サラリーマンがふるさと納税をやるとどのぐらいお得?

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。
皆さん、ふるさと納税はされていますか?

もうやっている!という方もいれば
聞いたことあるし何となく良いというのも分かるけど、ぶっちゃけ良く分からない・・・
と、詳しく知らない人もいるかと思います。

僕としては、ふるさと納税はおすすめです!
そこで今回は、ふるさと納税についてあまりご存知のない方向けに記事を書いていきます。
興味のある方はぜひ最後まで読んでくださいね!

 

ふるさと納税とは?簡単に解説!!


一言で表すと「実質2000円の手数料で地方の特産品をもらえる」というのが、ふるさと納税
毎年1月1日~12月31日までの間に、ふるさと納税のサイトより、寄付したい自治体を選び、寄付をしたらお礼に特産品が送られくるというイメージ
(※本来は「納税」なんですが、今回は表現を分かりやすく「寄付」で表現しています)

寄付した金額から2000円の手数料を引いた額が、翌年の住民税や所得税などの税金から引かれるため、翌年は手取りの収入が増える

有名なサイトをいくつかピックアップするとこちら。
・さとふる
・楽天ふるさと納税
・ふるなび
・ふるさとチョイス

僕、個人的には楽天ふるさと納税を利用しています。
楽天ポイントも貯まるので、貯めたポイントで他の買い物もできるので更にお得ですよ!

ふるさと納税をやる時に注意は、「金額の上限」があること。
その上限金額の目安は所得や世帯収入によって変動します。
各ふるさと納税のサイトにある控除限度額シュミレーションに情報を入力するとすぐに分かるので試してくださいね!

<例>

月給:25万円、扶養なしの場合

楽天ふるさと納税のサイトよりシュミレーションで下記情報を入力
年収:300万円
年間の社会保険料等の金額:44万4000円
(他もあれば入力必要)

結果、あなたの控除上限額(目安)は【2万8409円】と表示されました。
この金額が上限となります。

仮に2万5000円のふるさと納税を行った場合、手数料を引いた「2万3000円」が翌年の税金から引かれることになります。

ふるさと納税をしたら、自動的に引かれるのではなく”確定申告”もしくは”ワンストップ特定制度”という方法で「申請」が必要となります。

ふるさと納税にデメリットはあるの?

とてもお得なふるさと納税ですが、1つだけデメリットがあります。
それは「お金が先払い」ということ。
唯一のデメリットと言っても良いかと思います。
未来に払うべきものをいま支払うので、合計で数万円の出費って大きいと感じる方もいますよね。
「この金額を支払うのか・・・」と思うと止めておこうかなという気持ちになる場合も。
なので、そこを突破できる人にとってはお得だと思います。
今はそれどころでは無い!という人は稼ぎましょう!

まとめ

今回はふるさと納税についてお話させていただきました。
お得だと感じる人もいれば、今は余裕が無いからやめておこうという人もいると思います。

僕は翻訳者になろうと頑張っていたときは、学校に通ったり、受講料でたくさんのお金を支払い無くなる経験をたくさんしてきました。
経済的に余裕が無いとやりたくても出来ないことが多いし、我慢することも多くなりますよね
お金が無くても幸せだという人もいて、素敵なことですが大事な人を守るためにも、自分自身がやりたいことをやるにも経済力って大事だなと感じます。
お金がすべてとは全く思っていませんが、「無くなる不安」よりも「生み出す力」を身につけると将来に安心を感じるかなと。

翻訳者として活動して頂く中で、こうやったら仕事を獲得できて、いつでもどこでも仕事を得ることができ、稼ぐことができるという
自分への自信や自負が生まれました。
なので、今は多くの翻訳者を輩出し、それぞれが稼げるようになるよう指導することを日々奮闘中です。


 
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA