものと似ているのか? なぜ士郎は自らが信じていないかもしれない理想を盲目的に追い求めるのか? 小聖杯、大聖杯とは何か? ライダーは具体的にどのように殺されたのか? キャスターのマスターは魔術師ではないのにどうやってあれほどうまく戦っているのか?

The character development is mostly lacking, there are mainly subtle hints about certain characters and their true worldviews, but other than that, most of the development lies on the second half. Just like many people, I also hated Shirou at first, but by the end of Unlimited Blade Works he will be very tolerable and slightly likable, however, you must see the sequel Fate/stay night: Heaven’s Feel in order to complete the story, discover the truth about Angra Mainyu, and even see Shirou become a mature and formidable badass.

キャラクターの掘り下げはほとんど見られず、主に特定のキャラクターと彼らの真の世界観についてのさりげないヒントがあるだけです。しかし、これ以外では、キャラクターの掘り下げのほとんどは後半に行われます。多くの人々と同じように私も最初は士郎が嫌いでしたが、Unlimited Blade Worksが終わる頃にはだいぶ耐えられるレベルの、少しは好きになれるかもしれないキャラクターになります。ですがこのストーリーを完全なものにし、アンリマユについての真実を知り、成熟して強く格好いいキャラクターとなった士郎を見るためには続編であるFate/stay night: Heaven’s Feelを見なければなりません。

The art and sound is easily the best I’ve heard on any nime tv series, there’s a good reason people call this show “Unlimited Budget Works”, but even without the animation quality, this series is gold and should not be missed by those who want a deep and compelling story that requires major attention and a bit of thinking to truly enjoy.

絵と音楽はこれまでに見たTVアニメシリーズの中で楽に第1位を取れるレベルです。人々がこの作品を「Unlimited Budget Works (予算無制限の作品)」と呼ぶのも無理はありません。ですがアニメーションの質を抜きにしてもこのシリーズは最高であり、真に楽しむためには注意深く見て多少頭をひねる必要がある、深みと説得力のあるストーリーを求めている人々はこの作品を見逃すべきではありません。

出典:https://myanimelist.net/anime/22297/Fate_stay_night__Unlimited_Blade_Works/reviews

  • 待望のオリジナルに即したFate/stay nightのアニメ化
  • 頭を使う必要のある深みのあるストーリー
Fate/Stay Nightは以前にもアニメ化されているのですが、要望の多かったオリジナルストーリーに即したアニメ化ということで支持する海外ファンも多いようです。

Fate/Stay Nightの原作はゲームで、さまざまなルートがあり、今作は一番要望の多かったオリジナルストーリーのアニメ化になります。

Fateシリーズはその人気の高さからか、アニメーション作画に非常に予算がかけられており、タイトル名を文字って「Unlimited Budget Works (予算無制限の作品)」と揶揄されているようです。

優れたアニメーション作画による圧巻のアクションシーンは健在で、優れたストーリー展開も相まって海外の視聴者もストーリーに引き込まれるようです。

一見したところ少年漫画のようなストーリーかと思いきや、ダークなストーリーで多くの伏線を含む謎解き要素の多い大人向けの作品となっています。

そのため、視聴者も頭をひねりながら見る必要があり、重厚なストーリーを望むコアな海外のファンから支持を集めているようです。




5. この素晴らしい世界に祝福を!

あらすじ


不慮の事故で命を落とした高校生の佐藤和真は、天界で女神アクアに異世界への転移を持ちかけられる。アクアは「異世界には望むチートアイテムを1つだけ持っていける」と異世界転移の特典を持ち出しながら勧誘するが、アクアの態度があまりにも和真を味噌っかすに馬鹿にしていたために和真は激怒し、アクアを「異世界に持っていく”もの”」として指定する。

こうして、アクアを連れて異世界「アクセルの街」に降り立った和真は、運だけが異常にいい平凡な冒険者となり、運と知性は最低だがそれ以外の全ステータスが高いアクアは、アークプリーストとなる。その後は、個人が使用できる最強の魔法「爆裂魔法」の使い手だが、1発撃つと動けなくなるアークウィザードめぐみんと、見た目は美女だが、妄想癖のマゾヒストで攻撃が当たらない変態クルセイダーダクネスを仲間に加えて冒険者稼業を行い、彼女らの行動に振り回される日々を送っていた。

しかし、想像以上に留まるところを知らないパーティーメンバー達の問題行動は、魔王軍とのトラブルや、悪徳領主との金の殴り合い、最後は魔王の討伐におもむき一騎討ちなど、さまざまな波乱にカズマを巻き込んでいく。

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年7月現在)

この素晴らしい世界に祝福を!の評価ページ
(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

シーズン1:

https://myanimelist.net/anime/30831/Kono_Subarashii_Sekai_ni_Shukufuku_wo

スコア:8.12/10.00

ランキング:403位

人気度:82位

メンバー数:406,790

シーズン2:

https://myanimelist.net/anime/32937/Kono_Subarashii_Sekai_ni_Shukufuku_wo_2

スコア:8.37/10.00

ランキング:173位

人気度:179位

メンバー数:266,674

この素晴らしい世界に祝福を!の人気のヒミツ①

ほ・ん・や・く!
この素晴らしい世界に祝福を!の作品レビュー①-シリアスさを排除し頭を空っぽにして見れるドタバタ活劇-
Some little freaking snot tard might of told you that this series is bad just because of fan service. But this series was designed to be a self aware stupid show. The pointless fan service is there to add on how stupid it is. And I think as long as it’s self aware then it’s fine on that part. The characters are funny and unique (Megumin is best girl) and always make me laugh. It’s a good take on the fantasy/game genre. It’s about a dysfunctional team trying to work together and make money in their new world. It’s fun, hilarious, and really great overall. Seeing these characters work together, progress and defend their town is great. I think my favorite character is Megumin. She is a Mage and uses explosion magic and always does it overkill other enemies. Her character design is great. You can just look at a square with red and yellow and you will think of Megumin. Same with the other characters. My least favorite is “Darkness” her name doesn’t even match her armor and she almost always has this uncomfortable perverted face on. It’s funny sometimes but also too much.

どこかの鼻クソ野郎があなたに、サービスシーンがあるからという理由だけでこのシリーズはダメだと言ったかもしれませんが、このシリーズはバカバカしさを自覚した上で作られた作品です。無意味なサービスシーンはそのバカバカしさを高めるために入れられているのです。自覚した上でやっているのであればその部分はそれでかまわないと私は考えています。キャラクターは面白くて独自性があり (めぐみんは最高)、いつも私を笑わせてくれます。この作品はファンタジー/ゲームジャンルをうまく料理しています。これは、うまく機能していないチームが力を合わせて、新世界でお金を稼ごうとする話です。楽しく、大笑いでき、全体として本当にすばらしい作品です。キャラクターたちが力を合わせて前進し、自分たちの町を守るのを見るのは非常にいいものです。私のお気に入りのキャラクターはめぐみんだと思います。彼女は魔法使いであり、爆裂魔法を使って常にやりすぎなほど敵を叩きのめします。彼女のキャラクターデザインはすばらしく、赤と黄色の四角を見るだけでめぐみんのことを思い出すほどです。他のキャラクターにも同様のことが言えます。私が一番好きでないキャラクターは「ダクネス」です。彼女の名前はその鎧に似合っていないし、ほとんどいつも例の不快な変態的表情を浮かべているからです。時々は面白いのですが、やりすぎでもあります。

  • 演出としてのシリアスさを排除したバカバカしさ
  • チームで協力してミッションをこなすキャラクターの掛け合いの面白さ
この作品ではわざとシリアスさを排除し、ドタバタ感やバカバカしさを演出しています。
こうしたドタバタぶりなのでサクッと作品を一気に視聴できるノリの良さが海外でも受けているようです。
ふんわりしした感じで頭を空っぽにして見ることができ、疲れている時にみると癒やされるというようなレビューが多かったです。
チームで協力してミッションをこなしていく中でのキャラ同士の掛け合いが海外ファンにとっても魅力的に映るようです。

この素晴らしい世界に祝福を!の人気のヒミツ②

ほ・ん・や・く!
この素晴らしい世界に祝福を!の作品レビュー②-コメディをメインにした新しい異世界モノ-

This is absolutely fantastic. The show doesn’t take itself entirely too seriously and the characters are really likeable! It gives off an SOA impression but in my opinion has been started off with a much better stage for character development and improvement. I find myself actually wanting to see the characters level up and go on quests. This is going to be an amazing ride, so log on and get ready to grind…you wont be disappointed!

これは絶対的にすばらしい作品です。この作品は自らを真剣にとらえすぎておらず、またキャラクターたちは本当に愛すべきものとなっています! SAO(ソードアートオンライン)的な印象を与える作品ですが、私の意見としては、この作品の方がずっとうまくキャラクターの掘り下げと成長を表現した始まり方になっていると思います。実際にキャラクターたちがレベルアップしていき、クエストに出るところを見たい気持ちになっている自分がいます。この作品は山あり谷ありのすばらしい展開を見せてくれるでしょう。ですからログインして、辛抱強く待ちましょう。きっと後悔はしないはずです!

