辛い朝にさようなら!睡眠不足を解消する方法7選

スポンサードリンク

こんにちは。なんでも翻訳部。ののっちです。

睡眠不足が続くと日常生活や仕事にも影響が出て辛いですよね。「規則正しい睡眠を取って健康に暮らしたい。」「睡眠の質を上げてもっと仕事に打ち込めるようにしたい。」 と誰もが一度は考えるのではないでしょうか。

僕も「夜中に目が覚める」、「睡眠が不規則になる」などの睡眠の問題に悩まされ、いろいろな方法を試してみました。その中で実際に効果のあるものをいくつか見つけたので今回記事にしてシェアしてみたいと思います。

厚生労働省の発表によると、現代の日本人の”約80%は何かしらの睡眠に対する悩み”を抱えています。日本人の5人に1人が、睡眠に問題を抱えていることになります。

今回は大きく「寝る前の習慣」、「生活習慣」、「食習慣」に分けて、それぞれ実践しやすいもの、効果の高いもの順に紹介します。また、睡眠の質を上げるための「寝具」や「睡眠補助グッズ」も紹介しますので自分に合ったものをぜひ取り入れてみてください。

「睡眠の問題を解消してもっと健康な生活を送りたい」 という方のためにその悩みを解消する方法を紹介しますのでぜひ実践していただきたいと思います。

■1. 寝る準備をする

 


より良い眠りを得るために、寝る前には「寝る準備をする」ということが大事です。

記事の下の方で仮眠や昼寝などの睡眠不足解消の方法を紹介していますが、普段の夜の睡眠の質を上げなければ、根本的な睡眠不足解消にはなりません。

睡眠の質を向上するためには、夜寝る前の2~3時間に入眠準備を入念にして、「入眠モード」にする必要があります。

 

1-1 入浴

寝る前にお風呂に入ることで、体が温まってリラックスでき、睡眠の質も高まり目も潤してくれます。

入浴は就寝の2時間前に行うのがベストです。入浴で体温が一時的に上がり、就寝時にちょうど「体温低下」が起こすことで、寝つきをよくすることができます。

入浴時間は38度のお湯で25~30分、42度の熱めのお湯なら5分程度を目安にするとよいでしょう。

①酒風呂

入浴の質をさらに高めるためには酒風呂がお勧めです。

より疲れを取りやすくしてくれます。

1、酒風呂の効能

体が芯から温まる

→冷え性にも効く

・日本酒の働きで気の流れ、血液の流れが活発に

・体が休まり、ぐっすり寝れる

・体の老廃物、毛穴がきれいになりすっきりする

→美容によく、肌もきれいになる


2、酒風呂の入り方

1.浴槽にお湯を沸かし(お湯をため)ます。

お湯の温度は42度以下がよいです。熱いよりはぬるめにされることをお勧めします。

2.自分の好みの湯加減になったら、日本酒を100ml~500ml(お好みで調整)を入れ、よくかき混ぜてください。

※お酒は合成清酒はNGです。

3.酒風呂に入ります。

浴槽に入る前にシャワーで軽く汗を流しましょう。

お湯の中で手を大きく動かしてください。普段は固いお湯が、お酒をいれることで柔らかくなっているのに気づくと思います。

お湯の変化を感じてみてください。

 

酒風呂健康法の本も出ていますので参考にしてみてください。


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


3、酒風呂に使うお酒、入浴剤

・「料理酒 花見蔵

お酒は上のビデオの中でも紹介されていた「料理酒 花見蔵」が一番おすすめです。

スポンサードリンク


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


・「玄米酒 N

玄米酒 N」、「日本酒 D」もおすすめです。

(画像をクリックすると商品に飛びます)


・「日本酒 D

(画像をクリックすると商品に飛びます)


・酒風呂入浴剤「崑崙(こんろん)の湯」

清酒の代わりに、酒風呂入浴剤「崑崙(こんろん)の湯」もオススメです。

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


②バブ

お風呂ではバブなどの入浴剤を入れると体の芯まで温まり、睡眠の質も高まります。

夜更かしせずにリラックスして質の良い睡眠を心がけましょう。


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

 

1-2 鼻うがい

寝る前に鼻うがいをすることで、すっきりしてつい嫌なことを考えてしまう、という状態から抜け出すことができます。

やはり寝る前には全身をきれいにして「すっきりした状態で寝る」ということが睡眠の質を高めるために重要です。

①鼻うがいのやりかた

鼻うがいのやり方は以下の動画を参考にしてください。



慣れるまでは大変ですが慣れれば1~2分でできるようになります。

1、浄水器で2リットルの水をボウルに注ぐ

2、ボウルに大さじ一杯の塩を入れる

3、片方の鼻につき1リットルずつ、鼻からボウルの水を吸って、口から出す

②用意するもの

・浄水器(宝石シャワー)

・塩

・ボウル、水2リットル

・おおさじスプーン

浄水器

水は水道水は塩素を含んでいるのでそのまま使わず、浄水器にかけるようにしてください。浄水器は自宅のシャワーに簡単に取り付けられる「宝石シャワー」というシャワーヘッドがお勧めです。


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

 

鼻うがいに使う「塩」は以下の二つがおすすめです。

両方用意しておいて状況に合わせて使うと良いでしょう。
・キパワーソルト

鼻うがいに使う塩としては「キパワーソルト」が一番おすすめです。

洗浄力がすごいので鼻うがいすることで詰まっている汚れを根こそぎ取ってくれます。

夜寝る前は特にこのキパワーソルトで鼻うがいすることをおすすめします。

やはり寝る前に体全身を綺麗に浄化して睡眠をとることで睡眠の質がぐっと上がります。


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


・皇帝塩
上で紹介しているキパワーソルトのほうが基本的にお勧めなのですが、

250gしか入っていないので、常にお塩を用意しておく、コストを抑える、という観点からも

以下の「皇帝塩」も合わせて用意しておくとよいでしょう。

鼻うがいはできれば朝起きたときにもやるのが良く、僕は夜はキパワーソルト、朝は皇帝塩、という風に使い分けています。

キパワーソルトでやる方がすっきりしますが、代わりに皇帝塩を寝る前に使ってもよいです。

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


ボウル、水2リットル

2リットルのボウルを用意して上で紹介した「宝石シャワー」で2リットルの水を注ぎいれましょう。

おおさじスプーン

水は人間の体内の水と同じ濃度の生理食塩水にしないと鼻を通るときにツーンとしてしまいます。

2リットルの水に9グラムのお塩を入れることで生理食塩水が作れるのですが、

厳密に9グラムを測らなくても2リットルの水におおさじのスプーン(約9グラム)1杯で生理食塩水になります。

1-3 ゆったりとした服を着る

・パジャマ


睡眠不足を解消する方法として、衣服にも気を付けるようにする必要があります。

繊維が良くないものは皮膚を刺激しますし、痒みも発生します。

痒みやざらつきを感じるようなものを着ていては睡眠の質も高まりません。

体をしめつけないものにすることも大事です。フィットしすぎて苦しくなってしまうものでなく、ゆったりとした服装を選ぶようにもしましょう。

なるべくパジャマで寝るようにし、自分が心地よいと思えるものを選ぶようにもしましょう。

ウエストがゴムになっているものや、服は綿100パーセントになっているものを選びましょう。

1-4 ストレッチ


眠る前にストレッチを行うのも睡眠の質を高めるのに有効です。

なるべく毎日するようにして習慣にしてしまうと楽です。

現代人は日常生活や仕事で座ることが多いので、太ももから腰にかけて血液が圧迫される時間が長くなっています。血液の圧迫により全身の体温低下や酸素不足の原因になります。

また、末端まで血が流れにくい状態では体温が低いままで眠りに入りづらく、睡眠不足につながります。

また、寝ている間に、血液中の酸素や体内の水分が減ってしまうことで、血がドロドロになりますが、眠る前のストレッチを行うことで、血流が促進されます。

ストレッチは、体内の酸素や水分だけの問題ではなく、寝起きも非常に動きやすい状態になるため、オススメです。

 ■2. 寝る前に特に気をつけること

次は寝る前に特に気をつけることについて書きます。

寝る前にやってはいけないこと、こうした方が睡眠の質が高まる、ということがありますのでぜひ実践してみてください。

2-1 寝る前に食べない


食事は寝る3時間前までに済ませてください。

胃の中に消化するものが残っていると、消化器官が休まらず、質の良い睡眠を取ることができません。

また、胃腸を休める準備として、脂っこいものや高タンパクのものを避け、消化のいい食べものを取るように心がけてください。

2-2 寝る前にスマホやPCなどを見ない


夜にスマホやパソコンなどディスプレイを見る機器を使わないようにするのが重要です。

スマホやパソコンの使用は、脳を活性化させてしまい、睡眠時間を短くする原因になります。

パソコンやタブレット、スマホは、短波長のブルーライトを放ち、そのブルーライトは眠りを誘うホルモンであるメラトニンの生成を妨げ、眠りを妨げる原因になります。最良の対処法は、夕食後にこれらの機器を使わないようにすることです。

もし夜にスマホを使うのであれば、放出されるブルーライトの量を抑制するフィルターやアプリを使うようにしてください。

寝る前の30分前には、パソコンの電源は落とし、スマホは寝室に持ち込まないようにしましょう。

2-3 寝る前に激しい運動をしない

寝る前は、激しい運動を控えてください

興奮状態になり、寝付けなくなってしまいます。

 

2-4 真っ暗にして寝る

強い光を見ないようにして周囲を真っ暗にして寝るようにしてください

強い光による刺激で体や脳が起きてしまいます。

リラックスできるように入念に入眠準備をしておきます。

 

■3. 寝具

3-1 枕


枕は「くう寝る枕」という静電気除去枕がおすすめです。

内蔵されている「静電気除去カプセル」により、静電気を除去します。

夜間にかゆみや鼻づまりの原因となることがわかっているのがこの「静電気」です。

静電気を除去することにより、

・「睡眠の質」の向上

・首や肩のこりを和らげる

・頭の働きを活性化

・精神を安定させる

といった効果があります。

くう寝る枕(静電気枕)

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


3-2 マット


マットは低反発マット高反発マットの二つがあります。

やわらかいのが好きな人は低反発マット、硬いのが好きな人は高反発マットというように自分の好みに合わせて好きなものを選んで、自分に合うものを見つけてください。

一般的には硬いほうが眠りやすいと言われていますが、人によって違うと思いますので自分に合ったものを見つけてください。

①低反発マット

普通の布団よりやわらかくなります。やわらかい方が眠りやすい、という方はこちらです。


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


②高反発マット

普通の布団より硬くなります。硬いほうが寝やすい、という方はこちらを選びましょう。


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

 

■4. 睡眠補助グッズ

4-1 アロマ


寝る前にアロマの香りをかぐことは快眠に効果的です。

アロマの香りをかぐと、
  • イライラした気分を和らげてくれる
  • 不安を和らげて安眠を誘ってくれる
  • 心身ともにリラックスさせてくれる
という効果があり、睡眠の質を高めることができます。

アロマディフューザーで睡眠用アロマを炊くとよく眠れます。

ラベンダーのアロマが睡眠不足解消に効果が高いです。

GAIA エッセンシャルオイル ラベンダー・トゥルー 5ml


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

Excelvan アロマディフューザー アロマ芳香器 空気清浄 タイマー機能付き 専用精油瓶付き

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


4-2 空気清浄機


短時間で効率よく睡眠不足を解消するには、睡眠中に質の良い空気を吸うことが重要です。

睡眠中に質の良い空気を吸うことで、脳や体の回復力を高めることができます。睡眠の質を高めるために、寝室の空気をきれいにするという方法をお勧めします。

睡眠中に吸っている空気の質も良くなり、短時間でも効率よく睡眠不足を解消することができます。

寝室の空気は、ダニやノミ、ホコリなどのハウスダストで充満しています。空気清浄機を使って空気を綺麗にすることで、睡眠の質を高めることができます。

空気清浄機は共立電器産業の「サリール」というのがお勧めです。

フィルターの交換が必要ないので労力がかかりません。


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


4-3 リラックスCD


睡眠の質を高める方法として、質の良い睡眠をとるための音楽を聴く、というのがあります。

睡眠をサポートする専用のリラックスCDが出ていますので、寝る前には睡眠を導入するために聞くようにしてみてください。

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


■番外編. 睡眠に関係する物質、ホルモン

番外編-1 物質

アデノシン


ずっと起き続けたり、食事を摂取すると脳脊髄液にゴミのようなものが溜まっていきます。このゴミのようなものがアデノシンという物質です。

 

アデノシンが溜まると、強烈な睡魔が発生します。アデノシンは睡眠の最中に分解されます。

このアデノシンがしっかりと分解されないまま、翌日も活動すると、眠気が襲ってきやすい状態になります。

番外編-2 ホルモン

メラトニン


メラトニンは睡眠を促進する体内時計調整ホルモンです。

メラトニンは明るい光の下では分泌が停止してしまうため、消灯した暗い部屋で睡眠をとることが快眠のための重要なポイントとなります。

コルチコトロピン

二度寝や三度寝をすると、寝起きに本来出るはずのホルモンが出なくなります。

このホルモンの名称を「コルチコトロピン」といいます。

コルチコトロピンは、脳下垂体前葉から出る、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンです。コルチコトロピンが出てから活動を始めるのと、ほとんど出ないで活動を始めるのとでは、一日のスタート時点である起床時に、大きくパフォーマンスの差が生まれます。

二度寝や三度寝をしないようにし、辛くても一度で目を覚ますことを習慣にする必要があります。

■5. 生活習慣

 

5-1 光、日光


起きたら太陽の光をできるだけ浴びましょう。

太陽の光は、幸せホルモンであるセロトニンの分泌も促しますので気分も明るくなります。

日差しが気になる人は、日傘をさして直射日光を浴びないようにして外に出てみてください。

太陽の光を浴びるのが難しい場合は、日中に人工的でも構わないので、強い光を目に入れましょう

人は古来から、日の出とともに起床し、日が沈むと睡眠をとるというリズムで生きています。

人が自然に生きる上での自然なリズムに身体を戻すため、強い光を目に入れることが必要です。

5-2 二度寝


質の良い睡眠を取るためには二度寝をしないということが大事です。

人間の身体には、状況に合わせて分泌されるホルモンというものがあります。例えばアドレナリンであれば、興奮するときに分泌されますし、幸せな気持ちになる時は、脳内でセロトニンが分泌されます。

二度寝をしてしまうと、本来人が持っている、起床するためのホルモン(コルチコトロピン)が出なくなってしまい、朝起きにくくなってしまいます。

5-3 昼寝、仮眠


適度にお昼寝をとるということで睡眠の質を上げることができます。

ずっと起き続けていると、アデノシンという睡眠物質が出ます。このアデノシンを分解するのに、お昼寝をすることが非常に有効です。

アデノシンの分解効率は眠りに落ちた瞬間が一番高いので、お昼寝の睡眠時間ではなく、一度でもお昼寝をしたかどうかが重要になります。

一度でも脳が”睡眠をとった”と認識することで睡眠欲求が満たされて、集中できるようになります。

昼寝のポイントは短時間(15分か20分ぐらい)にすることです。2時間も3時間も昼寝をしてしまっては、体のリズムが壊れて逆効果です。

昼寝や仮眠をとる際に注意しておきたいことは次の2つです。
  • 横になって寝ないこと
  • 20分以内にすること
電車移動や昼休みなどに、10分か15分うたたねするといいでしょう。それだけで気分がすっきりします。

5-4 休日の睡眠のとり方


睡眠の基本は夜の睡眠です。平日の睡眠不足をきっちりと返済したいのなら、休日の前夜や休日の夜は、平日より早く眠りましょう。

今までの睡眠不足は休日にしっかりと睡眠時間をとることで精算できます。

休日の朝は、平日の起床時刻+2時間」まで遅寝してもOKです。休日に補う睡眠時間は2時間までにしておくことが重要です。2時間をオーバーすると、体内時計の調子が悪くなり逆効果です。これで休日1日につき、3時間の睡眠不足を解消できます。

・休日の寝だめには要注意

寝だめしようと意気込んでダラダラ過ごすと、寝過ぎてかえって疲れるという事態をも招きかねません。

また、生活リズムを崩す原因にもなり、平日の辛さを増してしまうことにもつながります。寝だめはなるべく避けるべきでしょう。

あくまでも平日の睡眠時間確保を優先するようにしてください。

5-5 運動

夜、ぐっすり寝るためには日中の適度な運動が効果的です。

・睡眠不足

・夜の眠りが浅い

・寝付きが悪い

このようなケースは、仕事であまり体を動かさない仕事をされている方に多くみられます。

そんな方は普段から適度な有酸素運動をやりましょう。

有酸素運動・・・ジョギング、ウォーキング、水泳、エアロビクス

運動を生活の中に取り込むことで夜の睡眠の質がグッと高まります。

■6. 食習慣

6-1 サプリ

サプリメントで睡眠不足を解消する栄養素を摂る手助けできます。

サプリメントをきっかけに自分の食生活を変えて、睡眠スタイルを変化させることも効果的です。

特に効果の高いトリプトファンビタミンB1のサプリを飲むと良いでしょう。

・トリプトファン・・・セロトニンという眠気を誘うホルモンを分泌させます。

・ビタミンB1・・・精神を安定させます。

トリプトファン(メラトニン)のサプリ


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

ビタミンB1のサプリ


(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


6-2 カフェイン


コーヒー、お茶、紅茶のいずれかを1日1杯、できれば午前中に摂取する、というのが睡眠不足解消に効果的です。

睡眠物質のアデノシンは、たんぱく質、糖質、脂質(三大栄養素)の摂取時や、起きて活動し続けることで徐々に蓄積していきます。

コーヒー、お茶、紅茶に含まれるカフェインは、睡眠物質のアデノシンの吸収を阻害できます。カフェインを午前のうちにとって、阻害の効果を発揮しておくと、日中に発生するアデノシンを吸収することによる睡魔を軽減できます。

就寝から6時間以内にカフェインの入ったものを飲食しない

寝る前にカフェインを飲むことで覚醒状態になり、夜の寝つきを悪くします。

寝る6時間前以内にカフェインを摂取しないようにしてください。

カフェインを多くとらないようにする

寝る前に飲むカフェイン飲料でなくても、一日にたくさん摂取していれば積み重なって眠りにくくもなってしまいます。

睡眠不足を解消させたいのであれば、意識してノンカフェインの飲み物を選んでいくと良いでしょう。

・カフェインを含む飲み物は朝しか口にしない

朝にだけコーヒーを飲む習慣を守りさえすれば、夜にはリラックスして眠ることができるようになります。

カフェイン体から出て行くまでに24時間かかります。正午以降の時間帯に飲んだものは、就寝の時間になっても50%近い影響が残っていることになります。血液中に多くのカフェインが残っていれば残っているほど、眠るのは難しくなります。

カフェインは午前中に飲むようにして、正午以降は飲まないようにしましょう。

 

6-3 アルコール


アルコールはリラックスさせてくれますが、醒めると不眠を誘発します。

アルコールが体内で分解され始めるとアセトアルデヒドという毒素を発生し、交感神経を刺激します。交感神経が刺激されると、眠りが浅くなってしまい、睡眠の質が悪くなってしまいます。

寝る前にアルコールを摂取するのは避けましょう

6-4 タバコ


タバコを吸うと血管の収縮がおきるため、血圧は上昇して鼓動が早くなります。血圧と心拍数が上がるということは、体が運動をしたときと同じ状態になってしまいます。

寝る前にタバコを吸うということは、体を叩き起こすのと同じ効果があります。夜はタバコをなるべく控え、睡眠の質を下げないよう注意しましょう。

6-5 睡眠の質を高める食べ物


睡眠の質を特に高める食べ物を紹介します。

普段からこれらの食べ物を少し多めに食べるようにしておくだけでも睡眠の質は向上しますので参考にしてください。

トリプトファン


アミノ酸の一種で、セロトニンという眠気を誘うホルモンを作ってくれます。

→バナナ、牛乳、サンマ、マグロ、大豆、豆腐、はちみつ、玄米、卵、ナッツ類・・・etc

カルシウム


興奮している神経や精神を鎮静化する効果があります。

→乳製品(牛乳、チーズなど)、海草、小松菜・・・etc

ビタミンB1


精神を安定させたり疲労回復の効果があります。

→豚肉、大豆、ナッツ類、玄米、ゴマ、豚肉、海苔、大豆製品、玉ねぎ・・・etc

ラクチュコピクリン


神経を落ち着かせ、眠気を誘います。

→レタス

GABA


神経を落ち着かせます。

→玄米、小魚、発酵食品、チョコレート・・・etc

6-6 安眠に効果的な飲み物

温かい飲み物は神経を落ち着かせ、心身ともにリラックスできる効果があるので睡眠の質を高めるのに効果的です

安眠に効果的な飲み物をご紹介します。

お白湯・・・お白湯を飲むと、副交感神経が優位になるので、リラックス状態になります。

ホットココア・・・ココアに含まれる“テオブロミン”という成分は、リラックス効果があります。

ホットミルク・・・牛乳には、たんぱく質が分解してできる“オピオイドペプチド”が含まれているので、中枢や末梢神経に働きかけて睡眠を誘ってくれます。

カモミールティー・・・神経を鎮めてリラックスする効果があります。

ラベンダーティー・・・ラベンダーには脳の興奮を鎮めて、心身をリラックスさせる効果があります。

温かいしょうが湯・・・体が温まるので神経も鎮まり、眠りやすくなります。

 

■7. 最終手段:メンタルクリックで睡眠薬を処方してもらう


もし何かの原因で長期間眠れないようなら、寝つけるように対策を立てる必要があります。

場合によっては、心療内科などのメンタルクリニックの診察を受け、睡眠薬(睡眠導入剤)を処方してもらうのもいいでしょう。市販の睡眠改善薬や漢方薬も、ある程度の効果があります。

■注意点■

睡眠は、自律神経が能動的に行うものです。睡眠薬などの外的要因に頼って、睡眠不足を軽減することは決しておすすめしません。

薬で手に入れられる睡眠は、”睡眠様”と呼ばれるもので、本来の睡眠とは全く違うものになります。また、睡眠様の時間、脳波も人工的なものになるため、脳は睡眠をとったという認識ではなくなります。薬による睡眠は、むしろ睡眠不足を助長するものとなりかねません。

一時的、一部的な睡眠の問題を軽減出来たとしても、問題の根本的な解決をすることは不可能です。

長期間の睡眠不足でどうしても眠れなくてつらい場合を除き、こうした睡眠薬に頼ることはおすすめできません。

■8. 補足:睡眠が取れないことをあまり気にしすぎない


「睡眠不足は健康に悪い」はとは一概に言えません。

睡眠が少なくても日常生活に支障がなく過ごせるのなら問題はありません

睡眠不足が直接的な健康被害になるのではなく、眠気がある状態や、頭痛などがあるときにする行動が、健康被害を招く直接的な原因になるのです。眠気からくる、頭痛や倦怠感なども健康被害といえるかもしれません。

そうした症状がないにもかかわらず、あまりに睡眠不足を気にしすぎて「睡眠不足が健康に悪い」と思いこむことで健康被害が発生することがあります。

“寝なくちゃいけない!”と強く考えることも、大きなストレスになります。

あまり睡眠不足を気にしすぎると余計に健康被害が拡大しますので気を付けましょう。

9. まとめ

以上記事として書いてきましてことをまとめますと、睡眠不足を解消する方法として以下のものがあり、みなさんが実践しやすいものから参考にしていただいてぜひ実践していただきたいです。

そして、補足としてこうした睡眠不足を気にしすぎて「寝なくちゃいけない!」と強く考えると大きなストレスになるので、健康被害が大きくない場合はあまり気にしすぎないことが必要、ということでした。

■1. 寝る準備をする

スポンサードリンク

メルマガ or LINE@登録で無料セミナーをプレゼント中!


メルマガ or LINE@に登録してくれた方に「翻訳で最短で年収1000万稼ぐ方法」動画セミナーを無料プレゼント!

●翻訳の仕事に興味がある
●英語を生かした仕事をしたいけどどうしたらよいかわからない
●副業でもっと収入を得たい方
●英語を生かして在宅ワークをしたい、フリーランスとして独立したい方
●老後の収入を得たい方(翻訳に年齢は関係ありません)
という方必見!

翻訳に英語力はそこまでは重要ではありません!
英語力はTOEIC600点くらいで十分です。
翻訳の仕事では他のスキルの方が重要です。

翻訳の仕事はどういうものか?
仕事を獲得するにはどうすればいいのか?
いくらくらい稼げるのか?
英語力以外に必要な翻訳のスキルって?

現役のプロの翻訳家のセミナーが無料で視聴できます!

※普段ご使用のメールアドレスを入力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です