徹底比較!英語力を活かせる仕事でおすすめなのは!?

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

 

英語は世界共通言語、英語を使えることはコミュニケーションツールを手にしたも同然です。

つまり人と人とのコミュニケーションが発生する場所なら、仕事のチャンスはいくらでもあるということ。

 

とはいえ具体的に英語を生かす仕事にはどのような仕事があるのでしょうか

 

英語が得意科目だった多くの人が、学生時代に身に着けた英語力を生かして、条件の良い仕事に就きたいと考えるものです。

 

しかし、現在の日本においては、日常的に英語でのコミュニケーションが発生する職場は、外資系企業のような特殊なケースに限られています。

 

英語スキルを武器に得られる仕事といっても、意外と具体的な職種が浮かびにくいものです。

 

そこでこの記事では、現在もっとも募集の多い職種であり、今後も有望な「観光関連業務」「販売職」「営業職」「翻訳職」の4つの職種について、おすすめできる英語力を生かせる仕事をリサーチしてみました。

 

英語力を活かせる仕事ってどんな仕事があるの?


英語力を活かせる仕事について、具体的なイメージが浮かびやすい筆頭職種が「観光関連業務」ではないでしょうか。

 

急増するインバウンド=訪日外国人に対して英語対応が要求される場面はたくさんあります。

 

代表的なところでは、「ホテルフロント業務」「ツアーガイド業務」などが挙げられます。

 

初級英会話程度が可能なスキルであっても、「英語を使って案内できる」ことで優遇されることが多いのです。

 

たとえば、ホテルのレセプションなど受付業務で外国人対応可能スタッフとして勤務するなど、日本人が利用しているサービス業務に、付加価値としての英語力が求められるケースは多くあります。

 

このレベルであれば新卒、もしくは未経験からも無理なくスタートできる職種でしょう。

 

しかし高度なコミュニケーション力が求められる旅行会社でのツアーデスクでのアレンジなどは、旅行業界での経験と相応の英語力が要求されます。

 

では「販売職」はどうでしょうか?こちらも簡単な商品説明や、価格提示などの簡単な英語対応ができるスタッフは重宝されます。

 

比較的ハードルが低い業務ながらも、アルバイトやパートタイマー勤務なら時給が優遇される可能性は高くなります。

 

しかし、高額商品や専門的な機械のような特殊な商品の販売では、洗練された会話のできる英語力とその分野の専門知識が問われることでしょう。

 

英語力を活かせる「営業職」として国内企業で勤務する場合は、顧客である外資系企業との対応で英語を使う「国内営業」、そして海外市場での開拓や現地生産手配など海外で業務を行う「国際営業」、このどちらかが英語力を要求される場面になります。

 

どちらも外国人との接点が多いという点では共通ですが、前者は営業基盤が国内になるため、密なコミュニケートが可能となり、会話力に関してシビアに問われることはないでしょう。

 

日常業務でかわす範囲のメールや書類への読み書きが行えるレベルの英語力を備えていれば問題ないケースが多くなります。

 

それに引き換え海外市場での開拓においては、深い商品知識の理解に裏付けされた説得力のあるプレゼンテーションや、現地スタッフとのコミュニケーション、より高度な英語力が必要とされる場面が多く発生することになります。

 

コンスタントに需要が多い「翻訳職」は、その活躍できる範囲は多岐に渡ります。

 

業務上かわす書類や説明書などの和英および英和の両方向翻訳業務はもちろん、打ち合わせや会議での同時通訳業務を依頼されることも多くあります。

 

また英語力にプラスして専門知識を要求される産業翻訳の需要も安定しています。

英語を使った仕事…どんなものがある?

観光関連業務

例えばバスなどの交通機関やホテルなどの宿泊施設の「フロントスタッフ業務」です。

通常フロント業務の付加価値としての英語力を持っているスタッフは、今後ますます優遇されることでしょう。

 

さらに高い英語力を持っていれば、「コンシェルジュ業務」として厚遇されることが期待できます。

 

また、旅行会社も有望な就職先です。海外からの旅行客向けの「ツアーコンダクター」としての需要は今後も増えるでしょう。

 

また各企業や団体への法人営業職として、海外旅行プランの企画・立案を行い、現地手配を任される場合は、海外との交渉や連絡業務が多く発生しますから、英語力を活かすことができます。

 

そして、英語を活かせる観光関連業務として最高峰だった「通訳ガイド」も、「通訳案内士試験に合格&都道府県知事の登録」が必須条件でなくなりました。

 

ハードルが低くなった分、独立起業するハードルも低くなり、今後個人経営のツアーガイドが増え活性化する業界になりそうです。

 

また、「みんぱく」ができるマンションや一軒家を購入し宿泊料金を目当てにする投資家も増えており、不動産会社とタッグを組んで相談デスクを設置する旅行会社も増えてきました。

 

観光以外の英語を使った案内業務が増えそうです。

 

最近注目なのが、ホテルや航空券予約サイトのヘルプデスク業務です。

 

国内外からの問い合わせ増加により、英語が話せるコールセンタースタッフは重宝されます。

販売職

英語対応が要求される販売スペースでの仕事も今後増加することでしょう。

 

英語対応可能スタッフが対応可能であると宣伝できることで、客が増えると考えるショップは多く、優遇されます。

 

生産人口が減りつつある日本では、海外に直接商品を買い付けるバイヤーも、今後求人が増える見込みの職種です。

 

売れる商品を見抜く目を持ちながら、高額な通訳料金をコストカットできる英語力とコミュニケーション能力を併せ持つバイヤー職は引っ張りだこです。

 

また、生産企画部などでは、海外生産を予定している拠点での提携先企業との折衝や、スタッフとのコミュニケーションなども要求されます。

営業職

商社や小売業での海外向け営業職はフルに英語力を発揮できる職種です。

 

国内外での営業職に加えて、海外現地法人や代理店責任者などの仕事があります。

 

海外企業への営業訪問や、イベント・展示会への参加など海外出張が多く発生する海外営業職は、即戦力となる高い英語力が必要とされます。

 

小さな会社では、海外企業から賞品を買い付けたり、また自社製品販売のための輸出入業務を担当する場合もあるでしょう。

 

価格交渉から契約締結に関する業務など、英語を使った直接交渉が行える会話力や契約締結に臨める英文読解力など、高度な英語力が求められます。

翻訳職

専門分野に特化した英会話や英文書を翻訳できる産業翻訳者、自社製品の仕様書や取扱説明書を作成できる英文テクニカルライターなど、活躍できる職種は様々です。

 

確かな英語スキルを持つ人材へのニーズが安定している有望職種です。

 

しかし、より有利な条件で働くためには、専門分野知識の有無による差が大きくなります。

英語を仕事に活かしてバリバリ働こう!


今回ご紹介した職種は、すべてコンスタントに需要があるため、適したスキルさえあれば積極採用してもらえる可能性は高いといえます。

 

英語を得意とし、誰もが認めるようなハイスキルを持っていなくても、ぜひ早いうちに英語を活かせる仕事にトライすることをおすすめします。

 

キャリアの階段は一段一段と登っていくものです。

 

自分自身のスキルが向上すれば、また次のレベルの仕事に挑戦するチャンスもめぐってくることでしょう。

 

今後は小学生から英語を使うことに慣れている若い世代が成長し、さらに競争が激しくなることは必至です。

 

ぜひなるべく早く英語力を生かした仕事に就き、キャリアアップに向けて行動を起こしてください。
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA