英語を活かして副業で年収500万以上稼ぐ!翻訳者の仕事とは!

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

 

英語を勉強することが好きな人であれば、一度は「翻訳者になるにはどうすればよいか?」「英語のプロとして生きるための勉強法とは?」と考えたことがあるのではないでしょうか?

 

そして、最近日本を訪れる外国人観光客が増え、インターネットを通じて海外の情報を得やすくなった今、「翻訳者」として働くチャンスは確実に増えています。

 

外国人観光客のほとんどは全く日本語が話せない代わりに英語を使ったコミュニケーションは問題なく行えます。

 

そして、海外からの情報が入り、さまざまな企業での業務がグローバル化していることから、英語のデータを日本語に置き換える作業は飛躍的に増加しているからです。

 

では、どのように英語のスキルを高めていくことが必要なのでしょうか?

浅野
コンスタントに仕事の依頼が発生する、すなわち職業として成立する「翻訳者」になるためには、求められるスキルを身につけるために必要な「勉強法」を意識することが大切なのです。

そうした翻訳者になりたい方のために、どのように勉強すれば翻訳者になれるのか、英語を活かして副業で稼げる翻訳者になるための最短ルートをまとめて記事にしました!

 

この記事では「翻訳の仕事で副業で年収500万円以上稼ぐ方法」についてご紹介します。

目次から自分が気になる部分について特に重点的に読んでいただいて、翻訳の仕事で副業で稼ぐにはどうすればよいかをつかんでいただけたらな、と思います。

 

英語を使って副業したい!そんな人におすすめな翻訳とは?

 

英語を使った副業を始めようと考える人の多くは、これまで専門的な英語の仕事に携わっているわけではありません。

 

ここではスキルアップしながら取り組める初心者向きの翻訳ワークながら高単価が見込める翻訳についてご紹介します。

 

英語を使った副業は割りがいい!


英語力に自信のある人なら、「英語を使った副業」と聞けば、思わず耳を傾けてしまうことでしょう!

 

少しでも収入アップのチャンスがあれば、見逃したくないと思うのが自然な人間心理です。

加えて自分のスキルを活用して収入を得られるということは、とても自尊心を満足させるものなのです。

 

しかも、英語を使った仕事はほかの副業に比べて、高単価の割のいい仕事が多いものです。

こうなれば英語を使った仕事を副業として真剣に取り組まないという手はありませんね!

英語を使った副業でオススメは「産業翻訳」


副業としての英語を使った仕事では、産業翻訳ほど安定した仕事量が見込める職種はありません。

 

企業を取り巻く環境のグローバル化に伴い、産業翻訳などの案件量はこれからますます需要が増えるであろうことが大きな理由です。

ちなみに、僕が言う産業翻訳とは企業のホームページやマニュアル翻訳のことです。

 

また金融関係も有望です。

株式取引において外国人投資家の数が増え、英語の開示文書が必要になることは多く、これらの分野が廃れることははまずないでしょう。

 

これほど豊富な仕事量が見込める副業案件は、ほかには見当たらないほどです。

参考:医者、弁護士並の収入!?プロが教える翻訳者の年収の実態!

副業で英語を活かすことができる理由!

ここでは、副業で英語を活かすことができる理由についてお話ししていきます。

英語力は高い需要が見込める有望スキル!


はたして英語スキルを活かした副業はできるだろうか?と疑問に思う方、先に述べた通り、答えはもちろんYES!です。

 

そしてその筆頭有望職種が産業翻訳です。

 

豊富な仕事量が見込めること、専門知識をプラスすることで引き受ける仕事案件が広がる可能性があることなど、モチベーションが上がる理由には事欠きません。

産業翻訳は自宅でできる英語の仕事!メリット ・デメリットとは?


正社員として企業に勤務していたり、ほかに本業を持っている場合、副業として行う英語の仕事は、できれば自宅で行える案件が望ましいですね。

 

英語の文章を日本語に置き換える、あるいはその逆に日本語を英語に置き換える翻訳業務は、成果物についてはデータの受け渡しで済むことが多く、自宅での作業が可能です。

 

移動時間のロスもなく、人目につかずに自宅でできる翻訳ワークは副業にとって憩いの英語の仕事です。

下記は在宅ワークのメリット・デメリットです。


【メリット】
パソコンとネットがあれば、仕事ができる。

時間や場所を問わず、好きな場所・好きな時間に仕事ができる。

旦那さんが転勤になっても、転勤先で仕事を続けられる。仕事を変える必要がない。

スキマ時間に仕事ができるので、お子さんが寝ている間や遊んでいる間に仕事が可能。

通勤に時間とエネルギーを割く必要がない。

仕事をすることで英語力も上がっていく。

努力次第で収入や年収を上げることが可能。

稼ぐ力が身につく

面倒な人間関係が減る。

定年がないので、リタイアする時期を自分で選べる。

 

【デメリット】

全て自分の責任。

生活リズムが崩れやすい。

1人で作業するため人と関わる頻度がとても少ない。


しばらく英語に触れていないから自信が無い。。という方には、クラウドワークスやランサーズなどの「クラウドソーシングサイト」がおすすめです。

 

クラウドソーシングは、オンライン上で仕事の依頼が引き受けられ、在宅ワークが可能です。

 

翻訳に関しては、海外ニュースやマニュアルの翻訳、海外サイトのブログ記事の翻訳等があり、単価は1文字あたり約1円程度。単価が低いため報酬は稼ぎずらいですが、翻訳未経験でも募集があるのでゼロから実績を積みたい方は登録すると良いと思います。

(実際にどのような案件の募集があるかは、後ほどお伝えします)

 

また、オンライン上で顔が見えないからこそ、期日を守り仕事をしていくことが重要で、

信頼関係を積むことで仕事の受注率が上がります。

 

期日を守ることがとにかく大事なので、スキルアップを図りながら、信頼関係をつくる練習もできるというわけです。

 

最初から高単価の仕事を引き受けるのは厳しいので、単価が低くても期日を守り、量をたくさんこなして高単価の依頼が来るように自分のスキル・実力を高めていくと良いでしょう。

【参考記事】産業翻訳者になるには?プロが教える最短ルートと勉強法!

副業を始める前の注意点


2018年は【副業元年】と呼ばれています。

 

働き方改革によって大手企業でも副業を認められている世の中となってきていますが、副業を禁止している会社も少なくはありません。

 

もし、あなたが正社員の立場ならば、副業を始める前に「副業」が許可されているかを確認する必要があります。

 

本業に影響を受けないためにも、従業員規則によって「副業禁止」とあるのなら、きっぱりあきらめるか、年間20万円以上稼ぐ場合には「確定申告」が必要でご自身で税金等の管理をする必要があります。

クラウドソーシングサイトを活用する!


先程お伝えしたようにクラウドソーシングサイトの案件は単価が低くガッツリは稼げないので、これらで生計を立てることは厳しいと思いますが、実績を積みながら収入を得たい場合にはクラウドソーシングサイトの活用が有効です。

ココナラ

ココナラは自身の特技やスキルを500円から販売できるサイトです。このサイトでは英語に関する仕事を探す、というスタンスではなく、「自身の英語力を売る」というスタンスで副業を行います。

クラウドワークス

クラウドワークスは、案件数が多く、英語に関する副業の案件が多くあります。仕事の探し方も簡単で、仕事カテゴリーが200種類以上あり、「翻訳」と入れるだけでさまざまな仕事を探すことが出来ます。

 

では、実際に掲載されていた募集内容の一部をご紹介します。
・英語のYouTube動画の翻訳
・契約書の翻訳(英語→日本語) ※英語→日本語もあり
・ソフトウェアマニュアルの翻訳
・歯科系論文翻訳
・おもちゃの説明書の翻訳
・取材映像(英語⇒日本語)翻訳
 

英語の他にも、スペイン語、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、タイ語などの募集ありました。マイナーな言語の場合は、単価が高めな傾向があるようです。

 

さらに詳しい条件を検索したい場合は、「絞り込み検索」を活用することができるので、さらに自身にあった案件を探すことが出来ます。

 

また、海外コールセンター、カスタマーサポートもあるので、初めて利用する方にも安心できる環境が整っています。

ランサーズ

ランサーズは、英語に関する翻訳やライティングなど、様々な情報を取り扱っています。仕事の数もクラウドワークスより多く、ランサーズをメインに使用し、クラウドワークスを併用する、という使い方をしている方もいます。

 

実際に掲載されていた募集内容の一部をご紹介します。
海外ウェブサイトの翻訳(英語→日本語)
英語パンフレットの翻訳(英語→日本語)
サイトの翻訳(日本語→英語)
飲食店メニュー翻訳(日本語→英語)
インタビュー記事の翻訳(英語→日本語)
 

どのような募集があるのかわからない、という方は、

まずランサーズでどのような仕事があるのか探してみることをおすすめします。

どの分野の翻訳が副業に向いている?

こちらでは、どの分野の翻訳が副業に向いているかをお話ししようと思います。

産業翻訳がオススメ!


先ほどからお伝えしているので、答えはお分かりになっていたかと思いますが

副業には産業翻訳がオススメです。

 

翻訳業界の市場は、ほとんど産業翻訳で占めています。

産業翻訳は多岐に渡り細かく分かれていますが、その中でも「企業のホームページやマニュアルの翻訳」がおすすめです。

こちらをご覧ください。


「Google翻訳を超えた」と話題の最新の機械翻訳で訳した文章ですが、こちらだと意味が伝わりません。

 

画像を見てお分かりになるように機械翻訳だけで翻訳の業務が完了することはまずないです。このことから産業翻訳者は少なくとも20年は需要のある職業と言えます。

特許翻訳はオススメしない!その理由とは

特許翻訳で稼ごうと思ったら産業翻訳の何倍もの時間がかかる!

浅野
特許翻訳の勉強を始めて、トライアルに受かるまでにはだいたい1500時間以上かかります

また、トライアルに合格した後安定的に仕事を獲得するまで2~3年勉強を続ける必要があります。

安定的に稼げるようになった後も一生涯勉強を続ける必要があり、「安定」というものはありません。

 

ですが、産業翻訳であれば200〜300時間しかかからないので【特許翻訳の1/5】で稼げる可能性があります。1日5時間勉強したとしても最短40日で稼げる可能性があるのです。

 

産業翻訳は仕事量が非常に多いため、翻訳会社さんから自分の得意分野の仕事を振ってもらえるため、実力さえあれば安定する可能性が高いです。

 

特許翻訳は「化学」からは逃げられない!

化学ができないと特許翻訳はできません

以下を見てもらえばわかると思うと思うのですが、特許=発明は理系の学部の方がするもので、「化学」は全ての学部で必要です。

  • 医学部(化学、生物)
  • 工学部(化学、物理、生物)
  • 理学部(化学、物理)
  • 農学部(化学、生物)

「化学」ができないと特許翻訳では安定的に仕事獲得できません。

 

化学が得意な人はいいのですが、化学にまったく興味がない方は特許翻訳には向いていないといえます。化学が必ず必要なため、万人向けではありません

 

特許翻訳のレート(給料)が下がり、要求される能力は上がっている!