  • SOA(ソードアートオンライン)的なRPG異世界転生ファンタジー
  • 魅力的に表現されたキャラクターの描写
SOA(ソードアートオンライン)と同じような異世界転生ファンタジーものでRPGの世界に入り込む、という設定です。
異世界転生ファンタジーは海外でも人気が高いです。
サスペンス要素の多いSOAとは異なり、RPGの中でのキャラクター描写に焦点が当てられています
さまざまなキャラクター達に振り回されながら四苦八苦する主人公の成長がドタバタ劇で描かれていて、意表をついた異世界もの作品となってます。
日々の生活費を稼ぐだけのショボい生活を送る主人公とキャラクター達のやり取りがコミカルに描かれ、異世界ものにも関わらずギャグ要素が強いところが海外ファンにも受けているようです。




6. 青の祓魔師(青のエクソシスト)

あらすじ

主人公・奥村燐とその双子の弟・雪男は、神父・藤本獅郎に育てられ、修道院で暮らしていた。中学卒業から間もないある日、燐は「悪魔」の存在を知る。燐は悪魔の王「魔神(サタン)」が人間に産ませた息子であり、その力を継いでいた。祓魔師(エクソシスト)の獅郎は、この世界には人間の住む「物質界(アッシャー)」と悪魔の棲む「虚無界(ゲヘナ)」があること、悪魔は「物質界」の物質に憑依して人間に干渉してくることを告げる。

サタンは、獅郎に憑依することで燐の前に現れ、彼を「虚無界」へ連れ去ろうとする。燐は、獅郎から渡された、自らの悪魔の力を封印していた降魔剣「倶利伽羅」を抜く。そして、サタンの力である青い炎を解き放ち、かろうじて撃退に成功する。だが、サタンに体を乗っ取られた獅郎は、サタンから燐を守るために戦い、命を落とす。

獅郎の葬儀で、獅郎の友人にして「正十字騎士團」の祓魔師メフィスト・フェレスが、燐を殺しに現れる。そこで燐は、獅郎の仇であるサタンを倒すべく、祓魔師になることを宣言する。メフィストは燐を受け入れ、名門私立「正十字学園」に入学させた。燐は学園内に設けられた祓魔師養成機関「祓魔塾」へ入り、既に祓魔師として活動していた雪男の指導のもと、同じく祓魔師を志す仲間たちと共に学んでいく。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E3%81%AE%E7%A5%93%E9%AD%94%E5%B8%AB#.E6.A6.82.E8.A6.81

世界最大規模のアニメサイトでの評価(2017年7月現在)

My Anime List

青の祓魔師の評価ページ

(※評価は変動するのでリンクから最新のランキングを確認してください。)

https://myanimelist.net/anime/9919/Ao_no_Exorcist?q=ao%20no

スコア:7.89/10.00

ランキング:700位

人気度:15位

メンバー数:714,382

青の祓魔師の人気のヒミツ①

ほ・ん・や・く!

青の祓魔師の作品レビュー①-愛着のわくキャラクターと万人受けする王道の少年アドベンチャー-

Probably one of the best shows I have ever seen. I watched it because of recommendation from a friend. Finished the whole series after I watched every single episode in a row. Every question you could ask was answered. The only one I have is “what do I do now?” You become instantly attached to Rin and Yukio and every main character. The final episode is very fulfilling and does not leave you angry that the creators left something out. It only leaves you yearning for more. Blue Exorcist epitomizes everyone’s desire for adventure, strength, and acceptance, and that’s why people of every genre could enjoy Blue Exorcist. If you haven’t seen a single episode, I recommend giving the first couple episodes a try. And once you start, you won’t be able to stop. Go watch it! Right now!

この作品はおそらく、これまで見た中で最高のもののうちの1つです。友達にすすめられて見たのですが、立て続けに全話、シリーズすべてを見終えてしまいました。あなたが抱くであろうすべての疑問には答えが出ます。私に残った疑問は、「これからは何をすればいいのか?」だけです。見始めるとすぐに燐と雪男、その他のメインキャラクター全員に愛着がわくことでしょう。最終話は非常に満足のいくもので、制作陣がやり残したことについて怒りを抱えるようなことにはなりません。ただもっと欲しいと思わせられるだけです。青の祓魔師は誰もが持つ冒険、強さ、受け入れられることへの望みを代表している作品なので、どんなタイプの人でも楽しむことができます。まだ1話も見たことがないなら、最初の数話を試しに見てみることをおすすめします。ひとたび見始めたら、やめることはできなくなるでしょう。さあ見てみてください! 今すぐに!

出典:http://www.imdb.com/title/tt1799631/reviews?ref_=tt_ql_3

  • 愛着のわくキャラクター
  • 万人受けするテーマ、ストーリー
王道の冒険ものといった感じで、複雑にこねくり回したストーリーや設定がなく万人受けするストーリーが海外でも支持を集めています。

各キャラクターにも回想やサイドストーリーが用意されており、キャラクターに愛着が持てるような工夫がされています。

ストーリーの展開が面白く、テンポも速いので最後まで一気に観たというレビューが多く寄せられていました。

ザ・少年漫画という感じで、意外にもそうした作品が近年は少なくなっていたということでこれまでの王道少年ジャンルのファンから熱烈な支持を受けているようです。

青の祓魔師の人気のヒミツ②

ほ・ん・や・く!

青の祓魔師の作品レビュー②-洋風のイメージに和の要素をミックスしたセンスの光る画風-

I never write a review… seriously… NEVER! This is my first review and i’m writing this because this series is incredible. The Manga is amazing and still ongoing. After episode 16 or so it doesn’t follow the plot of the manga and goes off on its own. Its still very good.

私は一度も感想を書いたことのない人間です……本当に一度もです! これは私の最初の感想となりますが、これを書いている理由はこのシリーズがすばらしいからです。漫画もすばらしく、今も続いています。第16話あたりから漫画のストーリーから外れていき、オリジナル展開になります。それでも非常にすばらしいことは変わりません。

A Psp game of this has recently been released in Japan and a movie is coming out later this year! It is an ongoing series! The characters are great! Izumo is one of my favourites, you don’t see why i like her in this as much as in the manga. Please read it!

この作品のPSPゲームが最近日本で発売され、今年中には映画も公開されます! 現在進行中の作品なのです! またキャラクターもすばらしいです! 出雲は私のお気に入りのうちの1人ですが、アニメからでは漫画に比べると私がなぜ彼女のことを好きなのかをうかがい知ることはできないでしょう。漫画を読んでみてください!

The author’s art is incredible and its the only volumes i have bought all of so far of any manga and read them all in 2 days! Kazue Kato is an incredible mangaka but isn’t well known enough.

作者の画風はすばらしく、この作品は私が全巻購入した初めての漫画です。全巻、2日で読み終えてしまいました! 加藤和恵はすばらしい漫画家であるにもかかわらず、十分に知られているとは言えません。

Support this incredible series, a new season will be out soon I am certain of it! ( I reckon around august ) and if you want too come and give a hand on the wiki for Ao No Exorcist!
このすぱらしいシリーズを支持しましょう。新シーズンがまもなく始まることは確実です! (8月ごろだと思います) それから、もしよければ青の祓魔師のWikiを訪れて編集に力を貸してください!

出典:http://www.crunchyroll.com/blue-exorcist/reviews

  • 原作とは異なるオリジナルのストーリー展開
  • ハイセンスな作者の画風
終盤からはストーリーがアニメ独自に分岐ましたが、これはこれで綺麗に纏まった作品に仕上がっており、オリジナル展開にもかかわらず支持する海外ファンも多かったのが印象的です。

「鋼の錬金術師」のように原作でのもっと深みのある展開を含んでシリーズ全体を再度アニメ化してほしいという声が多く寄せられていました。

また作者が描くハイセンスな、独特で清潔感のある世界観も海外ファンにも受けているようです。

青の祓魔師の舞台は日本ですが、祓魔師(エクソシスト・ふつまし)という悪魔と悪魔を祓う仕事が存在する世界観です。

エクソシストという洋風のイメージに和のエッセンスを加えた斬新な世界観が海外ファンを虜にしています。



スポンサードリンク

メルマガ or LINE@登録で無料セミナーをプレゼント中!


メルマガ or LINE@に登録してくれた方に「翻訳で最短で年収1000万稼ぐ方法」動画セミナーを無料プレゼント!

●翻訳の仕事に興味がある
●英語を生かした仕事をしたいけどどうしたらよいかわからない
●副業でもっと収入を得たい方
●英語を生かして在宅ワークをしたい、フリーランスとして独立したい方
●老後の収入を得たい方(翻訳に年齢は関係ありません)
という方必見!

翻訳に英語力はそこまでは重要ではありません!
英語力はTOEIC600点くらいで十分です。
翻訳の仕事では他のスキルの方が重要です。

翻訳の仕事はどういうものか?
仕事を獲得するにはどうすればいいのか?
いくらくらい稼げるのか?
英語力以外に必要な翻訳のスキルって?

現役のプロの翻訳家のセミナーが無料で視聴できます!

※普段ご使用のメールアドレスを入力ください。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です