面倒な人間関係にさよなら!在宅勤務でできる英語の仕事3選

スポンサードリンク

こんにちは。なんでも翻訳部。の、のっちです。

普段は翻訳の仕事をしながら、海外情報をニーズに応じてなんでも翻訳しています。

近年、会社勤めをせずに在宅フリーランスで仕事をする方も増えてきました。

在宅勤務の場合、人間関係に悩むことはなく、また通勤に時間とエネルギーを割く必要がありません

働く時間帯も束縛されることなく、自分の裁量で決められる在宅勤務の大きなメリットと言えるでしょう。

このような働き方の事を一般的には、在宅勤務、(テレワーク)と呼ばれています。

こうした在宅勤務の形は、日本ではようやく根付いてきました。

その代表的な企業は、パナソニック、日産自動車、日本IBMなどの大手企業が中心に導入しているようです。

今後は、一般企業に勤務するビジネスパーソンの間でも普及すると見られています。

翻訳者は、大半の人が自宅などを仕事場にして、組織に属さずフリーランスとして働いています。

そのため、プライベートな時間と仕事場が同じかもしくは近接していて、自分にとってなじみのある空間で働けると言うメリットもあります。

会社勤務ならば、就労時間等が会社側で定められていると言う現実があります。

また定期的に会社が実施する健康診断があり、社員の健康をある程度会社が管理してくれます。

一方フリーランスの場合は、健康管理については自己管理が基本であり、ひいてはそれが仕事に繋がってきます。

個人事業主であることの大きなメリットを、どのように享受するかということでしょう。

では、在宅勤務でできる翻訳の仕事はどのようなものがあるのでしょうか。

グローバル化された今の世界で、翻訳抜きには私たちの生活は成り立たないと言っても過言ではないでしょう。

日本社会において、外国語を母語としている人たちも日々の生活の中で翻訳のお世話になっているのです。

翻訳業界は、翻訳する「素材」によって大きく4つに分野に分かれます。

その3つとは「産業翻訳(実務翻訳)」「映像翻訳」「出版翻訳」です。

これらすべて在宅勤務でできる仕事です。

その3つの仕事の内容を述べて行きます。

1. 【在宅勤務でできる英語の仕事1】産業翻訳(実務翻訳)

ビジネス、政治、法律、医学、機械、金融、IT、ゲームと言った分野で発生する文書などの翻訳を行います。

企業のHPや、製品のマニュアルなどの翻訳が非常に需要が高いです。

ここでは、翻訳会社を通さずに在宅翻訳者がじかに「ソースクライアント」である企業から案件を受注し、チェック、編集作業も行って直に翻訳者が納品するケースもあります。

そうすれば当然翻訳会社を通さないので、手数料を差し引かれずに済み高額の翻訳料を受け取ることができます。

これはソースクライアントとの高い信頼関係があると言う条件が付きます。

今までの常識、枠組みを超えた実務翻訳を取り巻く新たな動きを知ることが大切です。

それは、クラウドを介した翻訳サービスの普及です。

クラウド翻訳とは、クラウドサービス会社のサイトで翻訳を依頼するとサイトに登録している翻訳者が翻訳文を送ってきます。

このサービスは、ここ10年で大幅にレベルアップし顧客も大幅に増加しています。

2. 【在宅勤務でできる英語の仕事2】映像翻訳

今需要が急増しているのが、この映像翻訳です。

2000年代以降、動画のネット配信が急速に普及するのに比例して映像翻訳が伸びています。

放送局から映画配給会社等が、コンテンツプロバイダーとして数多く参入したこともあって、配信されるコンテンツの量は増え内容も多岐に渡っています。

映像を見る方も、この10年で大きく変わりました。

以前は映像を見るため、映画館に足を運んでみると言うのが常識でした。

また家でテレビやDVDを見るぐらいしかなかったのですが、今や映画コンテンツが見られるスマートフォンの普及で移動中やカフェなどで楽しむことができるようになりました。

これほど映像を取り巻く環境が様変わりしたのです。

そこには当然多岐に渡った需要増があります。

今や映像翻訳は、これまでの枠にはまらない仕事も発生し将来性のある分野と言えましょう。

映像翻訳の主なジャンルは、コンテンツの広がりとともに翻訳の需要が急速に増えているようです。

最近これまでと違って、字幕制作ソフトが比較的手軽に入手でき、自宅で作業が容易になり在宅で翻訳する人が急増しているようです。

3-1 YouTube

「映像翻訳」の分野で最近最も需要が増えているのがYouTubeの翻訳です。

YouTube動画に英語、または、日本語の字幕の文章を作成します。

英語から日本語、日本語から英語への翻訳があります。

原文の文字起こしなどが必要な場合もあります。

ドキュメンタリー、ファミリーヒストリー、スポーツ、ビジネス、セミナー、など、分野は多岐にわたります。

3-2 映画

映像翻訳と聞くと、おそらく多くの人が思い浮かべるのが劇場映画の字幕翻訳でしょう。

映画業界そのものが大きく様変わりしていますので、当然映画に関わる映像翻訳も様変わりしています。

映画の映像翻訳については、劇場用映画の作品にとどまらず二次使用ということを考えなくてはなりません。

今やDVD販売、レンタル、テレビ放映、ネット配信、関連した制作物などです。

映画関連の翻訳については、あらすじや作品背景などをまとめる文章力も問われます。仕事の大半は字幕ですが、今後は字幕と吹き替えの両方に対応出来れば仕事の幅が大きく広がることでしょう。

最近では海外の映画祭に出展するなど、日本映画に英語の字幕を付ける案件も増えているようです。

英日翻訳だけでなく、日英翻訳もできれば大きな強みになることは間違いありません。この分野の将来性は大きく期待できるでしょう。

3-3 テレビ番組

ドラマ、ドキュメンタリー、リアリティショウ、ニュース、バライティ様々なコンテンツにおいて映像翻訳の需要があります。

海外特番を日本語に翻訳する仕事だけでなく、最近では日本の人気ドラマやドキュメンタリーを英語や中国語、韓国語の字幕をつけて輸出することも多くなっています。 

そこで外国語から日本語だけでなく日本語から外国語への翻訳の需要が増えており、マイナー言語の翻訳ができる人材が求められています。

3-4 音楽関係の映像

音楽プロモーションビデオを始めとして、ミュージシャンが出演するトークショー映像や、記者会件の模様、ショウビズ関連のニュース映像、プロモーション素材、DVDの特典映像などの音楽関連の映像でも求められる翻訳の幅が広くなっています。

3-5 スポーツ

海外スポーツに関する映像翻訳は、サッカーを中心に大きく需要が伸びています。スポーツが好きな人はこの方向でも活路を乱せそうです。

映像翻訳については、字幕制作ソフトが比較的手軽に入手できるようになっています。

4. 【在宅勤務でできる英語の仕事4】出版翻訳

「出版翻訳家」は数多い翻訳業を生業にしている人の頂点に立てるスキルを持っている人に限られます。

仕事獲得の難易度も非常に高く、あまりおすすめできません。

しかし、翻訳の仕事をし、「趣味の好きな本を訳したい」という方はお金などを問題にせずに「仕事を楽しむ」という観点から出版翻訳の仕事を目指すという選択肢もあります。

これまでの実務翻訳、映像翻訳は需要が増加傾向にあるのに対して、出版翻訳の市場は縮小傾向にあり、翻訳者自体も厳しい環境に置かれていると言うのが現状です。

これまで一番の出版翻訳の魅力は、何といっても「著者と並んで、名前が載ること」だったのです。

しかしそれだけでは経済的にもちません。

「この著書のこの本をどうしても日本に紹介したい」という強い信念がなければよい翻訳は出来ません。

出版翻訳の今後は、出版社と、翻訳者の「使命感」に掛かっていると言えそうです。

出版翻訳の主なジャンルを述べて行きます。

4-1 フィクション

これは小説を指します。

文芸翻訳とも呼ばれています。純文学、ミステリー、ファンタジー、SF,ロマンス、児童書、絵本、ヤングアダルト等がフィクションに含まれます。

この内、純文学においては大学などに勤務する文学研究者が翻訳することが多く、フリーランサーの在宅勤務翻訳者の仕事としては少ないのが一般的です。

またエンターティメント系の翻訳では、人気作家が同じ翻訳者が担当するケースが良くあります。

例えばスティーブン・キングは白石朗、ローレンス・ブロックやロアルド・ダール畑口俊樹、フロスト警部シリーズで知られるウイングフィールドは芹沢恵など。

挙げればきりがないほどいます。

4-2 ノンフィクション

小説以外の物を指します。

ルポルタージュ、ドキュメンタリー、サイエンス、紀行文、ビジネス書、自己啓発書など幅広いだけに新人が食い込みやすい分野です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

メルマガ or LINE@登録で無料セミナーをプレゼント中!


メルマガ or LINE@に登録してくれた方に「翻訳で最短で年収1000万稼ぐ方法」動画セミナーを無料プレゼント!

●翻訳の仕事に興味がある
●英語を生かした仕事をしたいけどどうしたらよいかわからない
●副業でもっと収入を得たい方
●英語を生かして在宅ワークをしたい、フリーランスとして独立したい方
●老後の収入を得たい方(翻訳に年齢は関係ありません)
という方必見!

翻訳に英語力はそこまでは重要ではありません!
英語力はTOEIC600点くらいで十分です。
翻訳の仕事では他のスキルの方が重要です。

翻訳の仕事はどういうものか?
仕事を獲得するにはどうすればいいのか?
いくらくらい稼げるのか?
英語力以外に必要な翻訳のスキルって?

現役のプロの翻訳家のセミナーが無料で視聴できます!

※普段ご使用のメールアドレスを入力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です