特許翻訳のレートは以前は産業翻訳の1.25倍あり、翻訳業界でも最も高給とされていました。

 

しかし、現在は産業翻訳とレートが同じところまで下がっています。

 

また、発明がどんどん高度になるにつれ、特許翻訳者に求められる能力というのは日々要求水準が高くなっています。

 

つまり、特許翻訳者の「給料」はどんどん下がり、「要求される能力」はどんどん上がる、という非常に厳しい状況に置かれることになります。

 

インバウンド翻訳


2016年には年間2000万人を超えたともいわれる外国人観光客は、英語を使った仕事をもたらしてくれるありがたい存在です。

 

彼らが訪れるレストランやショップ、観光施設、また空港や駅では、案内文やパンフレット、Webサイトなど翻訳作業が必要なデータがたくさんあります。

 

また、オンラインショップが自社サイトの英語バージョンを作成するため、翻訳サービスを利用することもよくあります。

 

また、逆に海外のサイトを日本語に翻訳してほしいという依頼もあります。

専門知識があるならトライしたい!「金融系」「法務系」翻訳


決してミスがあってはならない、正確な翻訳を行う必要がある契約書の翻訳や、また複雑な特許の様式に則った翻訳は、対応できる翻訳者の数が少なく引っ張りだこです。

 

このような専門知識を有し、英語力及び調査能力の高い人は相当の単価が見込めます。

機械翻訳の精度がアップし、人間の翻訳者は不要だという声はここでは一切聞かれません。

産業翻訳でおすすめのジャンルはあるの?


一般的に需要が多いジャンルは

IT、エレクトロニクス(家電)、機械、車、医療・医薬、ヘルスケア、観光(ホテル・航空会社・旅行関係)などです。

浅野
産業翻訳者として稼ぎたいのであれば

【エレクトロニクス(家電)の簡単なもの】→【IT】 へシフトしていくのがおすすめです。


冷蔵庫の中身がインターネットで見れたり、

外出時にエアコンの電源をON/OFFができたり、

外出先でインターネットを使い洗濯機を回したりと

今後、ますますインターネットであらゆるモノが操作できるようになり

家電などが全てインターネットに繋がるため、全ての分野でITが関わるようになります。

そのため、ITは仕事が豊富にあり稼ぎやすいと言えるのでオススメです。

 

ですが、大切なのは”翻訳をやってて楽しいかどうか”です。

最初は知識が無くても、このジャンル面白いなと思えたら、翻訳の勉強して検索をしているうちに知識が身について出来るようになったりするので翻訳をやってて楽しいと思えるかは大切です。

産業翻訳者になるには資格は必要か?


産業翻訳者(企業のホームページやマニュアルの翻訳)になるには、資格は必要か気になる方もいます。

 

資格は必要ありません。

 

仕事を獲得するにはトライアルに合格するかどうかです。


トライアルとは、各翻訳会社が設定している適性試験。

翻訳会社は仕事の依頼をする前に、翻訳者にトライアルを受けてもらい、その人の実力を判断する。

トライアルに合格することで、その翻訳会社の登録翻訳者として仕事ができる。


難易度は各翻訳会社によって異なりますが、実際の仕事よりも難しく設定されていることが多く、一般的には合格率も低いです。

 

僕の講座では、受講されて最短で約1週間で合格された方もいます!


即戦力となればすぐに仕事の依頼が来ますが、1〜2ヶ月経って仕事の依頼が来たり、翻訳者が足りている場合は仕事の依頼が来ない可能性もあるため、複数社のトライアルに合格するようにチャレンジしましょう!

資格は必要ありませんが、どうしても取得したい方もいると思います。

 

資格の勉強をすることで、スキルアップに繋がるので
僕が知っている検定を2つご紹介したいと思います。

「翻訳実務検定(TQE)」

実務レベルの翻訳力があることの証明になる資格試験に「翻訳実務検定(TQE)」があります。

1971年から続く実績ある翻訳者養成スクール「サン・フレア アカデミー」が主催する資格試験になります。

 

70点以上のスコア取得者は「翻訳実務士」に認定され、成績優秀者は、サン・フレア所属の翻訳者として登録することができます。

ほんやく検定同様にインターネット受験が可能となっており、同時に「独語 」「仏語」「露語」「西語 」「中国語」「韓国語 」も受験することができます。

「JTFほんやく検定」

「JTFほんやく検定」の2級以上を持っていれば仕事を出す、という翻訳会社さんもあります

翻訳レベルが証明するために「JTFほんやく検定」を受けても良いかもしれません。

 

ほんやく検定は、1981年4月に発足した産業翻訳の業界団体「一般社団法人 JTF」が認定するネームバリューの高い翻訳スキルを証明できる検定試験です。

インターネットによる在宅受験が可能になっており、初級者向けの「基礎レベル:5級・4級」、実務経験者向けの「実用レベル:英日翻訳・日英翻訳」があるので、レベルに合わせてステップアップ受験ができるようになっています。

まずは基礎語学能力および「翻訳のセンス」の有無を判定する「基礎レベル:5級・4級」からチャレンジしてみましょう。

ほんやく検定2級以上に合格すると、JTF公式Webサイトにある「検定合格者リスト」(JTF会員専用)とJTF機関誌「日本翻訳ジャーナル」に自己プロフィールを掲載することができます。

プロフィールを閲覧した約170社あるJTF加盟の翻訳会社から仕事を依頼されるチャンスが広がります。

翻訳の仕事で年収500万円以上目指すために気をつけるべきこと

翻訳の仕事を副業にして年収500万円以上の利益を得ることは、並大抵のことではなく、大きな努力が必要ですが決して実現不可能な夢ではありません。

 

自己管理に気を付けながら実現に向けて目指したい目標です。

ここでは長く仕事を続けるために気を付けるべき注意点についてまとめてみました。

無理して案件を多く引き受けすぎないようにする


翻訳の年収だけで500万円を得ようと考えると、まだ初めのうちは単価が低いため、たくさんの仕事をこなすことで目標額に到達しようと考えがちですが、それはとても危険です。

 

たしかに企業を取り巻く環境のグローバル化に伴って、翻訳案件数は増加の一途をたどっていることは喜ばしい事実です。

 

しかし、その分納期スケジュールがタイトになっている側面もあります。

 

高単価案件に巡り合ったり、長く付き合いのあるクライアントからの依頼があった場合など、つい無理をして引き受けてしまいがちですが、キャパを超えた仕事請負はご法度です。

 

本業に悪影響が出る可能性もあるうえに、翻訳成果物のクオリティが下がってしまうリスクもあります。

 

結果として依頼数が少なくなる最悪の事態に発展しかねません。無理なくこなせるレベルの引き受け量を心掛けましょう。

根気よく単価交渉を行おう

高度な専門知識が不可欠なため、常に知識をブラッシュアップしてクオリティキープすべく努めているにも関わらず、過小評価されたまま改善されないという声はよく聞かれます。

 

案件を数多くこなしても、結局儲けにはならないのでは本末転倒です。

 

単価アップに値するスキルを身に着け、翻訳した成果物に反映することができたなら、単価交渉を行いましょう。

 

ただし、単価交渉にはその根拠を説明し、相手が交渉に応じようという気持ちになれるような、持ち掛け方を工夫する必要があります。

 

僕の講座の受講生さんの中には月収100万円以上や、主婦で月収60万円稼がれた方もいます。

年収ではなく手取り額を把握しよう

年収がアップしても手取りが同じようにアップする可能性は低いことを理解していますか?

 

年収が500万円を超えたときの、税金および社会保険料の概算をあらかじめ調べておきましょう。

 

年収がアップすれば支払うべき税金や社会保険の漁額がアップするので、思ったより手取り額は伸びなかったということはよくあります。


~ 手取り額の計算式 ~

年収-(所得税+住民税+個人事業税(年収290万円以上)+国民年金保険料+国民健康保険料+介護保険料)

※二年前の売り上げが1000万円を超えると消費税も徴収されます。


我が国日本においては、残念ながら年収がアップするのに比例して税率もあがるシステムであることを忘れないようにする必要があります。

まとめ


英語を活かした副業についてお話させて頂きましたが、いかがでしたか。

産業翻訳者として言わせて頂くと、翻訳ほど安定した仕事はないです。
英語を使った仕事をしたい方にとっては最高の職業だと言えます。

少しでもこの記事を読んでいる方のお役に立てたら嬉しい限りです。

 
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA