【必見】英語のビジネスレターを書く際に不要なこととは

こんにちは。浅野 正憲です。
産業翻訳者として活動しながら、翻訳者を育成し、様々なテーマでブログを発信しています。

皆さんは、英語のビジネスレターを書く際に不要なことは何かご存知ですか?
知らない方のために、今回はビジネスレターを書く際の注意点といった点についてお話していこうと思います。

 

英語のビジネスレターを書く際に不要なこととは


日本人の書くビジネスレターを外国の取引相手に渡すため、英訳をすることになったとします。
単なるメールのメッセージと違い、正式な取引の申し込みとなれば、
郵送であれ、FAXであれ、メールであれ、かしこまった形式の文書を書かなければいけない場合が多々あるでしょう。
そこで、気になるのが、日本のビジネスレターにありがちな、このような言葉です。
——————————–
拝啓 

新春の候、貴社いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃は大変お世話になっております。
——————————–
この場合、「拝啓」は、
Dear Sir/Madam,
もしくは
To whom it may concern,
という言葉で置き換えられます。
その後は、そのまま訳せばいいかというと、そうではありません。
ずばりお答えすると、

英訳する場合は、この部分はしっかり省き、その下の本題から訳文を始めるべきなんです。
浅野
英文のビジネスレターには、そもそも、そのような枕詞はありません。
大事なのは、受け手がどのように反応するかです。
日本人だと、形式的であれ、そのような枕詞がなければ、
「ぶしつけだ」
「マナーを知らないのか」
と、捉える人もいるかもしれませんが、
そもそも、そのような習慣の無い国の人々が読めば、余計で紛らわしいと捉えられ、取引の申し出に対して、否定的な印象を与える結果になることもあります。
そもそも、枕詞には何の意味もなく、何かを伝達する意図は含まれていないものです。
思いっきり、バッサリと削ぎ落して、英語のビジネスレターのように本題に入るべきでしょう。
もちろん、本題の前置きとして、以前にお世話になったことのお礼や、
昨今の事情を説明したりする文があったとしたら、それは必ず訳さなければなりません。
そこには、意味と書き手の意図が込められているからです。
翻訳というものは、単に言葉を置き換えるだけでなく、
書き手側の意図をしっかりと受け手に伝えられるようにしなければなりません。
そこには、多少、文化や習慣の壁が存在します。
困ったことに、
書き手は、それを意識せずに翻訳者に原稿を渡し、
読み手は、翻訳文が完全に書き手の意志を反映した文である
と解釈することです。
なので、多少の調整は、やむ得ないでしょう。
僕たちの行なっている産業翻訳という分野の中でも、
稀にこのような書き手の意思を反映させた翻訳を
行わなければならないことがあります。
つまり、全て直訳的な文章ではいけない場合もあるということなんですね。
このような文章に関しては、
何度か読んでいたり、翻訳を行なったりという
経験がないと翻訳する際に困ってしまいますよね。
なので、この機会に覚えておいていただき、
翻訳の仕事を獲得できたらぜひ活用してみたくださいね!

まとめ


今回、英語のビジネスレターを書く際に不要なこととは
というテーマでお話させていただきました。
まだビジネスレターを書く機会がないという方は、
まずは翻訳の仕事を獲得できるよう、翻訳者登録をしたり、翻訳の練習量を増やしたり、
さらなるスキルアップのために勉強したりしてみてくださいね。

 
総収録時間
allow

※特別講義の配信は、ブロックする事でいつでも解除できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA