【30代男性】英語を使う仕事に転職したい!

こんにちは。浅野 正憲です。

産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

 

30代になり、仕事もそこそこ生活もそこそこ安定してきたけど、仕事にはやりがいが感じられないし、生活も面白みも無いな~

と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

30代になると、転職するにもやりたい仕事相応の実力がなければうまくはいきませんし、体力的にも若い時ほど無茶ができなくなってきて、転職のためにそこまで動きたくも無くなりますよね。

それでも、30代だけではなく、40代、50代、60代でも年齢関係なく転職に成功している人もいる訳です。


つまり、転職に「年齢は関係ない」ということ

今回は、30代男性英語を使う仕事に転職したいというテーマで記事を書いていきますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

英語を使う仕事に転職したい!そんなあなたに「考え方が大切」な話


英語を使う仕事に転職したいと考えているものの、失敗している方の多くは
  • 年齢的にこの仕事は出来なさそう
  • 転職にかけている時間はないけど、とにかく仕事を変えたい
  • 学生の頃、英語は好きだったけど、もう忘れてるし今更仕事になんてできないよ
というように、身体的、時間的なことに加え、現実的に無理そうという考えが先行して諦めてしまう方が多いように感じています。

確かに転職するには、新卒や大手企業などで第一線で活躍していた人の方が有利なのかもしれません。

年齢的にも実力的にも無理そうだと悲観したくなる気持ちが出てきても仕方のないことだと思います。

また、今の仕事が忙しかったり、家庭のこともあってなかなか行動に移せなかったりする人もいます。

様々な事情を抱えていながらも、自分の現状の仕事量に対する評価に満足しておらず、仕事を変えてもう少しいい生活がしたいと考えているのではないでしょうか?

結局自分が「どうなりたいのか」「どんな仕事をしたいのか」が明確になっていない。

英語を使う仕事のことを少し考えることはあるけど、昔のことだし忘れてしまっていて「今更だよな」と諦めてしまう人もいます。

ですが、英語系の仕事への転職で成功している人は、
  • こっちの仕事をしていけば将来的に楽しそう
  • 転職にかける時間はかかったとしても、いい仕事がしたい
  • 好きだった英語でできる仕事がしたい
とネガティブな思考は無くし、ポジティブに考えて行動しています。

何をするにも結局は自分が「どうなりたいのか」「どんな仕事がしたいのか」を目標にすることが大切です。

また、「好きこそものの上手なれ」というように、好きなことにはどんなに時間を割いてでも上達しようとしていきますよね。

とにかく仕事を楽しんでほしいですね

このようにいい方へいい方へ考えられる方の方が圧倒的にその後の人生を変えていくことができる。

英語を使う仕事に転職したい!そんなあなたに「考え方を変える」お話


最初から物事をいい方へ考えるようにするのはなかなか難しいことだと思います。

僕も最初からいい方には考えられませんでした。

特に下積み時代の2年は大変でした。。。

その時に思ったことは、悪い考えが浮かんだらとりあえずそれと反対のことを考えるということ。

とにかくプラスに、とにかくポジティブに考えるのです。

例えば、下積みの時期には、様々な案件を扱おうとしてやりきれなくなってしまい、「自分は翻訳者に向いてないのかな」と思ったこともあります。

でも、そういう仕事もこなしていった結果として、沢山の単語に出会うきっかけになってるし、こんな案件が来ても対応できるようになるんじゃないかと、ワクワクするようにもなりました。

そうやって考え方を変えていくとだんだんと自信につながっていきますし、良くない考えもだんだんとポジティブに捉えることが出来るようになります

英語を使う仕事の適正年齢


最初の方でお話した通り、転職に年齢は関係ないと言いましたね。

それは英語を使う仕事に関しても同じことが言えます。

特に私がやっている「翻訳」の仕事は年齢幅が広く20代から60代以上の方がいます。

まさに年齢の適正など関係なく定年もないので、長く仕事をすることができる。

そして、仕事の需要と翻訳者の人数が合ってないので、AIが発達しても10~20年後も仕事が無くなるという可能性は低いと考えられる

何より、TOEIC900点以上やネイティブレベルの英会話力も必要ないので、ある一定以上の英語力があれば、誰でも「翻訳」の仕事を目指せます。

翻訳の仕事に最低限必要なのは、
  • パソコン(ネット環境も)
  • 専門的な辞書や本
  • TOEIC500~600点、もしくは、英検2級~準1級程度の英語力
副業でされている方も多いので、今の仕事をされながら、会社員以上に稼いだら専業にするという手もありですよね。

僕の講座では最短40日で翻訳者になられた方もいます。

もちろん、翻訳者になるまでにそれ相当の努力や忍耐が必要になります。

僕がやっている産業翻訳についてはこちらをご覧ください。

産業翻訳ってどんな仕事?稼げるの?プロ翻訳者が一挙公開!


まとめ


転職を成功させる人たちは「考え方」から違っています。

転職をすることが大切なのではなく、「本当に自分がどうなりたいか」を考えて行動することが大切になんです。

何事もネガティブに考えていては、うまくいくこともいい結果にはなかなかつながっていきません。

まずは、考え方から変えていき、ポジティブに考えることが大切。

そして、年齢など関係なく仕事をすることができる「翻訳」の仕事があります。

現状膨大な仕事の数に対して、翻訳者の人数が足りていないので、すぐに仕事が無くなってしまうという可能性も低いと考えられる。

1人でも多くの人が幸せになるようなヒントを与えられるように、僕自身も日々精進していきます!

 
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA