翻訳者を目指す初心者が必要な勉強とは

こんにちは。浅野 正憲です。

翻訳者の仕事に興味があり、勉強したいけどどうして良いか分からない

学校に通うお金も時間もない

自分で出来る勉強法があれば知りたい

と悩んでいる方は多いと思います。

 

結論から申し上げますと

浅野
TOEICが500~600点レベルがある方であれば、問題ありません。

英検でいうと、2級と準1級の間ぐらいのレベルです。

ただ、英語力が高い分に越したことはありません。

TOEICが500点以下の方は、翻訳者を目指しても英語力の不足が原因で、壁にぶつかる可能性があるので、そちらからの勉強をお勧めします。

 

翻訳者を目指す初心者へオススメする勉強術 ①文法編


文法を理解していなければ訳すこと自体難しいので、参考書などを探してご自身で勉強してみましょう

文法を忘れているという方は、中学校の文法から勉強すると良いですよ。

絵が書いてある方が頭に入る、文字だけで十分と人それぞれ合う参考書は違うので

ご自身が楽しんで勉強できるものを探すことをお勧めします。

嫌々勉強すると長続きしないので、「どうやったら楽しく勉強が出来るか?」と考えながら

自分なりのやり方を探していきましょう

こちらの記事も興味がある方はぜひ。

英語力に不安のある方のための英語勉強法~文法編~


翻訳者を目指す初心者へオススメする勉強 ②単語編


1日〇単語覚える!というのも素晴らしい意気込みですし

英単語をたくさん覚えていると、翻訳するスピードも速くなります。

ですが、難易度が高い英単語をわざわざ覚える必要はありません。

なぜなら、辞書で調べられるから。

僕も翻訳の仕事をしていて、分からない英単語が出てきたら辞書で調べています。

ですが、中学・高校レベルの英単語すら忘れている方は勉強が必要です。

気になる方は、下記の記事をご覧ください。

英語力に不安がある方のための英語勉強法~単語編~



 

必要のない要素

わたしなんかまだまだ。。

そうは言っても、もっと英語力が必要なんじゃないか

TOEIC満点とってから、翻訳者を目指そう

と思っている方について申し上げたいのは

それは先延ばしにしている言い訳です。

もちろん、目標をもって勉強することはとても素晴らしいので、そこを否定しているわけではありません。

ですが、目標をもって勉強ではなく、自分に出来るか不安だからと逃げてはいないかということです。

厳しいことを言うようですが、自分に自信が無い方は、英語力があるのに自己評価が低いことが原因で、結果チャレンジせず人生も変わりません

行動が変わらなければ、人生は変わらない

行動が変われば、人生が変わることを信じて、チャレンジしてほしいです。

まとめ

TOEICを取ったのは昔だから、自分の実力が分からない

ということであれば、参考書を手に取ってどこまで覚えているか把握したり

確実な実力を把握したいのであれば、TOEICの試験を受けても良いかもしれません。

TOEICレベルが500~600点の英語力があれば、翻訳者は目指せます

これをきっかけにチャレンジして、翻訳者になれた!という方が出てきたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA